頑張れ、新潟中越地区のBPたち!

連日テレビ等で報道されている新潟中越地震の被害については、BP読者の皆さんもご存知かと思います。

 BPスタッフの知人にも、新潟で学校教師として吹奏楽に携わっている人間がいます。彼の住む地域はさほど被害の大きいところではないようなのですが、話を聞いたところ、土砂崩れで道路や鉄道がふさがっているところもあり、登校することができない生徒も多いようです。また、家の中はまだ不安が残るということで車内で生活されている生徒も多数いるとのことでした。

 被害の比較的少ないところでもそのような状況ですから、とても音楽をしていられる状態ではないそうです。そして報道でも大きく取り上げられていますが、食料不足に関しては事態が深刻なようです。

 BP事務所がある杉並区では先日より被災地域への救援物資の供給を始めましたが、日本赤十字社でも平成16年10月25日より義援金の受付が始まっております。これを見ている全国の皆さんも、よろしければ暖かいご支援をお願いいたします。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください