黄金コンビ再び。管楽アンサンブルの原点にして頂点。 東京佼成ウインドオーケストラ新譜「フェスタ」・・・12月11日発売! 指揮:岩城宏之/ソロ・ユーフォニアム:外囿祥一郎

黄金コンビ再び。管楽アンサンブルの原点にして頂点。

「1990年より開始された東京佼成WOによる『ジャパニーズ・バンド・レパートリー』。これまでにも真の意味で《広範囲》に渡る数多くの作品を紹介してきた本シリーズも、今CDで第9集となる。

このディスクで最も作曲年が古いのは、
戦後日本の《前衛》を切り拓いた実験工房時代の武満の曲。
同時代の作品群はその支流にあるとも言えると思うのだが、
今回収録されたそれ以外の楽曲は、
ここ15年以内に書かれたものばかりである。

その中で作曲年が最も古い西村作品(改訂前)が作られたのが、
まさに1990年であるというのは感慨深い。
今回楽曲を提供しているのは、
いずれも吹奏楽以外の世界でも評価の高い6名の作曲家。
そして、今回タクトを取ったのは、
戦後日本の音楽シーンをリードしてきた岩城宏之である。
まさに過去の脈流に根ざした現代日本の音楽が、ここにある」

中橋愛生(ライナーノートより)

【収録曲】

1.フェスタ(2004版)
《改訂版初演・初録音》:北爪道夫

2.祝典序曲「鳥たちへのファンファーレ」
op.90-1《初録音》:吉松 隆

3.ユーフォニアム協奏曲
《本邦初演・初録音》:天野正道
Euph solo:外囿祥一郎

4.スノー・ホワイト
(福島県立磐城高等学校委嘱作品)《初演・初録音》:田村文生

5.室内協奏曲:武満徹

6.巫楽:管楽と打楽器のためのヘテロフォニー《94年度版本邦初演・初録音》西村 朗

この商品に関するお問い合わせ:佼成出版社
http://www.kosei-shuppan.co.jp/music/index.html

【ジャパニーズ・バンド・レパートリー】好評発売中!

深層の祭

■ぐるりよざ

■能面

■火の伝説

■行列幻想

■シグナルズ・フロム・ヘヴン

「トーンプレロマス55」(黛敏郎管楽作品集)
http://www.rakuten.co.jp/bandpower/457688/459144/

飛天の舞/Dance of the Flying God
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0339/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください