清水大輔の最新作「Adventure tale of ~Professor.ALEX~」が完成

BPイチオシの若手作曲家・清水大輔の最新作(2005年7月現在)
「Adventure tale of ~Professor.ALEX~」が完成した。

この作品は、陸上自衛隊東部方面音楽隊の委嘱により書かれたもので、2005年7月23日の「若手作曲家新曲発表会」にて同団により初演される予定。

作曲者の清水大輔氏による解説によると
「この題名の邦訳は『アレックス教授の冒険物語』という訳になるが、このアレックス教授と言うのは私の考えた想像上の人物で実在はしない。私はこの想像上の人物が繰り広げる大冒険物語を音楽で表現した。

 教授は考古学を研究し続けて20年以上の歳月が経ち、ある地図を見つけた・・・それは何千年も眠ったままになっているという財宝、そして不老不死の泉、教授は意を決し長く危険な冒険に出る・・・そこで待ち受けていたものとは・・・」

まだ、音は聴いていないが、ジョン・ウィリアムズに憧れて作曲家を目指した清水だけに、映画的でかなりスリリングでアドヴェンチャーな作品に仕上がっていることは、まず間違いなさそう。清水ファンの1人として、早く音が聴きたいって感じだよね! ドキドキ・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください