10月24日、発売決定! ヨハン・デメイ自作自演による「プラネット・アース」吹奏楽版日本初演CD

 2007年6月8日に大阪ザ・シンフォニーホールで行われた大阪市音楽団の「第94回定期演奏会」のライブCDが10月24日に発売される。このCD、最大の聴きものは、やはり、交響曲第3番『プラネット・アース(惑星地球)』の日本初演だろう。

 この作品は「指輪物語」で知られるオランダの作曲家・ヨハン・デメイの新作で、もともとはオーケストラ曲として書かれた作品だが、2007年3月のオーケストラ初演からわずか数ヵ月という速さでの吹奏楽版日本初演となった。

 曲のテーマは、ずばり、我々が住んでいるこの地球(プラネット・アース)

「私は“地球”から生命力を感じ、この美しい惑星の上に暮らしていることへ思いをめぐらします。それは、地球上で生きることを楽観する見方です。戦争もテロも政治的問題も、ありません。ただ地球の美しさと、それに魅了される私の心情があるだけです」と語るデメイ氏。

 そんな氏の想いが込められた、この約50分の壮大な地球讃歌。当日、会場にいけなかった人も、ライブを楽しんだ人も、このCDでドラマチックなデメイ・ワールドを存分に楽しんでみてはいかがだろう?

 また、CDには当日の演奏会よりデメイ氏の自作自演による「ウィンディー・シティー序曲」と「エクストリーム・メイクオーヴァー」も収録。特に後者は、今年(2007年)のコンクール全国大会にも登場するので、今後さらに注目度が増していくはず。とにかく、この秋、一番の注目作ということで、しっかりチェックをいれておいてくださいね。

■プラネット・アース<デメイ自作自演作品集>
指揮:ヨハン・デメイ/大阪市音楽団

【演奏団体】大阪市音楽団(Osaka Municipal Symphonic Band)
【指揮者】ヨハン・デメイ(Johan de Meij)
【発売元】オクタヴィア・レコード/クリストン・レーベル(Cryston)
2007年6月8日:大阪/ザ・シンフォニーホールにてライブ収録

○CD/SA-CDハイブリッド仕様>
○CD層:2チャンネル・ステレオ
○SACD層:5チャンネル・ステレオ

【収録曲】

1. ウィンディー・シティー序曲/ヨハン・デメイ
Windy City Overture/Johan de Meij

2. エクストリーム・メイクオーヴァー/ヨハン・デメ
Extreme Make-over/Johan de Meij

3. 交響曲第3番「プラネット・アース(惑星地球)」/ヨハン・デメイ
Symphony No.3 Planet Earth/Johan de Meij
I) ロンリー・プラネット(孤独な惑星) Lonely Plane
II) プラネット・アース(惑星地球)   Planet Earth
III)マザー・アース(母なる地球)    Mother Earth

【BPショップ】CD購入ページを見る>>>>



【関連記事】
○ヨハン・デメイ: 交響曲第3番『プラネット・アース』、いよいよ出版!!
http://www.bandpower.net/news/2007/07/11_pe/01.htm

○ヨハン・デメイ作曲交響曲第3番『プラネット・アース』日本初演
スペシャル・インタビュー
http://www.bandpower.net/news/2007/07/03_meij_interview/01.htm

○大阪市音楽団による日本初演せまる!!
進化をつづけるデメイ: 交響曲第3番『プラネット・アース』
http://www.bandpower.net/news/2007/06/04_maij/01.htm

○オランダの作曲家ヨハン・デメイの
新作・交響曲第3番『プラネット・アース(惑星地球)』が
世界初演される
http://www.bandpower.net/news/2006/03/01_demeij/01.htm

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください