柏木ハルコの人気漫画「ブラブラバンバン」2008年3月公開予定…合言葉は、目指せ!吹奏楽の甲子園、普門館

柏木ハルコが1999年より「週刊ヤングサンデー」に連載して人気を博したマンガ「ブラブラバンバン」が映画になって帰ってきた! ストーリーは「高校生が一度つぶれたブラスバンド部を復活させ、幾多の困難を乗り越えていき、ブラスバンドの甲子園『普門館』を目指していく・・・という青春バンドムービー。主演はアーティストとして2004年に「日本ゴールドデフィスク大賞ニューアーティストオブザイヤー」を受賞し、次世代のファッションリーダーとしても大ブレイク中の安良城 紅(あらしろ べに/20歳)

 題材がモロ吹奏楽で、あの普門館を目指す!ストーリー(?)とあっては、BPなら避けて通れない映画だよね。公開は2008年3月予定。

先日(2007年11月28日)行われた完成試写会で出演者&監督コメント

安良城 紅(芹生百合子役)
芹生は、いろいろな表情を見せなければいけない役なので、そのギャップを演じるのが大変でしたが、気合いで乗り越えました。音楽の素晴らしさが出てくる映画なので、ぜひ、楽しんでください。

足立 理(八田役)
キャスト同士でこの作品をいいものにしていこうという気持ちのぶつかり合いが、作品の中に表現できているのではないかなと思います。見ている人に伝わるように表情をできるだけ作るようにしました。

近野成美
(撮影時は)自分自身が頑張らないと、役を出さないと、という気持ちがありましたが、周りの共演者の方に助けてもらい、仲間がいるから大丈夫だな、と思えて、勉強になりました。楽器を通して友情とは、というものを感じ取ってもらえれば。

草野陽花監督
原作を自分なりに解釈し、どう表現するべきか悩みましたが、芹生はモンスターかもしれないと思いついた時、符合し、熱が生まれました。

【ストーリー】根戸ヶ谷高校吹奏楽部に、気持ちのいい音楽を聴くとエッチな暴走キャラになってしまう女子高生、芹生百合子がやってきた!彼女の奇行とマイペースぶりに振り回されながらも百合子の天才的な音楽の才能に惹かれ、部員たちはブラスバンドの甲子園「普門館」を目指していく。甘酸っぱい友情とほのかな恋に彩られた青春映画のきらめきをギュッと閉じ込め、圧倒的にユニークなヒロインが巻き起こす笑いと涙に満ちたエピソードが、「ボレロ」をはじめとする名曲とともに描かれていく!!

■出演:安良城 紅、福本有希、岡田将生、足立 理、近野成美、徳永えり、若葉竜也、南 明奈、柳下 大、さとう珠緒、藤村俊二、森本レオ、原 日出子 、宇崎竜童

■主題歌:安良城 紅「Mellow Parade」(エイベックス)

■原作:柏木ハルコ「ブラブラバンバン」(小学館 ヤングサンデー)
■監督:草野陽花
■脚本:森田剛行/草野陽花
■音楽監督:磯田健一郎
■製作:トルネード・フィルム / ポニーキャニオン / ウェッジホールディングス / Yahoo! JAPAN / クオラ

ス/ ファミマ・ドット・コム

■配給:トルネードフィルム
■問合せ:DROP/TEL 03-5428-2667

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください