■シンフォニエッタ第2番「大いなるキリマンジェロ」(作曲:フェルレル・フェルラン)

交響曲第2番『キリストの受難』の大ヒットですっかりおなじみとなった、フェルラン2作目のすばらしいシンフォニエッタ。リズム・セクションが演奏上、絶大な効果を発揮する、ある意味、打楽器奏者が主役になれる作品といえるでしょう。注目作!!

 交響曲第2番『キリストの受難』の大ヒットですっかりおなじみとなった、フェルラン2作目のすばらしいシンフォニエッタです。

 2005年、スペインのヴァレンシアで開かれた国際バンドコンテストで演奏されるための楽曲として、同国モンセラート音楽教育者協会の委嘱で作曲され、2009年に出版されました。

 アフリカ大陸の最高峰“キリマンジェロ(Kimbo)”がテーマとして扱われ、現地語で“こんにちわ”を意味する第1楽章の「ジャンボ」、この山を神の山と崇めるマサイの人々とのつながりを表した第2楽章の「聖なる山」、タンザニア側の住民チャガの人々にとっても神が宿る山であることを表した第3楽章「キリマンジェロの神ルーワ」の、3つの楽章で構成されています。

 これまでのウィンド・オリジナルの殻を破る作品で、音楽全編に“アフリカン・リズム”が溢れ、多くの野生動物たちが行き交うアフリカの雄大な自然の中に身をまかせたい気分にさせてくれます。

 当然、リズム・セクションにはアフリカン・タッチの楽器も使われ、演奏上それらが絶大な効果を発揮しますので、ある意味、打楽器奏者が主役になれる作品、と言えるかも知れません。

 また、スペインの吹奏楽団を対象に書かれた作品ですので、日本の一般的な編成よりかなり多くの種類の楽器が使われていますが、他の楽器と重なり合っている音も多いので、場合によっては、省くことのできる楽器もありそうです。少なくとも、(*)印が付けられた、スコアからは省かれている楽器は、オプションと考えていいかも知れません。

 スぺイン語の原曲名や英語翻訳タイトルを直訳すると“キリマンジェロの咆哮”といった意味になります。しかし、キリマンジェロは今は火を噴かないのでタイトルとして何となくしっくりこない。そこで、作曲者が書いたノートを読むと、雄大な裾野を持つ優美な姿かたちだけでなく、現地の人々に神のように崇められているこの山のスケールや偉大さがテーマになっていることが明らかでしたので、BPでは El Rugir を形容詞的に扱って『大いなるキリマンジェロ』と訳すことにしました。

 人類の故郷ともいわれるアフリカ大陸。吹奏楽のコンサートで、自然体で、こんなにゆったりと音楽の大きさを感じさせてくれる作品に出会うチャンスは、そう多くはありません。コンクールにも、もちろんOK!

 音源は、作曲者自身がスペインのバンドを指揮したすばらしいCD「大いなるキリマンジェロ フェルラン自作自演集 El Rugir del Kimbo」(CD-0960)があります。

 BPおススメ度 ★★★★★ の 『大いなるキリマンジェロ』。

 みなさんのバンドでも、ぜひ取り上げてみてください!!

【フェルレル・フェルラン】
1966年、スペインのヴァレンシアに生まれる。15才までにピアノと打楽器を修め、室内楽および伴奏者としてのディプロマを得る。その後、ロンドンの王立音楽アカデミー(RAM)で、作曲と指揮法を学ぶ。管弦楽、室内楽、吹奏楽などの各ジャンルで、作曲家、指揮者、ピアニストとして活躍する一方、ヴァレンシア高等音楽院で教鞭をとっている。交響曲第2番『キリストの受難』が紹介された後、日本でも、その名は広く知られるところとなった。作品は、スペイン、フランス、オランダで出版され、2002年、自身の出版社 Iber Musica を設立した。

この楽譜をBPショップでチェックする
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-8840/


■シンフォニエッタ第2番「大いなるキリマンジェロ」
作曲: フェルレル・フェルラン

El Rugir del Kimbo、Sinfonietta No. 2
Ferrer Ferran

・グレード: 表示なし
・作曲: フェルレル・フェルラン(Ferrer Ferran)
・TIME: 23分36秒(CD-0960 参照)

I) ジャンボ Jambo 【11:05】
II)聖なる山 La Montana Sagrada 【6:10】
III)キリマンジェロの神ルーワ Ruwa, el Dios del Kilimanjaro 【6:21】

・出版:Iber Musica
・分類:販売譜(フルスコア&パート譜 セット)

【楽器編成】

Piccolo <div.>
Flutes (I、II)
Oboes (I、II)
English Horn
Bassoons (I、II)
Double Bassoon (*)
E♭ Clarinet
B♭ Clarinets (I <div.>、II <div.>、III <div.>)
E♭ Alto Clarinet
B♭ Bass Clarinet
B♭ Contrabass Clarinets <div.> (*)
B♭ Soprano Saxophone (*)
E♭ Alto Saxophones (I、II)
B♭ Tenor Saxophones (I、II)
E♭ Baritone Saxophone
B♭ Bass Saxophone

B♭ Flugel Horns (I、II)
E♭ Trumpet (I : subst. for B♭Trumpet I)(*)
B♭ Trumpets (I、II、III、IV)
Horns (I、II、III、IV)
Trombones (I、II、III、IV)
Euphoniums (I、II)
Tubas (I、II)

Violoncello (*)
String Bass

Piano

Timpani

Mallet Percussion (Xylophone、Glockenspiel、Marimba、Tubular Bells)

Percussion (Snare Drum、Bass Drum、5 Tom-Toms、Tam-Tam、Clash Cymbals、Suspended Cymbal、Sizzle Cymbal、Tambourine、Bongos、Drbuka (def. Bongo agudo)、Congas、Shequere (def. Cabasa)、Wood Block、Temple Blocks、Wood Tree、Mark Tree、Cascabeles、Jingles、Whip、Wind Machine、Rain Wood、D’Jembe、Carraca、Canas、Qujada)

(*)=スコア上に印刷されていないパート

■この楽譜をBPショップでチェックする
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/set-8840/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください