FMカオン「BPラジオ 吹奏楽の世界へようこそ」 7月の放送予定

【BPラジオの視聴方法】

■シリーズ「戦後70年」/マーチでつづる戦後史
FMカオン/PC・スマホ(リスラジ、サイマル・ラジオ)
7月4日(土)23時 
7月18日(土)23時再放送

連続してお送りしている、シリーズ「戦後70年」。
今回は、日本の戦後70年を、マーチの名曲で振り返ります。戦後のほぼ最初期に多くの人たちに歌われた《若い力》《栄冠は君に輝く》から、TV局のスポーツ番組テーマ曲、そして、万博、オリンピックなど…日本の戦後音楽史は、マーチの歴史でもありました!

【オープニング】フィリップ・スパーク《メリーゴーラウンド》
ヨハン・ヴィレム・フジョー・カペル

【1】 若い力(高田信一作曲、三戸知章編曲)吉永雅弘指揮、陸上自衛隊第一音楽隊
※昭和22年、第2回国体(石川国体)で制定され、以後、日本中の中高の運動会で歌われました。

【2】栄冠は君に輝く(古関裕而作曲、高沢智昌編曲) 吉永雅弘指揮、陸上自衛隊第一音楽隊
※昭和23年、初めて「高校野球」となった年に(それまでは中等学校野球大会)、一般公募の詞に作曲されました。

【3】 TV局スポーツ番組テーマ曲集(抜粋)
1)スポーツショー行進曲(古関裕而作曲)NH/吉永雅弘指揮、陸上自衛隊第一音楽隊
2)スポーツ行進曲(黛敏郎作曲、山下国俊編曲)日本TV/吉永雅弘指揮、陸上自衛隊第一音楽隊
3)コバルトの空(レイモンド服部作曲)TBS/野中図洋和指揮、陸上自衛隊中央音楽隊
4)フジテレビ・スポーツ・テーマ(新田一郎作曲、山下国俊編曲)フジTV/進藤潤指揮、航空自衛隊航空中央音楽隊
5)朝日に栄光あれ(神津善行作曲)TV朝日/船山紘良指揮、陸上自衛隊中央音楽隊
※TV時代到来。各局とも、個性的なマーチがスポーツ番組を彩りました。冒頭部のみの抜粋メドレーですが、その個性的な響きをお楽しみください。

【4】祝典行進曲(團伊玖磨作曲)吉永雅弘指揮、陸上自衛隊第一音楽隊
※昭和34年、皇太子(今上天皇)ご成婚を祝して作曲され、吹奏楽コンクール課題曲にも採用された、日本を代表する名マーチです。

【5】
1)東京オリンピックファンファーレ
(今井光也作曲) 古荘浩四郎指揮、陸上自衛隊中央音楽隊
2)オリンピック・マーチ(古関裕而作曲) 船山紘良指揮、陸上自衛隊中央音楽隊
※昭和39年、東京オリンピック開会式で演奏されたファンファーレと、入場行進曲(コーダ部の《君が代》をお聴き逃しなく)。

【6】万国博マーチ「進歩と調和」(川崎優作曲) 竹村純一指揮、海上自衛隊東京音楽隊
※昭和45年、大阪で開催された万博(EXPO70)。日本中から入場者が殺到し、高度経済成長は頂点を迎えます。

【7】行進曲「虹と雪」(岩川三郎作曲) 竹村純一指揮、海上自衛隊東京音楽隊
※昭和47年、札幌オリンピックの入場行進曲の1曲。中間部には、当時大ヒットしたイメージ曲《虹と雪のバラード》の旋律が使われています。

【8】
1)札幌オリンピックファンファーレ
(三善晃作曲) 古荘浩四郎指揮、陸上自衛隊中央音楽隊
2)行進曲「白銀の栄光」(山本直純作曲) 船山紘良指揮、陸上自衛隊中央音楽隊
※札幌オリンピックの開会式で演奏された名ファンファーレ。そして、山本直純作曲の入場行進曲は、コンサート・マーチのような格調の高さです。

【9】新・祝典行進曲(團伊玖磨作曲) 福田滋指揮、リベラ・ウィンド・シンフォニー
※平成5(1993)年、皇太子徳仁親王のご成婚を記念して作曲。團伊玖磨さんは、二代にわたって皇太子ご成婚の祝賀マーチを作曲することになりました。

【クロージング】フィリップ・スパーク《センチュリオン》
ヨハン・ヴィレム・フジョー・カペル


■輝け! 第2回 昭和ブラス歌謡大行進!
FMカオン/PC・スマホ(リスラジ、サイマル・ラジオ)
7月11日(土)23時
7月25日(土)23時再放送

昨夏お送りして、「一部のおっさんリスナー」に大好評だった企画の第2弾です。かつて、吹奏楽部員の胸を熱くした、「管打楽器が活躍する、昭和の歌謡ポップス」を、マニアックな選曲でお届けします。よって今回も「吹奏楽曲」は1曲もかかりません。やかましくて、暑苦しい曲ばかりですので、ご了承ください。

【オープニング】フィリップ・スパーク《メリーゴーラウンド》
ヨハン・ヴィレム・フジョー・カペル

【1】夜明けが来る前に(なかにし礼作詞、鈴木邦彦作曲) スクールメイツ
※1969年~、文化放送の深夜放送「セイ!ヤング」のテーマ。派手なブラスと、チャカポコ・ギターの響きで時代を感じてください。

【2】夏の夜のサンバ(阿久悠作詞、森田公一作編曲) 和田アキ子
※1973年日劇リサイタルより。若いころの彼女の声は、ブラスと対等に渡り合う、文句なしのカッコよさでした。トークも、当時はまだ素朴で最高。

【3】早いもの勝(千家和也作詞、鈴木邦彦作編曲) 安西マリア
※隠れた名曲! ブラス+スチール・パンのド派手な響きをお楽しみください。安西マリアさんは、 昨年3月、60歳で死去。ご冥福をお祈りします。

【4】サンライズ/HyperMix(山川啓介作詞、スペクトラム作編曲) スペクトラム
※スタン・ハンセンのテーマとしても、おなじみ。キャンディーズのバックバンドが主体となって結成された、ブラスロックの雄。

【5】そーしまっか(三井雅弘作詞、梶尾哲二・TOPS作曲、TOPS編曲)TOPS
※元スペクトラムの新田一郎がプロデュース。2Trp+Trb+3Vocの暑苦しい響きに、あなたは耐えられるか? 日本のブラス・ポップスの最高峰の声もあり!

【6】「特別機動捜査隊」のテーマより(牧野由多可、小林亜星、ボブ佐久間作曲)
※1961~77年、15年間、全801回の超長寿番組。日本放送史上、最初にして最長の刑事ドラマ。しかも、日本初の「1時間」連続ドラマ。その後、刑事ドラマのテーマ曲にブラス系が多いのは、この番組がきっかけでした。

【7】ラッキーチャンスを逃がさないで(竜真知子作詞、宮本光雄作曲、渡辺茂樹編曲) キャンディーズ
※1973~1985年放送「プロポーズ大作戦」のテーマ曲。ブラスもさることながら、バリトン・サクソフォンの響きがたまらない。なお、この曲はシングル・カットされておりません。

【8】若い旅(永六輔作詞、中村八大作編曲) 塩見大治郎&ヤング101
※1970~1974年、NHK「ステージ101」で生まれたオリジナル曲。シンプルに始まって、次第にブラスがからんでくる名アレンジ。青春ソングの名作です。

【9】脱線列車に乗り込んで(かぜ耕士作詞、中村八大作曲) ヤング101
※これもNHK「ステージ101」より。なんと、全編がドラムマーチの伴奏(ほかは、ギターとベースのみ)。打楽器担当者、必聴!

【10】涙をこえて(かぜ耕士作詞、中村八大作曲) シングアウト
※NHK「ステージ101」より生まれた永遠の名曲。中学の合唱コンクール人気曲ですが、ピアノ伴奏でしか知らない人がほとんどでは? 実はかっこいいブラスが入るんですよ。

【クロージング】フィリップ・スパーク《センチュリオン》
ヨハン・ヴィレム・フジョー・カペル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください