2年に1度のスペシャルコンサート「吹奏楽による奏楽堂の響き4」は5月6日(日)開催

▲小嶋雅夫:撮影

 名曲ならば誰もが聴ける状態になるのが当然のはず。
しかし、日本の作曲家においてはCDも出版楽譜もなく、場合によってはオリジナル楽譜が行方不明であるものも少なくなりません。「奏楽堂の響き」シリーズは、日本の音楽界を築いた先人への敬意と共に、演奏会用作品という枠で考えることなく、映画・機会音楽であっても名曲をファンの皆さんへ、次世代へ、と継続しております。

 4度目となる今回は「日本の作曲家の様々な仕事を楽しむ」として、知られざる名曲・誰もが知るのに演奏されない名曲の発掘・復元・編曲、新作委嘱を行い、4つの特集「日本のラジオ・テレビ音楽」「3人の会の仕事」「現代の作曲家達」「北海道の作曲家」でお届け致します。

 その内容を御紹介いたしましょう!

 16曲以上の上演となる開演を知らせるのは黛敏郎の荘厳なるサウンド《天地創造》より、オリジナル・スコアからの新編曲初演。

 特集1「日本のラジオ・テレビ音楽」は、誰もが意識せずとも聴いたことがあるはずの名作目白押し。吹奏楽界では《パロディ的な4楽章》がよく知られる深井史郎の日本テレビの「鳩の休日」、「8時だョ!全員集合」や「ドリフ大爆笑」の音楽で知られるたかしまあきひこの《FNNニューステーマ》、黛敏郎の《NNNニューステーマ》、池辺晋一郎の《MBS毎日放送オープニング/クロージング》、放送黎明期の信時潔曲までを検証致します。

 特集2はお馴染み「3人の会の仕事」。多岐にわたる仕事より、黛敏郎は、石原裕次郎没後25年として復活上映が行われている「栄光への5000キロ」よりメインタイトル、芥川也寸志は、健康・快活な芥川節をたっぷり味わえる子供のためのミュージカルより《みつばちマーチ》と、やはり芥川のメロディーが満載された名作映画「八甲田山」よりの組曲、團伊玖磨は《新・祝典行進曲》前年の知られざる傑作《おやさと大行進曲》を上演致します。

 特集3は「現代の作曲家達」、戦後の日本作曲界を代表する三善晃の《祝典序曲》からです。大阪万博のお祭り広場にて当時の天皇陛下御臨席で初演が行われました。編曲は、今や日本吹奏楽界を代表する作曲家のひとりである天野正道! そして、吹奏楽だけでなくアニメ「フラクタル」のシンフォニック&プログレッシヴな音楽でも注目され、これからの作曲界へ価値ある新作を生み出していくであろう気鋭の若手・鹿野草平への新作委嘱初演を行います。

 特集4は、日本作曲史に燦然と輝く作曲家を多く輩出している「北海道の作曲家」として、伊福部昭《北海道讃歌》(バリトン独唱は佐藤光政!)と《わんぱく王子のおろち退治よりアメノウズメの踊り》、佐藤勝が作曲した映画「札幌オリンピック」の音楽を、北海道出身の作曲家・堀井友徳が全5楽章に再構成した堂々たる交響組曲《札幌オリンピック》、いずれも編曲初演となります!

 指揮は初となる著書『日本の作曲家と吹奏楽の世界』(ヤマハミュージックメディア刊)が2012年1月に発売されたばかりの福田滋! リベラ・ウインド・シンフォニーが日本の作曲家の魅力をダイナミックに燃焼させてくれることでしょう!

 滝廉太郎、山田耕筰、3人の会をはじめ、数多くの音楽家が育っていった旧奏楽堂で味わう日本の作曲家による「奏楽堂の響き」へ是非お越しください!
(文責:西耕一)

■奏楽堂の響き4
~日本の作曲家の様々な仕事~

【日時】2012年5月6日(日)18:15開場/18:30開演
【会場】旧東京音楽学校奏楽堂(上野公園内)
【演奏】リベラ・ウィンド・シンフォニー
【指揮】福田滋
【料金】3000円・学生1500円(一般・学生共に当日は500円増し)
【チケット予約・問合】jcacon@gmail.com

【プログラム】

——-開演の音楽——–

黛敏郎「天地創造」より間奏曲(1965/2010松木敏晃編曲)新編曲初演

<特集1>—-日本のテレビ・ラジオ音楽—–

・信時潔「全国放送開始」「都市放送開始」(1941)舞台初演?
・深井史郎 日本テレビ「鳩の休日」(1953/2012松木敏晃編曲)編曲初演
・池辺晋一郎「MBS毎日放送オープニング/クロージング」(1990)舞台初演
・たかしまあきひこ「FNNニューステーマ」(1984)舞台初演
・黛敏郎「NNNニューステーマ」(1973/2011堀井友徳編曲)編曲初演

<特集2>—3人の会の仕事—

・黛敏郎 映画「栄光への5000キロ」よりメインタイトル(1969/2011堀井友徳編曲)編曲初演
・芥川也寸志 ミュージカル「みつばちマーヤ」より「みつばちマーチ」(1967/2012清道洋一編曲)編曲初演
・芥川也寸志 映画音楽組曲「八甲田山」より(1977/2010松木敏晃編曲)東京初演
・團伊玖磨「おやさと大行進曲」(1992)

<特集3>—現代の作曲家達—

・三善晃「祝典序曲」(1970/1998天野正道編曲)
・鹿野草平「ファイヴ・コンビネーション」(2012委嘱初演)

<特集4>—北海道の作曲家—

・伊福部昭「北海道讃歌」(1961/2012田野均編曲)編曲初演
バリトン:佐藤光政
・佐藤勝 交響組曲「札幌オリンピック」(1972/2012・堀井友徳構成編曲)初演
・伊福部昭 わんぱく王子のおろち退治よりアメノウズメの踊り(1963/2010・福田滋編曲)編曲初演

【主催】JCA(Japanese Composer Archives)
【共催】スリーシェルズ
【特別協賛】エヌシーネットワーク、鈴木正一瓦工場
【協力】東宝ミュージック、團伊玖磨アーカイヴズほか
【企画・構成・選曲】西耕一

(2012.04.10)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください