オブロークラリネットアンサンブルリサイタルVol.23(4/27)…今回の目玉はムソルグスキーの「展覧会の絵」

 1975年に日本で初めてのプロのクラリネット・アンサンブルとして誕生した「オブロークラリネットアンサンブル」が4月27日(金)に川口リリア音楽ホールにて23回目のリサイタルと開催する。

 今回の目玉となる作品はムソルグスキーの「展覧会の絵」。さて、クラリネット8重奏によるサウンドは、どんな仕上がりに? こうご期待!

■オブロークラリネットアンサンブルリサイタル Vol.23

【日時】2012年4月27日(金) 開場 18:30 、開演 19:00
【会場】川口リリア音楽ホール
【交通】JR京浜東北線川口徒歩1分
【料金】一般¥3500 学生¥2500(当日券各¥500増)チケットぴあ※Pコード161-252

【プログラム】
・ファリャへのオマージュ:コヴァーチ(独奏:品川秀世)
・ウェントス:石毛里佳
・バルカローレ:チャイコフスキー、小栗克裕編
・革命家:ピアソラ、品川秀世編
・展覧会の絵:ムソルグスキー、武島恒明編

【問い合わせ】金井清
TEL:090-8890-0357
E-Mail:hobereaux@gmail.com
HomePage http://www.interq.or.jp/happy/hobereau/

【オブローのCD】

■オブローの『魔法使いの弟子』
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-0767/

アストル・ピアソラの「リベルタンゴ」や
デュカスの「魔法使いの弟子」にチャレンジ。
クラリネット8本で、こんなサウンドが作れるなんて!

■オブローのティル
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-1501/

あのR. シュトラウスの
「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯」を
クラリネットだけで演奏しちゃった、奇跡のアルバム

(2012.04.11)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください