全日本吹奏楽コンクール全国大会:中学・高校の部…埼玉県勢の活躍に大興奮!

日時:2007年10月20日(土)、21日(日)
会場:東京・普門館
レポート:YN(BP特派員)

 中学を1日、そして高校の後半を聴きに行ってきました。
中学生は特に津山北陵中・酒井根中・小平3中がブラボーでした。

 津山北陵は「ロシアの皇太子」や「小鳥売り」など人気になる曲ばかりを演奏するので、注目していましたが、やっぱり今年も素晴らしい音楽でした。
酒井根は去年のローマの祭りで素晴らしく感動し(Trpが中学生とは思えない演奏でした)、今年はどうかと注目してましたが…今回も迫力のある演奏で感動させてもらいました。
小平3中は「ガイーヌ」でした。02年と同じかと思ってたのですが、ちょっと違ったアレンジでブラボーでした。

 私は埼玉県人なので、昔の飯能の中学が復活してくれることを望みます。

 高校後半の部では、ダントツで埼玉栄が本当にブラボ-でした。埼玉県大会も聴きましたが、それ以上にサウンドに磨きがかかっていました。
次は高輪台。02年くらいから全国の舞台に立ち始め、メキメキと実力をあげていると思います。畠田先生の編曲は面白く、そして素晴らし音楽を聴くことが出来ました。
4年ぶりの埼玉県勢全国全団体金賞は埼玉県人としてうれしい限りです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください