大ヒット映画「マルサの女」のアンサンブル楽譜が東京ハッスルコピーから発売

吹奏楽マガジン バンドパワー

1987年に公開されるや日本中に大ブームを巻き起こした伊丹十三監督による映画「マルサの女」。国税局査察官(通称「マルサ」)の活躍をコミカルに描いた日本映画の傑作として今なお多くの人たちに支持されているが、映画と共に忘れられないのが、やはり本多俊之による音楽だろう。あの独特のサックス・サウンドを聴けば映画を思い出し、映画を思い出せば、自然とあのフレーズが頭の中で流れ出す・・・。そくれくらい、この映画とあの音楽は一心同体だった。

 そんな本多俊之による「マルサの女」が、サクソフォーン5重奏とピアノによるアンサンブル楽譜として帰ってきた! 発売元は「バンド維新」シリーズや「ガンダム」の吹奏楽譜などで知られる東京ハッスルコピー。しかも、楽譜には本多俊之氏率いるサックス・アンサンブルよる参考演奏CD付き。価格は税込4200円。

 サックス吹きなら、これもう、絶対に演奏してみないとね!

■マルサの女
作曲:本多俊之

http://item.rakuten.co.jp/bandpower/en-00395/

【編成】
2 Soprano Saxophones
Alto Saxophone
Tenor Saxophone
Baritone Saxophone
Piano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください