■交響曲第3番「アーバン・ランドスケイプス(大都会の景観)」作曲:フランコ・チェザリーニ スタディースコアが発売

エディション・フランコ・チェザリーニから、交響曲第3番『アーバン・ランドスケイプス』のスタディースコアが発売された。

交響曲第3番『アーバン・ランドスケイプス』(作品55)は、2021年4年25日、スペインのバルセロナで作曲者の指揮によって初演された3楽章構成で、摩天楼が立ち並ぶアメリカの大都会シカゴのさまざまなイメージから書かれている。

実在するビルの名が小題に使われる第1楽章は、幕開けの音楽らしく“夜明けから日中”にかけてのイメージで書かれているのに対し、第2楽章は一転してバーボンや葉巻、そしてジャズの香りさえ漂う“大都会の夜”のイメージが強い。終楽章の小題も実在する建造物からとられ、音楽は再び律動感を取り戻し、街中の喧騒もまじえながらクライマックスへと突き進んでいく。

なお、日本国内でのフルスコアと楽譜セットの発売は、2022年9月25日以降の予定。

■交響曲第3番「アーバン・ランドスケイプス(大都会の景観)」
作曲:フランコ・チェザリーニ

Symphony No.3 Urban Landscapes
【スタディースコア】
http://www.bandpower.shop/shopdetail/000000003034/

【データ】

・出版社グレード:6
・作曲:フランコ・チェザリーニ(Franco Cesarini)
・TIME:約27分00秒
 第1楽章:昼時までのリグリー・ビルディング
 Wrigley Building from Dawn to Noon【9:30】
 第2楽章:ブルー・シルエット
 Blue Silhouette【9:32】
 第3楽章:クラウド・ゲート Cloud Gate【7:47】
・出版:エディション・フランコ・チェザリーニ(Edition Franco Cesarini)
・分類:販売譜(スタディースコア)
・メーカー品番:

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください