■ザ・レイド(演奏:コーリー・バンド)

2015年、ウェールズのアべーダレ総合校にあるコーリー・バンドのバンドルームでレコーディングされたコーリー・バンドのコンサート・アルバムで、指揮はフィリップ・ハーバー、ディレクターはフィリップ・スパーク、エンジニアはリチャード・スコットが担っている。

冒頭を飾るのは、フィリップ・スパークの『輝く雲にうち乗りて』。キリスト教メソジスト派の教会で聖霊降臨節の賛美歌として歌われてきた“見よ、主は輝く雲にうち乗り”の原曲である賛美歌“ヘルムズリー”をベースにした輝かしい幻想曲。すでに吹奏楽用のバージョンもよく知られているが、オリジナルはブラスバンド用に書かれ、米ペンシルベニア州のランカスター・ブリティッシュ・ブラス・バンド創立10周年記念作として作曲、作曲者の指揮で初演された。

注目したいオリジナル作品は、オリヴァー・ヴェースピの『ザ・レイド』とトーマス・ドスの『タイム・マシーン』だろう。

『ザ・レイド』は、スイス・ルツェルン州のブラスバンド“ムジークゲッシェルシャフト・ゼレンベルク”の75周年委嘱作として2014年に書かれ、14世紀のゼレンベルク周辺の谷間の牛泥棒との闘いと悲劇がテーマとなっている。叙情的なテーマが劇的なパッセージの間に組み込まれ、ドラマチックな展開を見せることから、2015年のスイス・ブラスバンド選手権(セカンド部門)など、ヨーロッパ各地の選手権でさかんに演奏されている。

一方の『タイム・マシーン』は、オランダの芸術団体クンストファクター・ユトレヘトの委嘱により、2012年のオランダ・ブラスバンド選手権(ファースト部門)の指定課題として書かれた問題作で、石器時代に始まる時間の旅が描かれている。過去~現在~未来を旅する内、あるとき環境破壊に気づき、当惑し、前の時代にあったものが後の時代にはないことを知る。激情が込められたドラマチックな作品でたいへんインパクトがある。

名手ヘレン・ウィリアムズのすぱらしいフリューゲルホーン・ソロが愉しめるスパークの『月の歌と太陽の踊り』は、久しぶりに懐かしいスパーク節が堪能できるソロ曲といえ、このCDの中の一服の清涼剤となっている。

■ザ・レイド
演奏:コーリー・バンド
The Raid
http://www.bandpower.shop/shopdetail/000000000917/

【データ】

・演奏:コーリー・バンド(Cory Band)
・指揮:フィリップ・ハーパー(Philip Harper)
・発売元:デハスケ(de Haske)
・発売年:2015年
・収録:2015年, Ysgol Gyfun Rhydywaun, Aberdare, Wales
・メーカー品番:

【収録曲】

1. 輝く雲にうち乗りて~賛美歌“ヘルムズリー”による幻想曲
/フィリップ・スパーク【6:34】
With Clouds Descending – A Fantasy on the Hymn Tune “Helmsley” /Philip Sparke

2. 歌劇「シルヴィア」から“バッカスの行列”
/ドリーブ(arr.スティーブン・C・バーンウェル)【6:10】
Cortege De Bacchus/Leo Delibes(arr. Stephen C. Barnwell)

3. ノルウェーの賛歌/アクセル・フィスク(arr.フィリップ・スパーク)【4:07】
A Norwegian Hymn – Hymn to Frei/Axel Fiske(arr. Philip Sparke)

4. 3つの塔/マルク・ジャンプルケン【8:55】
The Three Towers/Marc Jeanbourquin
第1楽章:デューレンビュールの塔 The‘Durrenbuhl’Tower
第2楽章:ネコの塔 The Cats Tower
第3楽章:赤い塔 Red Tower

5. 主題と変奏/オリヴァー・ヴェースピ【9:54】
Theme and Variations/Oliver Waespi

6. 月の歌と太陽の踊り/フィリップ・スパーク【8:45】
Moon Song, Sun Dance/Philip Sparke
フリューゲルホーン:ヘレン・ウィリアムズ(Helen Williams)

7. ザ・レイド/オリヴァー・ヴェースピ 【13:44】
The Raid/Oliver Waespi

8. タイム・マシーン/トーマス・ドス【13:33】
Time Machine/Thomas Doss

【このCDをBPショップでチェックする】
http://www.bandpower.shop/shopdetail/000000000917/

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください