■陸上自衛隊中央音楽隊 第162回定期演奏会(1月31日)

陸上自衛隊中央音楽隊は、令和3年1月31日(日)14時より東京芸術劇場コンサートホールにて第162回定期演奏会を行います。

第1部は隊長の指揮の下、2021年が生誕100周年記念にあたるアルフレッド・リードの作品を演奏します。世界の吹奏楽シーンに大きな影響を与え、数多くの人気作品を遺されたアルフレッド・リード。その中から、軍隊ラッパの旋律を組み込んだ《セレモニー・オブ・フローリッシュ》、シェイクスピアの戯曲にインスパイアされて作られた美しい小品《アーデンの森のロザリンド》、能登空港開港を記念し“飛躍の世紀”と副題が付けられているリードが遺した最後の組曲《第7組曲》、そして福島のジュニア吹奏楽団の委嘱で作られたリード遺作のファンファーレをお送りします。

第2部は、フィンランド・キュミ・シンフォニエッタの芸術監督・首席指揮者としても長くご活躍され、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカなど、世界中のオーケストラへ客演を続けられている篠﨑靖男氏を客演指揮にお迎えし、ストラヴィンスキーが遺した貴重な管楽器のためのオリジナル曲《管楽器のための交響曲》、ラヴェルの代表作でもあり吹奏楽でも大変人気のある《ダフニスとクロエ第2組曲》をお送りします。

なお、新型コロナウイルスの影響により、入場人数・入場方法・鑑賞時のマスク着用等、通常の演奏会と異なる場合がございます。最新の状況を中央音楽隊HP・Twitterにてご確認いただきますようお願いいたします。

日時 : 2021年1月31日(日) 開場 13:00 、開演 14:00
会場 : 東京芸術劇場コンサートホール
交通手段 : JR・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分
料金 : 無料(ホームページより応募が必要です)
曲目 : アルフレッド・リード生誕100周年
■ファンファーレ~ゆめはっとジュニア・オーケストラのための(遺作)
■セレモニー・オブ・フローリッシュ
■アーデンの森のロザリンド
■吹奏楽のための第7組曲

■管楽器のための交響曲(ストラヴィンスキー)
■《ダフニスとクロエ》第2組曲(ラヴェル)
問合せ :

担当者中央音楽隊演奏科広報班
E-Mailregular_concert_cband@inet.gsdf.mod.go.jp
HomePagehttps://www.mod.go.jp/gsdf/central/162concert.html

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください