■全英ブラスバンド選手権1995(演奏:ブラック・ダイク・ミルズ・バンドほか)

1995年10月、ロンドンのロイヤル・アルパート・ホール(10/21、選手権部門決勝およびガラ・コンサート)とウェンブリー・カンファレンス・センター(10/21~10/22、ファースト部門~フォース部門決勝)の2会場で開催された「全英ブラスバンド選手権1995」のライヴ・アルバム!

ロイヤル・アルバート・ホールの録音は、BBCプロデューサーのジェーン・ワードとエンジニアのニック・ゴーマンが担当、ウェンブリー・カンファレンス・センターの方はプロデューサーがニコラス&アリスン・チャイルズ、エンジニアがハロルド・バーンズというドイエン・チームが担っている。

CDには、最上位の“選手権部門”から“フォース部門”までの5つのセクションの優勝者の演奏とロイヤル・アルパート・ホールで行なわれた前年優勝者ブラック・ダイク・ミルズ・バンドによるガラ・コンサートの模様が収録されている。

とはいうものの、もっとも注目を集めるのは、やはり全国から19バンドがエントリーされた“選手権部門”の決勝で、テストピース(課題)は、この決勝のためにエルガー・ハワースに委嘱された新作『B.L.のための歌』だった。難易度が高く、コンテンポラリーな要素が込められている異色のテストピースだ!

優勝は、200ポイント満点中、194ポイントをゲットしたヨークシャー代表のブラック・ダイク・ミルズで、これで2年連続優勝! 指揮はジェームズ・ワトソンだった。

当時のブラック・ダイクは、プリンシパルがマット・ベイカー。ソロ・ユーフォニアムがロバート・チャイルズという時代で、ガラ・コンサートの演奏では、ブラック・ダイクのテーマ曲『クイーンズバリー』のほか、ロバート・チャイルズのユーフォニアム独奏『エルフリード』、ロナルド・ビンジの『コルネット・カリヨン』など、ブラック・ダイクならではのレパートリーが愉しめる!

■全英ブラスバンド選手権1995
演奏:ブラック・ダイク・ミルズ・バンドほか
National Brass Band Championships Highlights 1995
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4655/

【データ】

・演奏団体:(曲目欄に記載)
・指揮者:(曲目欄に記載)
・発売元:イーゴン(Egon)
・発売年:1996年
・収録:1995年10月21日、Royal Albert Hall, London, U.K. (1、2、4、6、8)/ 1995年10月21~22日、Wembley Conference Centre, London, U.K.

【収録曲】

  1. B.L.のための歌/エルガー・ハワース【15:18】
    Songs for B.L./Elgar Howarth
    【指揮】ジェームズ・ワトソン(James Watson)
    【演奏】ブラック・ダイク・ミルズ・バンド(Black Dyke Mills Band)
  2. クイーンズバリー/ジェームズ・ケイ【3:22】
    Queensbury/James Kaye
    【指揮】ジェームズ・ワトソン(James Watson)
    【演奏】ブラック・ダイク・ミルズ・バンド(Black Dyke Mills Band)
  3. アリストファネスのカエル/グランヴィル・バントック 【9:19】
    Frogs of Aristophanes/Granville Bantok
    【指揮】デヴィッド・リー(David Lea)
    【演奏】ロールズロイス・コヴェントリー・バンド(Rolls Royce (Coventry) Band)<1st Section:Champion Band of Great Britain 1988>
  4. エルフリード/不詳(arr. アラン・キャザロール)【3:12】
    Elfried/Anon(arr. Alan Catherall)
    【指揮】ジェームズ・ワトソン(James Watson)
    【演奏】ブラック・ダイク・ミルズ・バンド(Black Dyke Mills Band)
    【独奏】ユーフォニアム(Euphonium):ロバート・チャイルズ(Robert Childs)
  5. プランタジネット家/エドワード・グレッグスン【12:05】
    The Plantagenets/Edward Gregson
    【指揮】ジェームズ・キャント(James Cant)
    【演奏】グロソプ・オールド・バンド(Glossop Old Band)<2nd Section:Champion Band of Great Britain 1988>
  6. 「ウェスト・サイド・ストーリー」から“2つのダンス”
    /レナード・バーンスタイン(arr. エリック・クリーズ)【6:27】
    Two Dances from “West Side Story”/Leonard Bernstein(arr. Eric Crees)
    【指揮】ジェームズ・ワトソン(James Watson)
    【演奏】ブラック・ダイク・ミルズ・バンド(Black Dyke Mills Band)
  7. ゴシック組曲/レオン・ボーエルマン【12:49】
    Suite Gothique/Leon Boellmann
    【指揮】ケヴィン・ジョーダン(Kevin Jordan)
    【演奏】フェアロップ・ブラス(Fairlop Brass)<3rd Section:Champion Band of Great Britain 1988>
  8. コルネット・カリヨン/ロナルド・ビンジ【3:17】
    Cornet Carillon/Ronald Binge
    【指揮】ジェームズ・ワトソン(James Watson)
    【演奏】ブラック・ダイク・ミルズ・バンド(Black Dyke Mills Band)
  9. ヴィズカヤ/ギルバート・ヴィンター【9:48】
    Vizcaya/Gilbert Vinter
    【指揮】ジェームズ・ハドフィールド(James Hadfield)
    【演奏】トッドマーデン・オールド・バンド(Todmarden Old Band)<4th Section:Champion Band of Great Britain 1988>

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4655/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください