■全英ブラスバンド選手権1998(演奏:ヨークシャー・ビルディング・ソサエティほか)

1998年9月、10月に行なわれた「全英ブラスバンド選手権1998」の模様を収録した2枚組ライヴ・アルバム! 収録されているのは、9月19~20日、ハロゲイト・インターナショナル・センターで行なわれたファースト・セクション(1st Section)からフォース・セクション(4th Section)までの各部門の優勝者と、10月17日、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行なわれたチャンピオンシップ・セクション決勝の優勝者および第2位の演奏! これで全5部門の“全英チャンピオン”の演奏が愉しめるという訳だ!

例年の“全英選手権”盤と同じスタイルの作りだが、この1998年盤が2枚組になっている理由は、どうやらチャンピオンシップ・セクション決勝のテストピースとして全バンドに課されたフィリップ・スパークの『月とメキシコのはざまに』にあるようだ。

選手権の結果、エントリー全20バンド中、優勝者から第9位のバンドまでが、すべて1ポイント差だったという、全英選手権史上稀に見る結果が出たからだ。しかも各バンドの解釈も演奏時間もまるで違った。これがこのアルバム最大の魅力である!!

2枚組の1枚目の冒頭を飾るアラン・ウィズィントン指揮、プリッグハウス&ラストリック・バンド(優勝 / 197ポイント)と、2枚目冒頭のデヴィッド・キング指揮、ヨークシャー・ビルディング・ソサエティ・バンド(第2位 / 196ポイント)の演奏は、本当にこれが同じ曲なのかと思わせるほど音楽が違い、演奏時間も2分50秒近く違う!!

1998年といえば、スパークの曲作りに大きな変化が現れ始めたとき! このアルバムを2枚組にしたプロデューサーの英断にブラボーだ!

アルバムには、その他、ガラ・コンサートにアメリカから出演したブラスバンド・オブ・バトル・クリークの演奏も3曲入っている。

■全英ブラスバンド選手権1998
演奏:ヨークシャー・ビルディング・ソサエティほか
Highlights from National Brass Band Championships of Great Britain 1998
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4614/

【データ】

・演奏団体:(曲目欄に記載)
・指揮者:(曲目欄に記載)
・発売元:ドイエン(Doyen)
・発売年:1998年
・収録:1998年10月17日、Royal Albert Hall, London, U.K. (CD-1:1、2、5 / CD-2:1、4)/ 1998年9月19~20日、The International Centre, Harrogate, U.K.(CD-1:3、4 / CD-2:2、3)

【収録曲】

【CD-1】

  1. 月とメキシコのはざまに/フィリップ・スパーク 【17:05】
    Between The Moon and Mexico/Philip Sparke
    【指揮】アラン・ウィズィントン(Allan Withington)
    【演奏】プリッグハウス&ラストリック・バンド(Brighouse & Rastrick Band)
  2. リル・ダーリン
    /ニール・へフティ(arr. フィリップ・スパーク / ジム・グレイ) 【5:09】
    Li’l Darlin’/Neal Hefti(arr. Philip Sparke / Jim Gray)
    【指揮】コンスタンティン・キッツオプロス(Constantin Kitsopoulos)
    【演奏】ブラスバンド・オブ・バトル・クリーク(Brass Band of Battle Creek)
    コルネット(Cornet):リチャード・エルマン(Richard Ellman)
  3. ミッドサマー・ミュージック/マイクル・ボール 【12:27】
    Midsummer Music/Michael Ball
    【指揮】デニス・ハドフィールド(Dennis Hadfield)
    【演奏】トッド・モーデンオールド・バンド(Todmorden Old Band)
  4. カプリッチオ/ケネス・ダウ二ー 【13:53】
    Capriccio/Kenneth Downie
    【指揮】マーティン・エヴァンズ(Martyn Evans)
    【演奏】アシュトン=アンダー=ライン・バンド(Ashton-Under-Lyne Band)
  5. ヴォルガの舟歌/ビル・フィネガン(trans. ジェフ・ティジク) 【3:27】
    Volgar Boatman/Bill Finnegan(trans. Jeff Tyzik)
    【指揮】コンスタンティン・キッツオプロス(Constantin Kitsopoulos)
    【演奏】ブラスバンド・オブ・バトル・クリーク(Brass Band of Battle Creek)

【CD-2】

  1. 月とメキシコのはざまに/フィリップ・スパーク 【19:57】
    Between The Moon and Mexico/Philip Sparke
    【指揮】デヴィッド・キング(David King)
    【演奏】ヨークシャー・ビルディング・ソサエティ・バンド(Yorkshire Building Society Band)
  2. ブラスバンドのための3つの小品/フィリップ・スパーク 【15:05】
    Three Miniatures/Philip Sparke
    【指揮】アンドルー・ホワイト(Andrew White)
    【演奏】オールダム・ブラス・97(Oldham Brass 97)
  3. カレドニアの旅/アラン・ファーニー 【13:47】
    A Caledonian Journey/Alan Fernie
    【指揮】スティーヴ・ラージ(Steve Large)
    【演奏】テスト・ヴァレー・ブラス(Test Valley Brass)
  4. シング・シング・シング/ルイ・プリマ(arr. マーク・フリーフ) 【4:33】
    Sing Sing Sing/Louis Prima(arr. Mark Freeh)
    【指揮】コンスタンティン・キッツオプロス(Constantin Kitsopoulos)
    【演奏】ブラスバンド・オブ・バトル・クリーク(Brass Band of Battle Creek)

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4614/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください