■ワールド・グレート・マーチーズ(演奏:グレナディア・ガーズ・バンド)

1979年、ロンドンで制作されたグレナディア・ガーズ・バンドの“世界マーチ集”。かつて、このバンドがメジャー・レーベル“デッカ(Decca)”の専属アーティストだった当時から制作を担当したアーサー・バニスターのプロデュース。録音は、マイク・ロス=トレヴァーが担っている。

オリジナルは、英パレード(Parade)レーベルからLPとしてリリースされたが、デジタル化の波に乗れなかった同レーベルの解散で、本国イギリスでは遂にCD化されなかった。そんなわけで、2004年にカナダのインディーズ“アティック(Attic)”からリリースされたこのCDは、もうそれだけで堂々の“レア盤”の殿堂入り!!

“ワールド・グレート・マーチーズ(世界のグレートなマーチ集)”というタイトルにいつわりなし! 『星条旗よ永遠なれ』『ラデツキー行進曲』『双頭の鷲の下に』『旧友』など、世界の有名マーチのほか、プレヴォーの『ベルギー国家憲兵隊行進曲』、イタリアのオルランドの『芸術家の心』、アメリカのホールの『ジェネラル・ミッチェル』など、日本ではほとんど聴く機会のないマーチも入っている。

指揮者のデリック・リチャード・キンバリーは、1977年から1987年まで、グレナディア・ガーズの音楽監督をつとめた。

バッキンガム宮殿の衛兵交代でならした堂々たるマーチが愉しめる!!

【グレナディア・ガーズ・バンド】
ロンドン、バッキンガム宮殿の衛兵交代の演奏でもおなじみの、5つある近衛(歩兵)軍楽隊のひとつで、1685年、国王チャールズ2世の勅令により、12名の民間奏者を雇用して創設された。その名のとおり、近衛グレナディア(てき弾兵)連隊に所属する。イギリス最古の歴史をもつミリタリー・バンドで、全盛期には65名の定員ながら、多忙なスケジュールをこなすために80名を超す奏者が在籍した。SP時代から数多くのレコーディングを行い、LP時代は、英Deccaレーベルの専属バンドだった。20世紀終盤に、音楽監督1名、奏者49名の定員50名に改編。2006年7月、バリー・ウォッセルの音楽監督就任以降、ウィルビー、スパークなど、現代作曲家のシンフォニック・レパートリーを積極的に取り上げるようになった。

■ワールド・グレート・マーチーズ
演奏:グレナディア・ガーズ・バンド
The World Great Marches
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4632/

【データ】

・演奏団体:グレナディア・ガーズ・バンド (The Band of the Grenadier Guards)
・指揮者:デリック・リチャード・キンバリー(Major Derek Richard Kimberley)
・発売元:アティック (カナダAttic)
・発売年:2004年
・収録:1979年、London、U.K.

【収録曲】

  1. 星条旗よ永遠なれ/ジョン・フィリップ・スーザ 【3:45】
    The Stars and Stripes Forever/John Philip Sousa
  2. ラデツキー行進曲/ヨハン・シュトラウス(父)【2:31】
    Radetzky March/Johan Strauss(senior)
  3. エル・アバ二コ/アルフレド・ヤバロイェス【2:46】
    El Abanico/Alfredo Javaloyes
  4. 歌劇「ユグノー教徒」から“行進曲”
    /ジャコモ・マイアベーア(arr. ダン・ゴッドフリー)【3:20】
    March from the opera Les Huguenots/Giacomo Meyerbeer(arr. Dan Godfrey)
  5. ジェネラル・ミッチェル/ロバート・ブルース・ホール【3:02】 
    General Mitchell/Robert Bruce Hall
  6. 双頭の鷲の下に/ヨゼフ・フランツ・ワーグナー【2:43】
    Under the Double Eagle/Josef Franz Wagner
  7. ベルギー国家憲兵隊行進曲/アルトゥール・プレヴォー【4:49】
    Marche de la Gendarmerie Nationale Belge/Arthur Prevost
  8. ポーギー大佐~シン・レッド・ライン/ケネス・J・オルフォード【4:02】
    Colonel Bogey – The Thin Red Line/Kenneth J. Alford
  9. 芸術家の心/R・オルランド(arr. G・イアシッリ)【4:44】
    Cuore D’Artista/R. Orlando(arr. G. Iasilli)
  10. 旧友/カール・タイケ【4:49】
    Alte Kameraden/Carl Teike
  11. 歌劇「アイーダ」から“グランド・マーチ”
    /ジュゼッペ・ヴェルディ【2:56】
    Grand march, from the opera Aida/Giuseppe Verdi(arr. Samuel Rhodes)
  12. サンブル・エ・ムーズ連隊
    /ロベール・ブランケット(arr. ジョゼフ・フランソワ・ラウスキ)【4:52】
    Le Regiment de Sambre et Meuse/Robert Planquette(arr. Josef Fracois Rauski)
  13. ワシントン竜騎兵/チャールズ・S・グラフラ【4:24】
    Washington Grays/Charles S. Grafulla
  14. 連隊の子供/ユリウス・フチーク【3:18】
    Die Regimentskinder/Julius Fucik

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4632/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください