■モーリス・マーフィー~ライター・サイド(演奏:レイランド・DAF・バンド)

1991年、ウェスト・ヨークシャーのパジー・トリニティ・アーツ・センターでスタジオ録音されたロンドン交響楽団首席トランペット奏者モーリス・マーフィーのブラスバンド伴奏のソロ・アルバム。 プロデューサーは、ニコラス・チャイルズとロバート・チャイルズで、エンジニアは、バリー・ダベンポート。

バックをつとめるのは、ランカシャーの名バンド、レイランド・DAF・バンド。彼らは、1980年、“レイランド・ヴィークルズ・バンド”の名で来日し、初めて日本の土を踏んだイギリスのブラスバンドとなった。

録音当時は、長年ブラック・ダイクのプリンシパルをつとめたフィリップ・マッキャンやソプラノ・コルネットの名手アラン・ウィッチャリーを擁していた。 また、指揮のリチャード・エヴァンズは、かつてBBCノーザン交響楽団でマーフィーと並んでトランペットを吹いた元同僚という気心の知れた間柄!

“ライター・サイド(ちょっと明るいめの)”とネーミングされたこのアルバムで、マーフィーは、トランペットとフリューゲルホーンを駆使し、まるで“魔法”のようなソロを聴かせてくれる。

ノートでエヴァンズも書いているが、サウンドのコントロールがすばらしく、曲によっては、トランペットなのにコルネット奏者以上にコルネットのような音色や歌心を 聴かせてくれる。とくに、コルネット独奏曲としておなじみの『茶色の小鳥の歌声』や『サンシャイン・オブ・ユア・スマイル』、『わが愛は、赤い赤いバラのように』のソロは、とても信じられない。 さすがは、元ブラック・ダイクのプリンシパルだ!

ジョン・ウィリアムズを始め、多くの作曲家が、楽譜を書く際、マーフィーのための特別なフレーズを書き加えたと言われる名人の、オーケストラで見せた顔とはまた違った天賦の才を愉しませてくれるアーカイヴ・アルバム!!

【モーリス・マーフィー】
1935年、ロンドンのハマースミスに生まれる。救世軍のブラスバンドでコルネットをはじめ、12歳のとき、コルネット独奏者として“オール・ブリティッシュ・ジュニア・チャンピオン”となる。フェアリーをはじめ、ヨークシャー地区のブラスバンドで活躍。1956~1961年の間、ブラック・ダイク・ミルズ・バンドの首席コルネット奏者をつとめた。その後、オーケストラに転じ、1961~1976年、BBCノーザン交響楽団(現BBCフィルハーモニー管弦楽団)の首席トランペット奏者をつとめた後、1977年に首席トランペット奏者としてロンドン交響楽団に入団。2007年に引退するまで、首席奏者をつとめる。2010年に死去。享年75歳。

【レイランド・DAF・バンド】
1946年、北西イングランドのランカシャーでトラックやバスの製造メーカーで、レイランド・モーターズ・バンドの名で誕生。リチャード・エヴァンズを指揮者に迎えた後、自他共に認められる実力バンドへと大きく発展し、1979年にレイランド・ヴィークルズ・バンドと改称。その後、スポンサーの変更により、レイランドDAFバンド、BNFLバンド、JJBスポーツ・レイランド・バンド、レイランド・バンドとその名を変える中、1994年に全英オープン選手権、2005年に全英選手権、1989、1992、2003の各年にオール・イングランド・マスターズ選手権、2011年、イングランド選手権で優勝。チャンピオンシップ・セクションのバンドのステータスにふさわしい活動を続けている。1980年、1995年に計2回の来日を果たしている。

■モーリス・マーフィー~ライター・サイド
演奏:レイランド・DAF・バンド
The Lighter Side of Maurice Murphy
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4609/

【データ】
・演奏団体:レイランド・DAF・バンド(Leyland DAF Band)
・指揮者:リチャード・エヴァンズ(Richard Evans)
・発売元:ドイエン(Doyen)
・発売年:1991年
・収録:1991年、Pudsey Trinity Arts Centre, U.K.

【収録曲】

  1. トランペット協奏曲/ハリー・ジェームズ(arr. エルガー・ハワース)【3:22】
    Concerto for Trumpet/Harry James(arr. Elgar Howarth)
  2. 茶色の小鳥の歌声/ハイドン・ウッド(arr. J・T・ドッド)【2:21】
    A Brown Bird Singing/Haydn Wood(arr. J. T. Dodd)
  3. ジョージア・オン・マイ・マインド
    /ホーギー・カーマイケル(arr. アラン・モリスン)【3:34】
    Georgia On My Mind/(arr. Alan Morrison)
  4. スパニッシュ・アイズ
    /ベルト・ケンプフェルト(arr. レイ・ウッドフィールド)【3:25】
    Spanish Eyes/Bert Kaempfert(arr. Ray Woodfield)
  5. マリアンヌ/マーティン・バンス(arr. S・ブロディ)【3:10】
    Marianne/Martin Bunce(arr. S. Brodie)
  6. ティコティコ/ゼキーニャ・デ・アブレウ(arr. ジョン・アイヴスン)【4:18】
    Tico Tico/Zequinha de Abreu(arr. John Iveson)
  7. ドント・イット・メイク・マイ・ブラウン・アイズ・ブルー
    /リチャード・レイ(arr. ダーロル・バリー)【3:38】
    Don’t It Make Your Brown Eyes Blue/Richard Leigh(arr. Darrol Barry)
  8. シャリヴァリ/ジョン・アイヴスン【7:06】
    Charivari/John Iveson
  9. ヴァーチュオシティ/ケニー・ベイカー【4:07】
    Virtuosity/Kenney Baker
  10. サンシャイン・オブ・ユア・スマイル
    /(arr. ジェームズ・オード=ヒューム)【3:24】
    Sunshine of Your Smile/(arr. James Ord Hume)
  11. ミスティ/エロール・ガーナー(arr. ダーロル・バリー)【3:23】
    Misty/Errol Garner(arr. Darrol Barry)
  12. わが愛は、赤い赤いバラのように/伝承曲(arr. ゴードン・ラングフォード)【4:16】
    My Love Is Like A Red, Red Rose/Traditional(arr. Gordon Langford)
  13. 追憶/マーヴィン・ハムリッシュ(arr. ジョン・ゴーランド)【4:25】
    The Way We Were/Marvin Hamlish(arr. John Golland)
  14. ラブ・オン・ザ・ロックス
    /ニール・ダイアモンド(arr. フィリップ・スパーク)【3:16】
    Love On The Rocks/Neil Diamond(arr. Philip Sparke)
  15. ソリテアー/ニール・セダカ(arr. スティーヴン・コーベット)【4:01】
    Solitaire/Neil Sedaka (arr. Stephen Corbett)
  16. ピープル/スタンリー・ブラック(arr. アラン・キャザーロール)【4:07】
    People/Stanley Black(arr. Alan Catherall)

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-4609/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください