■東京現音計画#13~プロデューサーズセレクション 1:国塩哲紀(12月18日)

プログラムの監修にあたって 国塩哲紀
今回の東京現音計画のプログラムは、“主に吹奏楽曲で知られる作曲家の室内楽曲”によるコンサートを作ってみたらどうなる?という、いたって素朴な発想から生まれました。ブライアントも、ドアティも、中橋も、フサも、もちろん“吹奏楽専門”の作曲家ではありませんが、吹奏楽ファンによく知られた名前。高難度の作品で知られる彼らが書いた独奏曲や室内楽曲も聴いてみませんか?というお誘いでもあります。後半は東京現音計画の独特な編成を活かして、ミニマルミュージックの達人2人の作品でさらにエンターテイニングに。テリー・ライリーのおおらかさと、孤高の作曲家・平石博一(素晴らしい吹奏楽曲も書いている)の精密な美しさは耳の喜びであり、聴いているうちに、音楽にカテゴライズなど不要だと思えてくるに違いありません。そしてそれこそが、このプログラムのいたって素朴な願いなのです。

日時 : 2019年12月18日(水) 開場 18:30 、開演 19:00
会場 : ヤマハ銀座スタジオ
交通手段 : 東京メトロ銀座線/丸ノ内線/日比谷線「銀座」駅A3出口より徒歩4分JR線・都営地下鉄浅草線・東京メトロ銀座線「新橋」駅より徒歩7分都営地下鉄浅草線・東京メトロ日比谷線「東銀座」駅より徒歩7分
料金 : 全席自由 前売一般3000円、前売大学生・専門学校生1000円、当日3500円(税込) 高校生以下無料(要予約。問い合わせ先のメールアドレス宛にお申し込みください)
曲目 :
スティーヴン・ブライアント《Hummingbrrd》バリトンサクソフォンとエレクトロニクスのための(2015)
マイケル・ドアティ《ウォーク・ザ・ウォーク》バリトンサクソフォンとパーカッションのための(2005)
中橋愛生《内なる歌》無伴奏C管コントラバス・チューバのための(2012)
カレル・フサ《ピアノソナタ第2番》(1975)
テリー・ライリー《トレッド・オン・ザ・トレイル》 東京現音計画版(1965/2017)
平石博一《パラレル・ミュージック》サクソフォン、チューバ、ヴィブラフォン、ピアノ、エレクトロニクスのための(2019委嘱初演)
問合せ :

担当者ナヤ・コレクティブ
TEL050-5532-5022
E-Mailnayac@mc.point.ne.jp
HomePagehttp://tokyogenonproject.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください