Q:mpからpppになっていく際にイマイチクリアにできないので、どうすればよろしいでしょうか? (房友)

A:前回、ダイナミックは音量だけで考えないようにしてほしいとお話しさせて頂きましたのでこの点はよろしくお願いします。

さて、文面からはメロディーや和声、フレーズの進行などがわからないのですが、各楽器奏者の演奏テクニックでmpからpppの音にしていくことは大切です。その上にバンド全体の音楽的バランスの観点からのデ クレッシェンドとしてお話しします。

デ クレッシェンドした時、バンド全体が萎んだ感じになる。メロディーがすぐに聞こえ(いなく)なる。止まっているように聞こえしまう。バラバラな感じに聞こえしまう。などの経験をしたことがあるかと思います。

そこで、先ずメロディー(ライン)が最後までしっかり聞こえるようにするように工夫してみてください。そのために音量の大きな楽器やインパクトのある音色楽器の順番でデ クレッシェンドのスタートタイミングをずらしてmp→p(pp)にしてみてください。例えば、デ クレッシェンドのスタート順番を打楽器→金管伴奏系→金管メロディー→木管伴奏系→木管メロディーする。など試してみてください。

音楽が生き生きしているように低音がバンドの響きを豊かに保てるように支えてあげてください。

回答:五十嵐 清

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください