■アンタルクティカ(演奏:ヨハン・ヴィレム・フジョー・カペル)

1992年と1993年に、フリースラントのアッセンにあるヨハン・ヴィレム・フジョー・カペルの合奏場で収録されたコンサート・アルバムで、ひじょうに聴きごたえがある!

CDを制作したバンド・ミュージック・センターが、その後、発展的に解消したので、再プレスは2度とない。

オープニングを飾る『アンタルクティカ』は、日本でも「ロード・タラモア(タラモア卿)」や「フラットヘッド湖の伝説」で注目を集めたカール・ヴィトロックの作品!

ヤン・ボスヴェルトがトランスクライブしたグノーの『操り人形の葬送行進曲』やモーツァルトの『後宮からの誘拐』序曲、ドビュシーの『プレリュード集第1集第8曲“亜麻色の髪の乙女”』、タイユフェールの組曲『ブルレスク』、グラナドスの『スペイン舞曲集第2番“オリエンタル”』など、クラシックの名曲で聴かせるパフォーマンスは、このバンドの音楽性の質の高さを証明している。

■アンタルクティカ
演奏:ヨハン・ヴィレム・フジョー・カペル

Antractica
De Johan Willem Friso Kapel
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-3934/

【データ】

・演奏:ヨハン・ヴィレム・フジョー・カペル(De Johan Willem Friso Kapel)
・指揮:ヘルト・ヤンセン(Gert Jansen)
・録音:1992年、1993年、De Johan Willem Friso Kapel、Assen、Netherlands
・発売元:バンド・ミュージック・センター (Band Music Centre)
・発売年:1993年

【収録曲】

  1. アンタルクティカ(南極大陸)/カール・ヴィトロック 【8:06】
    Antarctica/Carl Wittrock
  2. 操り人形の葬送行進曲/シャルル・グノー(arr. ヤン・ボスヴェルト)【4:32】
    Funeral March of Marionette/Charles Gounod(arr. Jan Bosveld)
  3. 歌劇「後宮からの誘拐」序曲/ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(arr. ヤン・ボスヴェルト)【5:55】
    Ouverture “Die Entfuhrung aus dem Serail”/W.A. Mozart(arr. Jan Bosveld)
  4. プレリュード集第1集第8曲“亜麻色の髪の乙女”/クロード・ドビュッシー(arr. ヤン・ボスヴェルト)【2:42】
    Prelude No.8/Claude Debussy(arr. Jan Bosveld)
  5. 一楽章の協奏曲/アレクサンドル・レベデフ(arr. ヤン・ボスヴェルト)【7:10】
    Concerto in One Movement/A.lexandr Lebedev(arr. Jan Bosveld)
    バス・トロンボーン(Bass Trombobe):ペーター・ヴァンクリンク(Peter van Klink)
  6. 組曲「ブルレスク」 /ジェルメーヌ・タイユフェール(arr. ヤン・ボスヴェルト)【7:19】
    Suite Burlesque/Germaine Tailleferre(arr. Jan Bosveld)
    I) ドレンテ Dolente
    II)ピンパンテ Pimpante
    III)メランコリック Melancolique
    IV)バルカロール Barcarolle
    V)フリンガント Fringante
    VI)ボンディスサント Bondissante
  7. テーマ/ハリー・ヤンセン 【6:35】
    Thema/Harrie Jansen
  8. スペイン舞曲集第2番“オリエンタル”/エンリケ・グラナドス(arr. ヤン・ボスヴェルト)【6:23】
    Spanish Dance No.2 “Oriental”/Enrique Granados(arr. Jan Bosveld)
  9. コラール(BWV.705)/ヨハン・セバスティアン・バッハ(arr. ヤン・ボスヴェルト)【3:24】
    Choral BWV 705/Johan Sebastian Bach(arr. Jan Bosveld)
  10. ヘルマン・ヴァンヴェーン・セレクション/(arr. ヤン・ボスヴェルト)【3:24】
    Herman van Veen Selection/(arr. Jan Bosveld)
  11. オン・ザ・ダブル/ヤン・ヴァッセルス【7:04】
    On the Double/Jan Wassels

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-3934/

【ヨハン・ヴィレム・フジョー・カペル】
1819年創設のオランダ最古のミリタリー・バンド。フリースラントのアッセンを本拠とする。バンド名はオランダ語ではなく、フリースラント語発音なので、日本人には読みづらい。オランダで、唯一“Koninklijke(オランダ王国の)”という冠詞を名称に持たないミリタリー・バンドだが、これにもフリースラント由来のバンドである誇りが込められている。第2次世界大戦ですべての楽譜と楽器をドイツ軍に持ち去られ、戦後、楽器編成をアメリカ式に改めた。2005年1月1日、オランダのミリタリー・バンドの組織改革により、王宮のあるデン=ハーフを本拠とする“オランダ王国陸軍バンド(Koninklijke Militaire Kapel/略称:KMK)”と統合され、バンド名を“オランダ王国陸軍バンド‘ヨハン・ヴィレム・フジョー’(Koninklijke Militaire Kapel‘Johan Willem Friso’)”と改めた。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください