■ブリティッシュ・ミュージック・フォー・コンサート・バンド(演奏:ロイヤル・エア・フォース・セントラル・バンド)

ホルスト、ヴォーン=ウィリアムズ、グレインジャーが吹奏楽のために書いた名作を、イギリス屈指のウィンドオーケストラとして知られるロイヤル・エア・フォース・セントラル・バンドの演奏で愉しめるゴキゲンなアルバム!!

オリジナル音源は、1984年と1985年に、素晴らしい音響で鳴るウォトフォード・タウン・ホールで、元EMIの敏腕プロデューサー、ブライアン・カルヴァーハウスによって録音・制作された。当初はEMIのHis Master’s Voiceレーベルから2枚のLPレコードとして発売。世界的大ヒットとなった。

レジスからリリースされたこのアルバムは、2010年、ポール・アーデン=テイラーによるリマスター盤。デジタル技術の進歩により、オリジナル当時より、豊かなサウンドが楽しめる。

指揮は、1988年初来日時の音楽総監督エリック・バンクス!

ホルストの組曲『第1番』『第2番』、ヴォーン=ウィリアムズの『イギリス民謡組曲』、グレインジャーの『リンカーンシャーの花束』など、ほんもののイギリス・サウンドで愉しめる!!

■ブリティッシュ・ミュージック・フォー・コンサート・バンド
演奏:ロイヤル・エア・フォース・セントラル・バンド

https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-3339/

【データ】
・演奏団体:ロイヤル・エア・フォース・セントラル・バンド (The Central Band of the Royal Air Force)
・指揮者:エリック・バンクス(Wing Commander Eric Banks)
・録音:1984年4月13日 & 1985年12月11日 、Watford Town Hall(U.K.)
・発売元:レジス (Regis Records)
・発売年:2010年

【収録曲】

  1. 吹奏楽のための組曲第1番変ホ長調作品28a/グスターヴ・ホルスト【10:10】
    Suite for Military Band No.1 in E flat major, Op. 28 no 1/Gustav Holst
    I) シャコンヌ Chaconne 【4:03】
    II)インテルメッツォ Intermezzo 【2:56】
    III)マーチ March 【3:11】
  2. 吹奏楽のための組曲第2番へ長調作品28b/グスターヴ・ホルスト 【11:42】
    Suite for Military Band No.2 in F major, Op. 28 no 2/Gustav Holst
    I) マーチ March 【4:45】
    II)無言歌 Song Without Words 【2:47】
    III)鍛冶屋の歌 The Song of the Blacksmith 【1:11】
    IV)ダーガソンによる幻想曲 Fantasia on the “Dargason” 【3:39】
  3. イギリス民謡組曲/レイフ・ヴォーン=ウィリアムズ【11:25】
    English Folk Song Suite/Ralph Vaughan Williams
    I) マーチ「日曜には17歳」 March. Seventeen Come Sunday 【3:19】
    II)インテルメッツォ「マイ・ボニー・ボーイ」 Intermezzo. My Bonny Boy 【4:20】
    III)マーチ「サマーセットの民謡」 March. Folk Songs from Somerset 【3:46】
  4. 海の歌/レイフ・ヴォーン=ウィリアムズ 【3:45】
    Sea Songs/Ralph Vaughan Williams
  5. リンカーンシャーの花束/パーシー・オルドリッチ・グレインジャー【16:15】
    Lincolnshire Posy/Percy Aldridge Grainger
    I) リスボン(船乗りの歌) Lisbon (Sailor’s Song) 【1:28】
    II)ホークストウ農場  Horkstow Grange 【3:08】
    III)ラフォード公園の密猟者(密猟歌)  Rufford Park Poachers (Poaching Song) 【4:51】
    IV)元気な若い水夫  The Brisk Young Sailor 【1:40】
    V)メルボルン卿(戦いの歌)  Lord Melbourne (War Song) 【3:26】
    VI)行方不明のお嬢さんが見つかった(踊りの歌) The Lost Lady Found (Dance Song) 【2:22】
  6. 海辺のモーリー/パーシー・オルドリッチ・グレインジャー 【3:44】
    Molly on the Shore/Percy Aldridge Grainger
  7. デリー地方のアイルランド民謡/パーシー・オルドリッチ・グレインジャー 【4:09】
    Irish Tune from County Derry/Percy Aldridge Grainger
  8. 子供たちのマーチ“丘を超え彼方へ”/パーシー・オルドリッチ・グレインジャー 【6:50】
    Children’s March “Over the hills and far away”/Percy Aldridge Grainger
  9. カントリー・ガーデンズ/パーシー・オルドリッチ・グレインジャー 【2:02】
    Country Gardens/Percy Aldridge Grainger

【このCDをBPショップでチェックする】
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/cd-3339/

【ロイヤル・エア・フォース・セントラル・バンド】
1920年に創設されたロイヤル・エア・フォース(イギリス空軍)ミュージック・サーヴィシーズの中核をなす英国屈指の実力バンド。プレイヤーは厳正なオーディションをへて採用され、ホルンのデニス・ブレイン、トランペットのエルガー・ハワース、ピアノのデニス・マシューズ、グリラー弦楽四重奏団など、大物OBも数多い。1988年の来日公演では、フィリップ・スパークの「ドラゴンの年」(WB版)を日本で初めて演奏するなど、各地ですさまじい“RAF旋風”を巻き起こした。ドイツとの「バトル・オブ・ブリテン」(1940)を戦い抜いた地下司令部のあるロンドン郊外のアックスブリッジに練習スタジオと音楽学校をもっていたが、2010年3月末の閉鎖に伴い、よりロンドン中心部に近いノーソルトに移動した。1988年の来日は、空前の大成功を収めた。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください