Q:メトロノームを一切使わない合奏って大丈夫?

Q:私たちの高校では、顧問の先生
がメトロノームを使わずに合奏を行っています。
そのため、合奏で誰かが走ると、
指揮もそれにより段々と早くなっていき、
テンポが安定しません。

先生は、

「音楽はテンポが一定しないのが当たり前だ」

と言って、

メトロノームを使う様に頼んでも
聞き入れてもらえません。

メトロノームを一切使わない合奏は、
正しいのでしょうか?

また、テンポを安定させる
効果的な基礎練習などあれば教えて下さい。
(PN:トランペットのシュン)


A:先生にご指導頂ける学校は

恵まれているのではないでしょうか?

メトロノームは大勢いるメンバーのテンポを統一、
確認する大切な機器の一つです。

しかし、頼り切っていると、
自分たちから発散するテンポ感が生まれてきません。

受け身の消極的な音楽に陥ることがあります。

先生はそのことを
わかってもらいたいのではないでしょうか?

音楽は一定のテンポで行かなければならないマーチや
アゴーギグを使い歌っていく歌劇(歌曲)な
ど様々なものがあります。

練習の段階で上手にメトロノームを使っていくと、
合奏の効率が上がりますし、
曲想作りにも良い結果が生じると思います。

先生が合奏でメトロノームを使われないのであれば、
シュンさんはじめ奏者が個人、パート練習で
きちんとメトロノームを使いこなし、
統一感をもって合奏にのぞみ、
テンポが走らないようにしていきましょう。

テンポの認識の違いは個人差があり、
これは体内時計が関係するのかと思います。

一度、メンバー全員で目をつぶり、
合図ととも20秒間後に挙手をしてみてください。

たぶん、バラバラに手が上がってきますよ。

それをメトロノームを使い、
4分音符60のテンポで20カウント
つまり4/4で5小節目の頭(ワンフレーズ)をそろえる練習を
メトロノームありとなしで毎日少しだけ続けてください。

回答:五十嵐 清

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください