■田中久美子作曲のオペラ「扇の的」がブルガリア共和国で開催、大成功をおさめる!

「吹奏楽のための“虹”」や「青銅のイノシシ」などで知られる作曲家・田中久美子のオペラ「扇の的」が、2018年10月6日にブルガリア共和国スタラザゴラ国立歌劇場で開催され、大成功を収めた。このオペラはサンポートホール高松の開館10周年記念として2014年に作曲されたもの。海外での公演は、これが初めてとなる。

▲スタラザゴラ国立歌劇場公演の「パンフレット」
▲出演者の中には大阪芸大の卒業生たちも
▲公演が行われたスタラザゴラ国立歌劇場。左端が「扇の的」の巨大な幕
▲街中に「扇の的」のポスターが貼られていた

【関連記事】

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください