Q:ロングトーンの音の揺れをなおしたい

Q:私は、中学1年生で吹奏楽部に入っています。
アルトサックス(自分の)を吹いてます!
楽譜の読み方は分からないし音楽おんちでした。

でも、4月からずーっと夏休みもほとんど毎日やって、
上達してきました。

でも、最近ロングトーンをやると音がゆれるんです。
何拍やってもゆれてしまいます。
そのせいで一人で違う部屋でやらされて、
曲練ができないまま練習が終わってしまいます。

先輩にどうしたらいいのか聞いても
「知らない。自分でどうにかしろ」
と言われます。

改善方法が分からず、
長引くと「早くしろ。迷惑かかる!!」
と責められる一方です。

それで落ち込んでたら
「ヤル気あるの!?!」「態度悪い。」
など言ってくるし、

先生に相談しても
「(先輩は)そんなこと言うやつじゃない」
と言うし・・・。

どうしたら音はゆれないのでしょうか?

それと、肺活量の問題でもあると聞きました。
肺活量の付け方も教えてください!
お願いします!!(PN:My楽器)


A:My楽器(○○ちゃん?というニックネームがありますよね)と

一緒に毎日音楽をしているのですね。
買って頂いた保護者の方に感謝して大切に使ってくださいね。

上達してきたこと、すごいし、うれしいですね。

ロングトーンで音の揺れがあるとのこと。
原因として次のことが考えられます。

1. 楽器とマウスピースとリードとリガチャーのセッティングの不具合

 【対処法】大切なのはリガチャーをきつく締め付けない。

2. 楽器の構え方

 【対処法】ストラップを調節して楽器マウスピースを自分の口に持っていく。

3. 息の吸い方、出し方などコントロールの問題

 【対処法】大きくゆっくり沢山息を吸って、そのまま少し保ち、その後ゆっくりはき出す。
この時、のど、唇、指をはじめ身体に過度の力を入れない。
音を出して、良いと思った音、納得できた音が出たときに、
構え、アンブシュッアをそのまま(要はマウスピースをくわえたまま)にして、
鼻から呼吸をして、良い状態を維持して何回の音を出す。
感覚が身についたら、口からの正常な呼吸に戻し、何回もロングトーンをする。

絶対音揺れは克服できます!
今はただ一所懸命に練習することだけです。
トンネルは出口があります!

回答:五十嵐 清

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください