■墓の魚(スペイン魔女のオーケストラ) ミサ・コペポーダ ~油虫(ラ・クカラチャ)と 棺桶のタンゴ(11月18日)

古楽器、フラメンコ楽器、弦楽オケの伴奏で、道化師やオペラ歌手達が歌う作曲家・黒実音子のスペインを舞台にした墓と魔女の音楽。
まるで古典世界のようなラテンの諧謔をぜひお楽しみ下さい。

日時 : 2018年11月18日(日) 開場 18:15 、開演 18:30
会場 : 原宿アコスタディオ
交通手段 : 原宿駅よりすぐ
料金 : 前売3000円 当日3500円
曲目 :
オリジナル曲「冷たい血が心臓の周囲で反抗していた」
オリジナル曲「腐敗した魚のタンゴ」
オリジナル曲「ワインとヒキガエルのファド」
オリジナル曲「タンゴ組曲」
ピアソラ「狂人へのバラード」

問合せ :

担当者 http://site-1295095-2445-4622.strikingly.com/
E-Mail pezdetumba@yahoo.co.jp
HomePage http://site-1295095-2445-4622.strikingly.com/

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください