Q:安定した音が出せない

Q:私は今、学校の吹奏楽部でテナー・サックスをしています。3年間もしているのに最近よく唇がふるえるんです。そのせいで音が安定しません。どういった練習をすればいいですか?教えてください。(中3のためこ)


A:中学時代をテナー・サックスと一緒に過しているのですね。

楽器の奏法は奥深いので、これから「上手くなる→悩む」を繰り返していってサックスの魅力に取りつかれていくことでしょう。

 さて、音が安定しないことが今の悩みのようですね。
まず、管楽器は息を使って音を出す為、息のコントロールがスムーズにできる事が大切です。

「空気」を充分と吸い「息」に変換したのち、意思のある安定した「息」を楽器の吹き込めるような姿勢と呼吸方法が必要となります。

 次に、アンブシュアーのチェックをしてください。

・マウスピースとネック(マウスピースを付けた状態で、ネックの
コルクが3/4程度隠れる)で、
実音Eの音が出ていることをチェックしてください。

・マウスピースをくわえる位置は、マウスピースとリードを横から見て、両者が離れる点より下唇を深く入らないように注意して下さい。

・口の形は「/イ/」と「/エ/」を同時に発音した状態にして下さい。

・下唇を下歯に少し巻き、口にマウスピースを置く感覚で挿入し、上歯でマウスピースを固定し、頬っぺたの状態を保持して、口の形だけを「/ウ/」に変換し、唇全体を中心に向けるニュアンスで少し締めてください。(噛むニュアンスではありません)

そして、演奏姿勢をチェックして下さい。

・足を肩幅に広げ、リラックスして起立した状態をつくってください。

・マウスピースが自然に口の高さになるように、ストラップを調整して首が曲がらないよう、アンブシュアーチェック得たマウスピースの角度になるようにします。さらに、右手親指に極端に重みが掛からないようにストラップを調節してください。

・左手の親指は、オクターブキーを常に触れているようにしてください。

・左右どちらの手も、普段演奏に必要のないサイドキーに触れないよう丸みをもってセットしましょう。

 これで準備完了です。
後は、ロングトーンで色々な音域の音を吹奏してください。

きっと安定した美しい音色が奏でられますよ。

回答:五十嵐 清

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください