【コラム】富樫鉄火のグル新 第212回 朝コンのライブビューイング

作家の池澤夏樹氏が、新刊『メトロポリタン歌劇場』(C・アフロン他著、みすず書房)の書評で、こんなことを書いていた。

「実を言うと、METに行ったことがない(だいたいニューヨークに行ったことがないのだ)。しかし、昨シーズンのMETの演目はぜんぶ見ている」(毎日新聞、10月28日付「今週の本棚」)

いうまでもなく池澤氏は、「METライブビューイング」で観ているのだ。わたしもよく行く。ニューヨーク現地のMETにも何度か行ったが、あまりに巨大で、いつも「遠くで何かやっていたなあ……」で帰ってくる。だが、ライブビューイング(LV)だと、隅々まで楽しめて字幕もあり、幕間の裏方事情も覗ける。その後、英ロイヤル・オペラ、パリ・オペラ座、英ナショナル・シアターなども続々とLVに進出している。

その波が、ついに日本にも伝播したか。

全日本合唱コンクール全国大会(全日本合唱連盟と朝日新聞社の共催。通称「朝コン」)が、中学・高校の部のみだが、昨年から、LVによる同時中継を開始した。

の続きを読む>>>>>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください