■ユナイテッド・ブラスウィンズ“ステップ”が第9回定期を開催!なんと、グレイアム『巨人の肩にのって』に、ライ二キー『交響曲第1番 ニュー・デイ・ライジング』だ!(12月9日)

2009年、福岡・直方の地に、プロ+アマ・ミックスコラボ・ウィンドオーケストラとして「ユナイテッド・ブラスウィンズ“ステップ”」が誕生して、早や9年!!

その“ステップ”が、12/9(日)“ユメニティのおがた”大ホールで、第9回定期演奏会を開催する!

楽団名“ステップ”は、音楽監督鈴木徹平のファミリーネームの“S”に、彼のアメリカでのニックネーム“TEP”を組み合わせたネーミングで、そこには、“一歩ずつ前向きにステップアップする”という情熱とエネルギーが込められている。

アメリカ仕込みのプログラミングも他者の追随を許さず、ここまで、およそ東京でも聴けないようなアグレッシブなレパートリーを積み上げ、その存在感を確実なものにしてきた!

今回のプロも、ネイト・キンボールの『ゼニスの飛行』に始まり、シアトル交響楽団首席トロンボーン奏者、山本浩一郎をソロイストに招いたジョン・マッキーの『ハーベスト』、鈴木徹平が惚れ込むピーター・グレイアムの『巨人の肩にのって』とつづく第1部。スティーブン・ライ二キーの交響曲第1番『ニュー・デイ・ライジング』にとりこんだ第2部という、とてもスマートなもの。

今回も、九州管楽合奏団や九州シティ・フィルハーモニー室内合奏団、長崎OMURA室内合奏団、TADウインドシンフォニー、シエナ・ウインド・オーケストラなどから、多くのプロ奏者が参集した!

直方に“STEP”あり!

九州の音楽シーンにアンビシャスな風を吹き込むそのコンサートは、間もなく開演する!!

■United BrassWinds “STEP”第9回定期演奏会

【日時】2018年12月9日(日) 【開場】13:30 / 【開演】14:00
【会場】ユメニティのおがた 大ホール (JR「直方」駅下車3分)
【指揮】鈴木徹平
【演奏】United BrassWinds “STEP”
【トロンボーン独奏】山本浩一郎(シアトル交響楽団首席奏者)
【料金】一般:2,500円 / 学生:1,500円

【曲目】

<<第1部>>
○ゼニスの飛行(ネイト・キンボール)
○ハーベスト(ジョン・マッキー)
○巨人の肩にのって(ピーター・グレイアム)

<<第2部>>
○交響曲第1番「ニュー・デイ・ライジング」(スティーブン・ライ二キー)

【問い合わせ】0155-66-9318(STEP MUSIC COMPANY事務局)

【United BrassWinds “STEP”フェイスブック】www.facebook.com/ubstep

【United BrassWinds “STEP”ホームページ】http://ubw-step.com

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください