【コラム】富樫鉄火のグル新 第210回 ハンガリーの国民詩人

今年は、ハンガリーが、ハプスブルク家の支配(オーストリア=ハンガリー二重帝国)から独立してから100年目にあたる。

ハンガリーの作曲家といえば、古くはリスト、レハール、ドップラー、そしてコダーイ、バルトーク、さらには本コラムでも最近とりあげたリゲティなど、個性的なひとびとがそろっている。吹奏楽の世界では、レハール《メリー・ウィドウ》、バルトーク《中国の不思議な役人》、コダーイ《ハンガリー民謡「くじゃくは舞い下りた」による変奏曲》の3曲が特に有名だ。

この続きを読む>>>>>

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください