Q:音揺れや音色、音程が改善できる練習方法はありますか?

Q:中学校からホルンを始めた中学2年生です。1年生の頃から音程が悪かったのですが最近伸ばしたときの音の揺れが目立ちます。曲中の伸ばしでも揺れてしまいます。音色も悪くガサガサした音しか出ません。部活では腹式呼吸の練習とロングトーン、リップスラーは毎日行っています。やはりアンブシュアが悪いのでしょうか。2年生になり先輩という立場として少しでも上手に吹きたいです!音揺れや音色、音程が改善できる練習方法などがあれば教えてください。よろしくお願いします!(しゃもこ)


こんにちは、しゃもこさん。
パートナーのホルン(ニックネームはあるのかな?)ちゃんと楽しく演奏をしているようですね!中学生活も後半になって先輩としての責任もしっかり持っていて頼もしいです。

悩みは、

1.長く伸ばしす音符の時に音がゆれてしまう。
2.ガサガサした音に聞こえる。
3.音程が悪い。

ということですが、自分自身で理想、目標の音のイメージをしっかり持っているからこそ、それとのギャップが気になっているので、必ずイメージに合う音が出せるようになります。

練習方法は現在やっているデイリートレーニング「腹式呼吸」「ロングトーン」「リップスラー」で大丈夫ですのでそのまま続けてください。そして次の改善方法を取り入れながら練習してみてください。

1.フォームについて

口(唇)と楽器(マウスピース)とのマッチングの不安定(感)をなくす。
(1)楽器を胸下あたりに両手で持つ。
(2)背筋を程よく伸ばし、頭を背骨に乗せ身体を骨盤で支えるイメージにする。
(3)楽器(マウスピース)を口の高さに持っていき、腰を回さずに、左右の手を上下左右にスライドさせる。
(4)その中で身体に力を入れずに一番フィット感があるところを見つける。
(5)イメージ的に左手の位置が鼻の下あたりの延長上になる。
フォームがしっかりすると、音の揺れやカスレ、ガサガサがなくなります。

2.呼吸について

普段生活している以上に意識した「吸う」「吐く」を会得することが、管楽器の呼吸法です。
(1)ストローをくわえて「吸う」のイメージをつくる。
息が身体のどのあたりまで入っているか?鳩尾の奥の方に到達している感じになります。
そこを「吸う」ポイントとして、常にその位置を意識できるとうに、下半身で支えます。
(2)歌声を出すイメージで、息を連続して送り出す。

3.音程について

スケール、クロマチックの練習
(1)スケール、クロマチックを用いて、音と音の高さの感覚(音程)を、チューナーでガイドを定めて、自分の特徴をチェックしながら、身体にしみこませる。

この時、頭の中で歌うこと、そして楽器から出た音をしっかり聞くことを忘れずに!

家や学校の階段は、何気なく無意識に昇降できます。(たまに転んで痛い思いもしますが…。)

れは身体が階段の幅や高さに慣れ、覚えていてしみついているからです。

(2)音階の音程感イメージをピアノの鍵盤のように隣り合った音の幅が均等ではなく、マリンバのように高音域では幅が狭く長さも短い。低音域になると幅が広く、長さも長くなっている。

この形状の鍵盤を振動させるような、各音域での息の量や長さをイメージして、音の推移をスムーズにできるように練習する。

必ず上手く吹くことができます!頑張ってください。

回答:五十嵐 清

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください