■【ノルマンディー上陸60周年記念】アイリッシュ・ガーズ~D-デイ・ランディング/D-Day Landings – 60th Anniversary Commemorative/The Band of the Irish Guards

国民的な記念日があると、必ずといっていいほどCDが発売されるイギリスの近衛兵軍楽隊!

これは、第2次世界大戦中、それまでドイツに押されっぱなしだったヨーロッパ戦線で、大陸反抗の起点となった“ノルマンディー上陸作戦”60周年を記念してリリースされたアイリッシュ・ガーズ・バンドの理屈抜きに愉しいアルバムだ!

それもそのはず、なんと収録曲のほとんどが、映画、映画、映画のオン・パレード!!

『史上最大の作戦』『生き残った二人』『633爆撃隊』『バトル・オブ・ブリテン(空軍大戦略)」『荒鷲の要塞』『ナバロンの要塞』『大脱走』『殴り込み戦闘機隊』『ケイン号の叛乱』『大脱走 コルディッツ収容所』『遠すぎた橋』といったスクリーンやテレビでおなじみのテーマがつぎからつぎへと登場する!

作曲家陣は、大御所ロン・グッドウィンを始め、ジョン・アディスン、エルマー・バーンスタイン、リチャード・ハーヴェイ、ポール・アンカなど、世界のヒット・メイカーがズラリ!!

作戦決行日「D-デイ」を拝借した表向きタイトルはさておき、実はスクリーン特集だったりする。

録音は、すばらしい響きで知られるロンドンのヘンリー・ウッド・ホール。

残る4つの近衛軍楽隊のグレナディア・ガーズ、コールドストリーム・ガーズ、スコッツ・ガーズ、ウェルシュ・ガーズの各バンドのプレイヤーの賛助を得て厚みのあるゴージャスな編成となったアイリッシュ・ガーズ・バンドの演奏も実に清々しい!

マーチ好きには、大地を踏みしめるようなブリティッシュ・スタイルの演奏のスーザ『海を越える握手』、オルフォード『ホーギー大佐』が、なんともうれしい!

【他のアイリッシュ・ガーズ・バンドのCDをチェックする】

【アイリッシュ・ガーズ・バンド】
ロンドン、バッキンガム宮殿の衛兵交代の演奏でもおなじみの5つある近衛兵(歩兵)軍楽隊のひとつで、1900年に作られた。グレート・ブリテン&北アイルランド連合王国を構成する北アイルランドの近衛連隊、アイリッシュ・ガーズ(近衛アイルランド連隊)に所属する。SPやLPの時代から数多くのレコード、CDをリリースし、とくに1966年にリリースされた“マーチング・ウィズ・ザ・ビートルズ”(英Columbia/EMI)は、英国のミリタリー・バンド・レコード史上、空前のヒット作として世界中でリリースされた。1972年に初来日し、ツアーは大成功を収めた。全盛期の定員は65名だったが、20世紀終盤に、他のガーズ・バンド同様、音楽監督1名、奏者49名の定員50名に改められた。

・演奏団体
アイリッシュ・ガーズ・バンド (The Band of the Irish Guards)
賛助:グレナディア、コールドストリーム、スコッツ、ウェルシュの各ガーズ・バンドのプレイヤー
(Together with Musisians from The Grenadier, Coldstream, Scots and Welsh Guards Bands)

・指揮者:アンドルー・R・チャットバーン (Lt.-Col. Andrew R. Chatburn)

・録音:Henry Wood Hall (London)
・発売元:クリムゾン (Crimson)
・発売年:2004年

  1. パスファインダーズ・マーチ/マルコム・ロッキャー 【4:51】
    The Pathfinders March/Malcolm Lockyer

  2. 史上最大の作戦マーチ/ポール・アンカ【3:33】
    The Longest Day/Paul Anka

  3. コックルシェル・ヒーロー(生き残った二人)/F・ヴィヴィアン・ダン 【4:21】
    The Cockleshell Heroes/F. Vivian Dunn

  4. 633爆撃隊/ロン・グッドウィン 【2:59】
    633 Squadron/Ron Goodwin

5.「バトル・オブ・ブリテン(空軍大戦略)」から“ドイツ空軍マーチ”/ロン・グッドウィン 【3:58】
Aces High (Luftwaffe March)/Ron Goodwin

  1. 荒鷲の要塞/ロン・グッドウィン 【3:22】
    Where Eagles Dare/Ron Goodwin

  2. バトル・オブ・ブリテン/ロン・グッドウィン 【2:28】
    The Battle Of Britain/Ron Goodwin

  3. ホーギー大佐(「戦場に架ける橋」)/ケネス・J・オルフォード 【3:49】
    Colonel Bogey (Featured In Bridge Over The River Kwai) /Kenneth J. Alford

  4. ナバロンの要塞/ロン・グッドウィン 【3:09】
    The Guns of Navarone/Ron Goodwin

  5. 大脱走/エルマー・バーンスタイン 【3:47】
    The Great Escape/Elmer Bernstein

  6. ダムバスターズ・マーチ/エリック・コーツ 【3:59】
    The Dambusters/Eric Coates

  7. リーチ・フォー・ザ・スカイ(殴り込み戦闘機隊)/ジョン・アディスン 【3:57】
    Reach for the Sky/John Addison

  8. ケイン号の叛乱/マックス・スタイナー 【2:57】
    The Caine Mutiny/Max Steiner

  9. 大脱走 コルディッツ収容所/リチャード・ハーヴェイ 【4:06】
    Colditz/Richard Harvey

  10. 遠すぎた橋/ジョン・アディスン 【2:03】
    A Bridge Too Far/John Addison

  11. 海を越える握手/ジョン・フィリップ・スーザ 【3:01】
    Hands Across the Sea/John Philip Sousa

≪2014年7月新入荷≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください