■「BPラジオ 吹奏楽の世界へようこそ」9月の放送予定

毎週(土)23時 FMカオン(厚木・海老名)
http://www.fmkaon.com/

毎週(日)正午 調布FM
http://www.chofu-fm.com/

もちろん、どちらもネット経由で、全国どこででも聴けます!

【第105回】生誕120年! ガーシュウィン・アップ・ザ・ウインド!
<FMカオン>9/1(土)23時、9/15(土)23時
<調布FM>9/2(日)正午、9/16(日祝)正午

【第106回】70mm上映決定! 『2001年宇宙の旅』音楽の秘密
<FMカオン>9/8(土)23時、9/22(土)23時
<調布FM>9/9(日)正午、9/23(日祝)正午

【スペシャル】ノンストップ・ウインド・ミュージック
<FMカオン>9/29(土)23時
<調布FM>9/30(日)正午
ご案内:富樫鉄火(昭和の香り漂う音楽ライター)

【BPラジオの視聴方法】

【第105回】生誕120年! ガーシュウィン・アップ・ザ・ウインド!

<FMカオン>9/1(土)23時、9/15(土)23時
<調布FM>9/2(日)正午、9/16(日祝)正午

今年は、ジョージ・ガーシュウィン生誕120年です。ポピュラーやジャズとクラシックを融合させた「シンフォニック・ジャズ」の創始者として有名ですが、その多くは吹奏楽でも大人気です。彼の音楽の魅力に、吹奏楽から迫ります。

【1】 ストライク・アップ・ザ・バンド ガーシュウィン作曲/小山恭弘編曲
岩井直博指揮、東京佼成ウインドオーケストラ(約4分半)

【2】 キューバ序曲<前半部> ガーシュウィン作曲/マーク・ロジャース編曲
ユージン・コーポロン指揮、昭和ウィンド・シンフォニー(抜粋約6分)

【3】 誰かが私を見つめている ガーシュウィン作曲/岩井直溥編曲
岩井直溥指揮、秋田吹奏楽団(約5分)

【4】 ポーギーとベス ガーシュウィン作曲/ジェームズ・バーンズ編曲
加養浩幸指揮、航空自衛隊西部航空音楽隊(約8分半)

【5】 キャッツ・テイルズ~~Ⅳキャットナップ ピーター・グレイアム作曲
秋山和慶指揮、大阪市音楽団(約2分半)
※歌劇『ポーギーとベス』~<サマータイム>へのオマージュ曲。

【6】 パリのアメリカ人 ガーシュウィン作曲/保科 洋編曲
秋山和慶指揮、大阪市音楽団(約19分)

【第106回】70mm上映決定! 『2001年宇宙の旅』音楽の秘密

<FMカオン>9/8(土)23時、9/22(土)23時
<調布FM>9/9(日)正午、9/23(日祝)正午

名作映画「2001年宇宙の旅」が、公開50周年を記念して、オリジナル通りの70㎜でニュープリント版が製作され、10月、東京・京橋の国立映画アーカイブで上映されます(現在、日本で、70㎜フィルムを上映できる劇場は、ここのみ)。吹奏楽の観点も入れながら、この映画の音楽の秘密を探ります。

【1】 メインタイトル(ツァラトウストラはかく語りき/リヒャルト・シュトラウス)
オリジナルサウンドトラック(1分43秒)

【2】 メインタイトル<削除版>
アレックス・ノース作曲(1分43秒)

【3】 月面ロケットバスのシーン(ルクス・エテルナ/リゲティ)
オリジナルサウンドトラック(約3分)

【4】 月面ロケットバスのシーン<削除版>
アレクッス・ノース作曲(約5分)

【5】 ルクス・エテルナ(後藤洋作曲)
ユージーン・コーポロン指揮、昭和ウインド・シンフォニー(約7分半)

【6】 序曲・ボーマン船長老化のシーン(アトモスフェール/リゲティ)
オリジナルサウンドトラック(約3分)

【7】 ボーマン船長老化のシーン<当初予定曲>
ヴォーン=ウィリアムズ作曲≪南極交響曲≫より
サー・エイドリアン・ボールト指揮、ロンドン・フィル(約3分半)

【8】 6つのバガテルより(リゲティ作曲)
ベルリンフィル木管五重奏団(約5分)

【9】 NSBミレニアム(真島俊夫作曲)
岩井直溥指揮、東京佼成ウインドオーケストラ(約6分)

【10】 宇宙ステーションのシーン・エンドタイトル(美しく青きドナウ/ヨハン・シュトラウス)
オリジナルサウンドトラック(約4分)

【スペシャル】ノンストップ・ウインド・ミュージック

<FMカオン>9/29(土)23時
<調布FM>9/30(日)正午

曲紹介もナレーションもなし! レア音源続出、まったくの覆面番組! 果たして何が流れるか? それは聴いてのお楽しみ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください