■ナイジェル・ヘス(Nigel Hess)

1953年7月22日、イングランドのウェストン・スパー・メアに生まれる。ケンブリッジ大学に音楽を学び、在学中、同大学の有名なフットライト・レビュー・カンパニーの音楽監督をつとめた。長年にわたりロイヤル・シェークスピア・カンパニーの座付き作曲家をつとめ、約20の演目の音楽を書いた。BBC放送を始め、英米のテレビや映画の世界で活躍し、受賞作も数多い。「イースト・コーストの風景」の大成功でウィンド・ミュージックの世界でも一躍人気作曲家となり、このジャンルでも「グローヴァル・ヴァリエーション」「スティーヴンスンのロケット号」「シェイクスピア・ピクチャーズ」などが人気を博している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください