■會田瑞樹ヴィブラフォンソロリサイタル2017 ~はじまりの場所で(10月26日)

會田がこれまでに初演してきた作品は日本の現代音楽シーンをそのまま象徴するような多様性に満ちている。大家から新鋭まで分け隔てなく常に紹介し続ける姿勢はこれまでの打楽器音楽の前例にはなかった行動として注目を集めている。此の度のリサイタルも、委嘱作曲家として戦中世代の作曲家として最高齢の旗手のひとりである間宮芳生氏、ドイツを拠点に活躍し続ける稲森安太己氏、音を視るコンセプトをかがけポップな毒性をはらむ女流山根明季子氏、堅実に一作一作を重ね独自の闇の表現に到達する清水一徹氏を迎えて、世代間の創作の姿勢の変遷、さらにヴィブラフォン音楽の多彩な魅力を伝える。同時に、自らが初演した作品の再演を徹底的に掘り下げる事を會田は常に意識している。今回も薮田翔一、湯浅譲二、権代敦彦各氏の再演を重ね、作品の深い魅力に激しく迫る。

日時 : 2017年10月26日(木) 開場 18:30 、開演 19:00
会場 : 杉並公会堂小ホール
交通手段 : JR荻窪駅より徒歩5分
料金 : ¥2000(学生¥1000)
曲目 :
間宮芳生:Music for Vibraphone and Marimba(委嘱新作)
清水一徹:カメラ・オブスクラ(委嘱新作)
山根明季子:グリッターパターン2(委嘱新作)
稲森安太己:花束(委嘱新作)
湯浅譲二:ヴァイブローカス
権代敦彦:光のヴァイブレーション
薮田翔一:Billow2
問合せ :

担当者 事務局
TEL 08060081297
E-Mail mizu.vibraphone@gmail.com
HomePage http://mizukiaita.tabigeinin.com

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください