Q:最近、私はピッコロになりました。うれしくて、うれしくてホント・・・。でも、最近先輩が引退してしまって、ピッコロは私1人なんです。前の先輩はすごく上手だったので、先輩に少しでも近づきたいのですが、イマひとつうまくなれません。基礎練習の仕方など、教えて下さい!

A:先輩に近づきたいという気持ち、とても大切です。目標の音が決まっているということですので、
その音を常にイメージして練習して下さい。

・フルートより柔軟な唇と小さなアパーチャーを作ることが大切です。
・トーンホールの中心とキイラインが一致するよう、楽器の組み立て方を再度チェックしてみて下さい。
・上唇がトーンホールに覆いかぶさらないようにしてみて下さい。
・息をきちんと支え、「少しずつ」連続して息をコントロールして、小さくまとめた唇(アンブシュア)から楽器に送り込んで下さい(一息にたくさん「ドバー」と入れないこと)。

ピッコロの練習だけでなく、フルートの基礎練習も常におこなって下さい。
フルートをpでしっかり吹く練習はメニューに入れて下さい。
あと「ソノリテ」の練習は絶対です。

回答:五十嵐 清

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください