Q:Tubaを吹いています。何かいいロングトーン練習の方法はありませんか?

Q:私はTubaを吹いている高校2年生です。
私達の学校では、3年生の先輩が引退して…1・2年生だけの活動がスタートしたところです。
冬は基礎を磨く大切な時期でもあり、ここで伸びるか伸びないかも決まってくると思います。でも、私達2年生が中心となって毎日のロングトーンのメニューも考えているんですが…何から始めたらいいのかいまいち分かりません。冬のうちに基礎をしっかり固めて、来年の夏にコンクールで上を目指したいです! 何かいいロングトーンの方法はありませんか?
それから、よく先生や先輩から「もっと周りの音を聴け」と言われてたんですが、周りの音を聴いていてもなかなか音程が合わない時がありました。『いい耳』をつくるには、やっぱり慣れしかないのでしょうか…???(A・I/学生)


A:しっかりと冬の時期の過し方を把握していて素晴らしいことです。

音作りのためにロングトーンをしていくのですが「個人」「パート」「合奏」という形態によりポイントがあります。

【個人」
全音域で音程をしっかり取れるようにする。(自分の楽器の音程の癖を把握すること)
アンブシュアを変えずに、真っ直ぐな息で、「音量、音程、音色」が一定になるように、1つ1つの音をしっかり鳴らし、響かせるようにする練習する。

【パート】
個人の要素に加え、音色の統一、音形の統一を徹底的に図る。

【合奏」
個人とパートの要素に加え、パート間のバランス、ブレンドをいろいろと試してみる。

個人のロングトーンの所でも書きましたが、音には「音量、音程、音色」の要素がありますので、この3つを聴くようにしてみて下さい。音程をあわせるには、まずしっかりと歌って見ることです。

目標の「音」はどういう音なのか?
今は誰の「音」に合わせようとしているか、常に明確にして練習をして下さい。
練習の時間数がとても重要な要素ですが、目的をハッキリさせていないと無駄になりかねません。
頑張って下さい。

回答:五十嵐 清

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください