Q:合奏のときなどにスネア・ドラムの8分音符に合わせて他の打楽器が4分音符をやったりするのですが、普段練習しているメトロノームに合わせてやるのではできるのに(ズレずに)スネア・ドラム(の8分音符)に合わせてやるとズレてしまうのはなぜでしょうか? 何かいい練習方法があったら教えて下さい。(RT/中学)

A:合奏で打楽器を効果的に使われているようですね。
さて、メトロノームの練習の時、「1拍(または半拍)ずつ、目で見て、音を聞いて」というように、受身でテンポをとって(感じて)いるように思います。自分の身体や頭等にメトロノームが埋め込まれているイメージでないといけません。各奏者間で微妙に違っている体内時計(時間)を合わせることが合奏では大切です。
裏拍を常に感じて、拍子を感じて、次の拍に常に動くイメージで練習してみて下さい。はじめは声にだして裏拍もカウントしながらやって見るといいと思います。

回答:五十嵐 清

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください