Q:A.Saxの自主練習の方法を教えてください。

Q:初めまして。A.Saxをやってる高1の女です。ほぼ毎日自主練をしているのですが、なにをしたら良いのかわからないまま日々を過ごしています。一応ロングトーンを2、3本、タンギング等、主に基礎練をしてます。このままではいけないと思っているのですが・・・。アドバイス宜しくお願いします。(V/高校生)


A:毎日自主練習をされていることは素晴らしいことです。自分の成長や欠点は分からないので、先生や先輩に見て(聞いて)もらう。録音してチェックして見ることをお薦めします。

【基礎練習の項目】としては、

1.ロングトーン:アンブシュアーを変えずに、真っ直ぐな息で、「音量、音程、音色」が一定になるように練習する。

2.スケール:音域やアーティキュレーションが変化しても、一つ一つの音しっかり鳴らし、全ての音がまんべんなく響くように練習する。

3.タンギング:息のスピードや量などに注意して、舌先でリードと触れるように舌つきする。アンブシュアーが変化しないように音形に注意して練習する。スタッカートの練習もいれる。

4.音域の拡大:どんな音域でも、しっかりした息で、音色、音程、音量が一定になるように練習する。

5.フィンガリング:替指やクロスフィンガーなど指を早く動かすように練習する。

6.インターバル:跳躍音でも音程、音色、音量が不安定にならないように練習する。アンブシュアーが崩れないようにする。

【お薦め教則本】は以下のとおりです。

1.スケール集(阪口 新):メトロノームを使い、1日ごとに2つの長調と短調をアーティキュレーションを変えて行う。ロングトーンやアティキュレーション、ビブラートの練習にも使う
2.クローゼ:運指や替指、スラー、スタッカート、タンギング等のテクニック練習
3.ラクール:フレーズ、ブレス、テンポ、ダイナミックス、ビブラートの応用のエチュード

また、サクソフォーンパートでの音色の統一、ハーモニーの練習など基礎的なパート練習もすると良いと思います。

今の意気込みで頑張って下さい。絶対に上手くなりますよ。そして素晴らしい音色になることでしょう。

回答:五十嵐 清

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください