■田中久美子のオペラ「扇の的」が9月23、24日に再演

サンポートホール高松の開館10周年記念として2014年に作曲された田中久美子のオペラ「扇の的」が9月23日(土)、24日(日)に同ホールで再演されることが決まった。

【あらすじ】
一ノ谷の合戦の後、屋島に逃れた平家の陣営では、愛する夫 敦盛と息子を失った葵が悲嘆に暮れていた。そんな葵に、時子(清盛の正妻)は、敦盛の死を武者の妻たる者は誇りにせよと諭す。

その時、源氏の奇襲に遭い、平家の陣営は混乱に陥る。その中で葵は、安徳天皇を守ろうとする建礼門院の母としての姿を見る。
平静を取り戻した平家の陣営では、二位様が亡き清盛の扇を取り出しある策を思いつく・・・。

死を予感し滅び行こうとする平家の女人達と、厳しい戦いの中でも生き抜こうとする義経、そして弓の名手 那須与一。
与一の放つ一本の矢が、人々の運命を大きく変えていく。

【作曲】田中 久美子
【台本】山本 恵三
【指揮】守山 俊吾
【演出】十川 稔

◎サンポートホール高松HP
http://www.sunport-hall.jp/

■第43回四国二期会オペラ公演
 オペラ「扇の的」

【日時】9月23日(土) 18:00開演(17:00開場)
9月24日(日) 14:00開演(13:00開場)

【会場】サンポートホール高松
http://www.sunport-hall.jp/access/

【料金】
前売/一般4,500円 学生2,000円 友の会4,300円
当日/一般5,000円 学生2,500円 ※全席自由

【主催】四国二期会
【共催】公益財団法人高松市文化芸術財団

【問い合わせ】四国二期会 070-5682-6534

コメントを残す