Q:吹奏楽部でアルト・サックスを吹いているのですが、なかなか上達しません。音は出るのですが、先輩の音と違って、自信なさげで スカスカな音になってしまいます。どうすればちゃんとした綺麗な音が出るのでしょうか。(中学生)

A:先輩との音の違いが分かる耳をもっていますので大丈夫です。自信をもって今一番いい音と思う音を出すことが大切です。

「Q76」の人と同じですが、
アンブシュアーをチェックしてみて下さい。
・下唇を下歯に巻き、唇の両端を中央に向かって押すようにする。
・マウスピースを下唇の上に乗せ、上歯をマウスピースの上に乗せる。
・唇全体を中心に向けるようなイメージで少し締める。
・「イ」「エ」の口の形を作り、頬っぺたをそのままにして、口だけ「ウ」にする。
・マウスピースにどこからも同じバネのように均一の圧力が掛けられるように、唇の周りの筋肉を使い支える。噛むイメージにしないこと。

次に、
・口の中の容積を広げるように、喉を開く。
・かじかんだ手を暖める。温かい息を楽器に送り込む。
・楽器のベルの先まで息を連続して入れていくイメージで吹奏する。

きっと綺麗な音になりますよ。

回答:五十嵐 清

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください