【コラム】富樫鉄火のグル新 第186回 作曲家ヒューゴ・アルヴェーン

先日、東京国立近代美術館フィルムセンターで開催された「EUフィルムデーズ2017」で、デンマーク・スウェーデン合作映画『マリー・クロヤー 愛と芸術に生きて』を観た(ビレ・アウグスト監督、2012年)。
2月の「トーキョーノーザンライツフェスティバル2017」(北欧映画祭)でも上映されたばかりだ。

19世紀末のデンマークの画家、ペーダー・セヴェリン・クロヤー(1851~1909)の妻、マリー・クロヤー(1867~1940)の物語である。
彼女自身も画家であり、かつ夫クロヤーの重要なモデルであった。
だがこの夫は精神に異常を来たし、さんざん家族を苦しめる。
映画は、そんな夫に翻弄される妻マリーの苦悩を描く。

この続きを読む>>>>>

 

コメントを残す