【コラム】富樫鉄火のグル新 第184回 ナクソス30周年記念ボックス

約20年前、ある音楽雑誌を起ち上げた際、真っ先に飛んできてくれたレコード会社が2社あった。
どちらも、雑誌の詳しい内容も聞かず、広告の年間出稿を申し出てくれた。
うれしくて涙が出た。
そのうちの1社が、ナクソス・ジャパンである(正確には、当時の日本総代理店「アイヴィ」)。

あるとき、同社のN社長から、1枚のFaxを見せられたことがある。
レコード業界団体から小売店に発信されたらしい文書で、「最近、香港で製作された安価なCDが大量に輸入されているので、扱いに注意してほしい」といった主旨だった。

明らかにナクソスを指していると思われた。

この続きを読む>>>>>

 

コメントを残す