■田中久美子の「讃岐ラプソディー」が2017年度フランス音楽連盟主催の吹奏楽コンクールの課題曲に!

作曲家・田中久美子の「讃岐ラプソディー」(Sanuki Rhapsody)が2017年度フランス音楽連盟主催の吹奏楽コンクールの課題曲(カテゴリー:Supérieure)に選定された。

このコンクールは、レベル別の6つのカテゴリー(Honneur, Excellence, Superieure, Premiere, Deuxieme, Troisieme/英語でいうと、Honor, Excellence, Super, Premier, Second, Third)に分かれて開催され、出演団体は、それぞれのカテゴリー別にエントリーして、課題曲と、音楽スタイルの異なる自由曲1曲か2曲を演奏する。

演奏時間はSuperieur~Troisiemeが(15分~30分)。Excellence と Honneurが(25分~45分)。なお、コンクールはフランスの年度末にあたる5月から6月頃にフランス全土で開催される。

「讃岐ラプソディー」について。
四国唯一のプロオケである瀬戸フィルハーモニー交響楽団からの依頼を受けて書いた、オリジナルは管弦楽作品(管弦楽版は Robert Martin 社より出版)を作曲者自身が吹奏楽に編曲したもの。吹奏楽版は2015年、Osaka Shion Wind Orchestra によって吹奏楽フェスタ(高松市)で初演された。吹奏楽版も同様に Robert Martin 社から出版されている。演奏時間、約12分30秒。

【田中久美子】
香川県高松市に生まれる。京都教育大学音楽科および京都市立芸術大学作曲専修卒業。池内友次郎、藤島昌壽の両氏に師事。1982~83年、フランスのポワチエ夏季音楽大学にてミシェル・メルレ、エディット・ルジェの両氏に師事。作品発表は在学中から始め、神戸市や仙台市の主催コンサートや京都市委嘱による音楽を作曲。作品は、国内の出版社だけでなく、フランスやオランダで出版され、2006年には、フランスの第1回ランベルサール国際吹奏楽作曲コンクールのアルト・サクソフォーン協奏曲部門で『セドナ』が第1位受賞作に輝いた。相愛音楽大学、京都女子大学の各非常勤講師をへて、2017年より大阪芸術大学芸術学部教授をつとめている。吹奏楽作品に「ムーンストーン」「アンダルシア」「青銅のイノシシ」「ラルク・アン・シェル(虹)」などがある。

コメントを残す