■オランダのデハスケ社から2017年の新作CD「吹奏楽ベスト・セレクションズ~ウィンズ・オン・ファイア」が発売

ヨーロッパのハル・レナード・MGB・グループ出版各社(デハスケ、ミトローパ、アングロなど)のベストを選りすぐり、アメリカのハル・レナードのポップ・アイテムを加えた恒例の2枚組コンピレーション・アルバム!

フィリップ・スパーク、トーマス・ドス、フランコ・チェザリーニ、オットー・M・シュヴァルツ、フィリップ・クーネン、八木澤教司など、同グループが誇る人気作曲家の最新作や編曲が数多く含まれ、見逃せないアルバムとなっている!

とくに、オリジナル中心の1枚目のディスクは注目だ!!

オープニングは、ドスの『フェスティヴァル・ベルズ』でスタート!

2014年、オーストリアのアッパー・オーストリア地方の音楽祭のために委嘱されたブリリアントな作品で、スピード感にあふれ、聴くものすべてを興奮させる。中間部に、この地方の民俗的なメロディーが積極的にとり入れられており、メロディーラインは、とても親しみやすい。初演は、リンツのブルックナーハウスにおいてドスの指揮で行なわれている。

つづくスパークの『ハイデイズ&ホリデイズ』は、“モーティマー・レベル”と呼ばれる愉しくも騒々しい祭宴で知られるバークシャー地方のモーティマー村を本拠とするサウス・パークス・コンサート・バンドの委嘱作品。同バンドが2016年に40周年を迎えるに際して委嘱された記念作というわけだ。

曲全体に愉しく楽天的なムードがあふれる序曲スタイルの作品で、陽気な“モーティマー・レベル”の空気が音楽に盛り込まれている。明るく分かりやすい展開は、間違いなくすべてのスパーク・ファンに喜ばれるだろう!

八木澤教司の『暁光の幻』は、北見吹奏楽団(北海道)の創立30周年記念委嘱作で、厳しく寒い冬を迎える北海道の“夜明けの景色で見られる幻影”からイマジネーションを得て作曲されている。透明感のある静かな冒頭が印象的で、創立30周年を祝うファンファーレに向かって盛り上がった後、静けさを取り戻してエンディングへと至る。

哀愁感のあるメロディアスな展開が心に響く作品だ!!

チェザリーニの『クラリネット小協奏曲』は、スイスの吹奏楽協会の委嘱作。緩-急-緩の典型的な協奏曲のスタイルで書かれているが、ライト感覚の展開は、間違いなく多くの聴衆に受け入れられるだろう!

フランスの注目株ジェリー・ドゥロウィエルの『名誉の大地~ソンムの戦い』も変化に富んだドラマチックな作品で、100万人以上の犠牲者を出した第1次大戦最大の激戦“ソンムの戦い”の悲劇をテーマとする。作品は交響詩の性格を有し、攻撃的な勇ましさではなく、感情に訴えるような哀愁と劇的なタッチが印象的だ!

1991年にイタリア・オーストリア国境のエッツタール・アルプスで発見されたミイラ化した5300年前の男性遺体“アイスマン”を題材とするシュヴァルツの『アイスマン(マン・イン・ジ・アイス) 』もおもしろい!

深いアルプスの山々の大氷河を想像させる幻想的なイントロに始まり、アイスマンと呼ばれる男が生きて狩りをしていた遠い時代に思いを馳せる音楽は、これまたひじょうにドラマチック! 途中、印象的なソロ・クラリネットのカデンツァの後、ダイナミックな音楽が展開され、イントロのムードを再現しながら劇的に曲を閉じる。

1枚目のラストを飾るタイトル曲、アッペルモントの『ウィンズ・オン・ファイア』も、躍動感のあるとても愉しい作品だ!

原曲は、ベルギーの2つのファンファーレ・オルケストが統合されて1つの楽団になるのを記念して書かれたファンファーレ・オルケスト編成の作品だった。明るくリズムにのった速いテンポ感のあるテーマと、メロディアスでゆっくりとしたテーマの、2つの異なったキャラクターがコントラストを見せ、それらが組み合わされることで新しい情熱を作りだす、そんな空気感にあふれた作品だ!

【CD-2】にも、とても珍しいスパークのマーチ『勝者に敬礼』や八木澤教司 の『新たなる息吹き』、シュヴァルツの『アポロ11 – 月へのミッション』など、個性的な作品が収録されている。

この内、シュヴァルツの『アポロ11 – 月へのミッション』は、人類初の月着陸を成し遂げた宇宙船アポロ11の旅を描いた作品で、分かりやすく力感のあるメロディーラインと描写的なストーリー展開が印象に残る!

実用本位だけに、多種多彩な曲が収録されているのが大きな特徴!

レパートリー探しにはもってこいのアルバムとなっている!

【このCDをBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4187/

■吹奏楽ベスト・セレクションズ~ウィンズ・オン・ファイア 

【収録曲】

【CD-1】

  1. フェスティヴァル・ベルズ/トーマス・ドス 【5:23】
    Festival Bells/Thomas Doss

  2. ハイデイズ&ホリデイズ – モーティマー・レヴェル/フィリップ・スパーク 【5:55】
    Highdays and Holidays – The Mortimer Revel/Philip Sparke

  3. 暁光の幻/八木澤教司 【5:32】
    A Vision of the First Light/Satoshi Yagisawa

  4. クラリネット小協奏曲/フランコ・チェザリーニ 【9:27】
    Concertino for Clarinet/Franco Cesarini
    クラリネット(Clarinet):フランク・ハイペルス(Sergent Major Frank Huibers)

  5. 白い翼の飛行/トム・デハース 【11:45】
    White Winged Flight/Tom De Haes

  6. ナイトの物語/ ウィルコ・ムーマン 【7:21】
    A Knight’s Tale/Wilco Moerman

  7. チャイコフスキー・ハイライト/ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
    (arr. ヴィル・ヴァンデルベーク) 【7:33】
    Tchaikovsky Highlights/Pjotr Iljitsj Tchaikovsky (arr. Wil van der Beek)

  8. 名誉の大地~ソンムの戦い/ジェリー・ドゥロウィエル 【10:59】
    Fields of Honour – Battle of Somme/Thierry Deleruyelle

  9. アイスマン(マン・イン・ジ・アイス)/オットー・M・シュヴァルツ 【5:40】
    Man in the Ice/Otto M. Schwarz

  10. ウィンズ・オン・ファイア/ベルト・アッペルモント 【8:06】
    Winds on Fire/Bert Appermont

【CD-2】

  1. 勝者に敬礼/フィリップ・スパーク 【4:02】
    Salute to the Victor/Philip Sparke

  2. カンブリヌス/マティアス・ヴァンニスペントットパンネルデン 【7:08】
    Cambrinus – based on the song “Leid van Hertog Jan (Floris van der Putt)”
    /Matthias van Nispen tot Pannerden

  3. 新たなる息吹き/八木澤教司 【5:43】
    A New Beginning/Satoshi Yagisawa

  4. アポロ11 – 月へのミッション/オットー・M・シュヴァルツ 【5:46】
    Apollo 11 – Mission to the Moon/Otto M. Schwarz

  5. サハラ/ジェリー・ドゥロウィエル 【3:52】
    Sahara/Thierry Deleruyelle

  6. ホワイト・ストーン/ヤコブ・デハーン 【8:06】
    The White Stone/Jacob de Haan

  7. マーチ・オブ・ザ・デイ/ヴィム・ラセロムス 【3:14】
    March of the Day/Wim Laseromus

  8. アップサイド・ダウン/フィリップ・クーネン 【3:29】
    Upside Down/Filip Ceunen

  9. サニー・サイド・アップ/ゲラルト・オスヴァルト 【4:23】
    Sunny Side Up/Gerald Oswald

  10. フィーバー/(arr. マルク・ジャンプルケン) 【4:06】
    Fever/(arr. Marc Jeanbourquin)

  11. 愛のデュエット(映画「グリース」から)/ジョン・ファラー(arr. フィリップ・クーネン) 【2:46】
    You’re The One That I Want (from Gease)/John Farrar(arr. Filip Ceunen)

  12. ハンス・ジマー・ムービー・マイルストーンズ/(arr. マイケル・ブラウン) 【5:50】
    Hans Zimmer: Movie Milestones/(arr. Michael Brown)

  13. クール・アンド・ザ・ギャング・グレーテスト・ヒット/(arr. ジルベール・ティンナー) 【6:53】
    Kool & the Gang Greatest Hits/(arr. Gilbert Tinner)

  14. ハレルヤ/レナード・コーエン (arr. マイケル・ブラウン) 【3:04】
    Hallelujah/Leonard Cohen (arr. Michael Brown)

15, ポケモン・テーマ/タマラ・レフラー&ジョン・シエグラー (arr. ポール・マーサ) 【2:09】
Pokemon Theme/Tamara Loeffler & John Siegler (arr. Paul Murtha)

16, 「ライオン・キング」ハイライト/ (arr. マイケル・ブラウン) 【4:48】
Highlights from The Lion King/(arr. Michael Brown)

  1. キャント・ストップ・ザ・フィーリング/ジャスティン・ティンバーレイク)、
    マックス・マーティン&シェルバック(arr. ポール・マーサ) 【2:50】
    Can’t Stop the Feeling/Justin Timberlake, Max Martin & Shellback (arr. Paul Murtha)

【このCDをBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4187/

 

コメントを残す