■新春1月15日(日)、タッドWSが“ニュー・イヤー・コンサート2017”を開催! リード:パンチネロ、バーンズ:交響曲第2番など、魅力的なプロ満載!

時代をリードする作曲家や演奏家と緊密なリレーションシップを結び、アグレッシブなプログラミングとエモーショナルなパフォーマンスで沸かせるタッド・ウインドシンフォニー!

近年では、ヤン・ヴァンデルローストの「いにしえの時から」の世界初演に始まり、フィリップ・スパークの交響曲第2番「サヴァンナ・シンフォニー」、第3番「カラー・シンフォニー」、フランコ・チェザリーニの交響曲第1番「アークエンジェルズ」の日本初演をパブリックな楽譜出版前に取り組むなど、ウィンド・ミュージックの最先端を駆けるエネルギッシュな活動は、広く注目を集めている!

2017年1月15日(日)、そんな彼らが、東京・江東区の《ティアラこうとう》大ホールで、“ニュー・イヤー・コンサート2017”を開催する。

プログラムは、アメリカ、ドイツ、そしてイギリスで生まれた珠玉のオリジナル作品を組み合わせたもの!!

第1部は、自宅ライブラリーにタッド氏が指揮をした演奏の録音を集めた“タッド・コーナー”を作り、“もっともっと自作を取り上げてほしい”と氏にリクエストしていたという、アメリカのアルフレッド・リードの『パンチネロ』で始まる!

イタリアをルーツとする仮面劇の登場キャラクターに触発された1973年の作品で、“ロマンティック・コメディのための序曲”という副題をもつ。世界的リード人気が沸騰した頃の名作!コンサートの幕開けにピッタリの快活な作品だ!

2曲目は、雰囲気変って、ドイツのロルフ・ルディンの『詩のない歌』

コンテンポラリーな作風で鳴るルディンらしからぬ、美しいハーモニーと旋律線が魅力のとても特徴的な作品だ!

1部のクライマックスを飾るのは、「イーストコーストの風景」などで知られるイギリスのナイジェル・ヘスの『ロッホナガー組曲』だ!

チャールズ皇太子作の絵本「ロッホナガーのおじいさん」を原作とするバレエから3曲をピックアップしてウインドオーケストラ用組曲とした作品で、スコットランドのトラディッショナルな舞踏がフィーチャーされる“スコティシュ・ダンス”、とても美しく叙情的な“ダーク・ロッホナガー”、躍動感にあふれ、圧倒的なクライマックスへとつき進む“ダンス・オブ・ジ・イーグル”の3つの楽章が愉しめる!

第2部は、20世紀アメリカの代表的作曲家ウィリアム・シューマンの『イエス涙を流したもう時』で始まる!

原曲は「ニュー・イングランド三部作」として知られる管弦楽組曲の中の1曲だったが、作曲者自らオーケストレーションを施した吹奏楽版は単独曲として出版された。テーマとして使われるウィリアム・ビリングス(1746-1800)による古い聖歌のメロディーに、しばし耳を傾けたい!

コンサートは、タッド氏のよき友人であるジェームズ・バーンズの『交響曲第2番』がフィナーレを飾る!

有名な「交響曲第3番」よりかなり前、1981年に完成し、カンザス大学シンフォニック・バンドによって初演された3楽章構成のシンフォニーで、翌年ニール・A・チョス記念作曲賞に輝いた。直前に完成した有名な「呪文とトッカータ」(作品43)をはじめ、作曲家としてのってきた時期のバーンズがものにした傑作の1つとして、忘れてはならない作品だ!

第1楽章“エレジア”では、哀愁を帯びた第1主題と不吉なイメージの第2主題の2つのテーマが対話をするように進行。第2楽章“ヴァリアツィオーニ・インテロッテ”では、変奏曲と讃美歌が共存する。第3楽章“フィナーレ”は、高揚感があり、エネルギッシュな展開が聴くものすべてを興奮に誘う!!

ニュー・イヤー・コンサートということで、有名曲がズラリ並んでいるが、聞くところによると、タッド氏とTADウインド・シンフォニーがこれらを取り上げるのは、なんとこれが初めてとのこと!!

『すべてが新鮮です!』とは、コンサートを前にしたタッド氏の弁。

年初を彩るエキサイティングなコンサートは、間もなく開演だ!!
■タッド・ウインドシンフォニー「ニュー・イヤー・コンサート2017」

【日時】2017年1月15日(日) 【開場】13:30 /【開演】14:00
【会場】ティアラこうとう大ホール(江東公会堂)大ホール (東京)
(都営新宿線・東京メトロ半蔵門線「住吉」駅A4出口より徒歩4分)
【指揮】鈴木孝佳(タッド鈴木)
【演奏】タッド・ウインドシンフォニー
【料金(全自由席)】一般:3,000円 / 高校生以下:2,000円

【曲目】

  • パンチネロ (アルフレッド・リード)
  • 詩のない歌 (ロルフ・ルディン)
  • ロッホナガー組曲 (ナイジェル・ヘス)
  • イエス涙を流したもう時 (ウィリアム・シューマン)
  • 交響曲第2番(作品44) (ジェームズ・バーンズ)
    第1楽章:エレジア
    第2楽章:ヴァリアツィオーニ・インテロッテ
    第3楽章:フィナーレ

【問い合わせ】090-4061-0134(田島) tadsax@sepia.ocn.ne.jp

【公式HP】http://tadwind.sakura.ne.jp/


■タッド・ウィンド・コンサート(30)
フランコ・チェザリーニ/交響曲第1番「アークエンジェルズ」
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4160/

■タッド・ウィンド・コンサート(29)
フィリップ・スパーク/風のスケッチ
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4126/

■タッド・ウィンド・コンサート(28)
アルフレッド・リード/交響曲第4番
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4112/

■タッド・ウィンド・コンサート(27)
フィリップ・スパーク/鐘の歌
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4029/


◎“タッド・ウィンド・コンサート”シリーズのCDをチェックする
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/c/0000000823/

コメントを残す