■自主制作CD「ブラック・ダイク~日本ツアー2016」がBPショップに限定入荷!

「ダイクの前にダイクなし、ダイクの後にダイクなし」と謳われるイングランドの名門ブラスバンド“ブラック・ダイク”!

2016年10~11月、26年ぶり3度目の来日が実現!!

NHKホール(東京)、東京芸術劇場、松山市民会館(愛媛)の3会場における公開コンサートでは、ブラスバンド・ファンの熱狂的大歓迎を受けた! 満席で行われたNHKホールでのライヴは、後日、テレビやラジオでオンエアされたので、放送でこのバンドのことを知った人も多いだろう。

ズバリ「日本ツアー2016」という日本語のタイトルがつけられているこのアルバムは、日本ツアーの主要曲を既発売音源からピックアップしてリマスターし、限定数製造されたコンピレーション盤だ!

選曲も、久しぶりの来日ということで気合い十分!

とくにブラック・ダイク独自レパートリーは、アルバムの大きなセールス・ポイントとなっている!

アルバムは、ブラック・ダイク・バンドのシグネーチャー・チューン(テーマ曲)として、しばしばコンサートのオープニングを飾る有名なマーチ『クイーンズバリー』で始まる!

1939年、このバンドのユーフォニアム奏者だったジェームズ・ケイが作曲したブリリアントなマーチで、曲名はブラック・ダイクの本拠地であり、長年バンドのスポンサーだった“ジョン・フォスター&サン社”の工場(ブラック・ダイク・ミルズ)の所在地だったイングランドのウェスト・ヨークシャー州ブラッドフォードの村の名からとられている。

マーチながら、イントロ後の第1マーチとトリオに、プリンシパル・コルネット奏者のためのソロが用意されているのが、いかにもブラスバンドのためのマーチらしい。作曲者は、この曲が演奏されるたび、バンドから3ポンドが支払われていると語っている。

つづくピーター・グレイアムの『シンフォニー・オブ・スカーレット&ゴールド』は、2015年7月12日、ハダーズフィールド・タウン・ホールでの“ブラック・ダイク160周年記念コンサート”のための委嘱作だ。

曲名に含まれる2つの色は、ブラック・ダイクのユニフォームの袖口や襟にあしらわれている“スカーレット”と、金糸の飾りやボタンの“ゴールド”を指している。つまりは、このバンドのシンボルカラー!

4楽章構成で、第1楽章“ファンファーレ”では、グレイアムの「サモン・ザ・ドラゴン」がメイン・テーマとしてフィーチャー。つづく第2楽章“レガシー”は、ブラック・ダイクが優勝した2009年の全英選手権決勝のテストピースだったグレイアムの「トーチベアラー」による変奏曲となっており、ブラック・ダイクの伝説的ソロイスト、トロンボーンのフランク・ベリー、ユーフォ二アムのジョン・クラフ、コルネットのジェームズ・シェパードがそれぞれ得意としたソロ曲のメロディーがカデンツァ風に配されている。第3楽章“メディテーション”は、ブラック・ダイクがヨーロピアン選手権2014でオウン・チョイス・テストピース(自由選択課題)として演奏し、最高得点を叩きだしたグレイアムの「トライアンフ・オブ・タイム」による変奏曲。第4楽章“フィナーレ”では、第1楽章に使われたいくつかのテーマと、ブラック・ダイクがヨーロピアン選手権2005で優勝したとき、オウン・チョイス・テストピースとして演奏した同じくグレイアムの「地底旅行」のテーマが組み合わされ、エキサイティングなエンディングに向かっていく。

地元ヨークシャーでは、“労働者のシンフォニー・オーケストラ”とも呼ばれるブラスバンド中のブラスバンド“ブラック・ダイク”の歴史を知れば知るほど、ニンマリさせられる作品だ! 無理やり日本語に訳すなら、“スカーレットとゴールドが織りなすシンフォニー”というところか。

このバンドの前打楽器奏者として活躍し、一時座付き作曲家でもあったポール・ロヴァット=クーパーの『インモータル』も、ブラック・ダイクの委嘱で書かれた作品だ。

曲冒頭で、ハリー・モーティマー、アレックス・モーティマー、デーヴィッド・ウィルコックス、ジェフリー・ブランド、ロイ・ニューサム、ピーター・パークス、ジェームズ・ウォトスン、デーヴィッド・キング、ニコラス・チャイルズという歴代の指揮者の名前とともにブラック・ダイクの栄光の歴史を語るナレーションが入るこの曲は、現在のブラック・ダイクで最も多くリクエストされ、最も頻繁に演奏される超人気曲だ!

まるでパート紹介のように、各セクションがつぎつぎとフィーチャーされるスタイルの音楽で、日本ツアーでもNHKと松山で演奏が組まれていたが、松山では肉親の訃報によるメンバー1名の急な帰国もあり、他のプロと差し替えられた。

今やイギリスを代表するウィンド・ミュージックの作曲家となったピーター・グレイアムは、かつてこのバンドの副指揮者や座付き作曲家をつとめた時期もあり、特別な関係にある。

そのグレイアムの『トライアンフ・オブ・タイム』は、ブラック・ダイクが1990年の2度目の来日で日本に紹介した名曲「エッセンス・オブ・タイム」とのつながりを強く連想させる作品で、ブラック・ダイクが“ヨーロピアン・ブラスバンド選手権2014”のステージで“オウン・チョイス・テストピース”として世界初演するために委嘱された。

“ブラスバンドのための変奏曲”との副題どおり、変奏とソロを交互にくりかえすスタイルの音楽で、ギャリ―・カーティン(ユーフォ二アム)、リチャード・マーシャル(コルネット)、カトリーナ・マンゼラ(バリトン)、リー・リッグ(リピアノ・コルネット)、ゾーイ・ハンコック(フリューゲルホーン)、ベンジャミン・リッチェトン(ソプラノ・コルネット)など、日本公演でも活躍したプレイヤーによるソロも聴きごたえ満点だ!

公演でもやんやの喝采を受けていたマーシャル独奏の『青い帽子の娘』やカーティン独奏の『羊飼いの娘の踊り』もすばらしい!!

来日記念盤らしく、ブックレットには公演メンバーがステージ配置よろしく写真つきで紹介!

ブラック・ダイクのサポーターには、見逃せない完全限定アルバムだ!

【このCDをBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4164/

■ブラック・ダイク~日本ツアー2016
Black Dyke Band Japan Tour 2016
【収録曲】

1. クイーンズバリー/ジェームズ・ケイ 【3:22】
Queensbury/James Kaye

  1. シンフォニー・オブ・スカーレット&ゴールド/ピーター・グレイアム 【14:20】
    Symphony of Scarlet & Gold/Peter Graham
    I) 第1楽章:ファンファーレ  I. Fanfares   【2:37】
    II)第2楽章:レガシー     II. Legacy   【2:38】
    III)第3楽章:メディテーション III. Meditation 【4:59】
    IV)第4楽章:フィナーレ    IV. Finale    【4:06】

  2. 青い帽子の娘/フランク・サイモン 【3:49】
    Miss Blue Bonnet/Frank Simon
    コルネット(Cornet):リチャード・マーシャル(Richard Marshall)

  3. アイ・ウィル・フォロー・ヒム(映画「天使にラブ・ソングを」から)
    /J・W・ストール、デル・ローマ (arr. ゴフ・リチャーズ) 【3:23】
    I Will Follow Him (from the Film “Sister Act” )/J.W. Stole、Del Roma (arr. Goff Richards)
    トロンボーン(Trombone):クリストファー・ビンズ(Christopher Binns)
    トロンボーン(Trombone):ギャリ―・リード(Garry Reed)
    トロンボーン(Trombone):エードリアン・ハースト(Adrian Hirst)

  4. シング・シング・シング/ルイ・プリマ (arr. ダン・プライス) 【3:10】
    Sing Sing Sing/Louis Prima (arr. Dan Price)

  5. ファイア・イン・ザ・ブラッド/ポール・ロヴァット=クーパー 【9:39】
    Fire in the Blood/Paul Lovatt-Cooper

7. 羊飼いの娘の踊り(組曲「山の王」から)
/ヒューゴ・アルヴェーン (arr. フローデ・リュードランド) 【3:44】
Herdmaiden’s Dance/Hugo Alfven (arr. Frode Rydland)
ユーフォニアム(Euphonium):ギャリ―・カーティン(Gary Curtin)

  1. インモータル/ポール・ロヴァット=クーパー 【10:41】
    Immortal/Paul Lovatt-Cooper

  2. トライアンフ・オブ・タイム/ピーター・グレイアム 【17:26】
    The Triumph of Time/Peter Graham

  3. ハイランド・カテドラル
    /ウルリッヒ・ルーファー & ミヒャエル・コープ (arr. ハワード・ローリマン) 【3:40】
    Highland Cathedral/Ulrich Roever & Michael Korb (arr. Howard Lorriman)

【このCDをBPショップでチェックする】
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4164/

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.