■樋口幸弘のウィンド交友録~バック・ステージのひとり言 第59話 デメイ:交響曲第1番「指輪物語」日本初演

▲「指輪物語」原作者の朗読入りのLP(米Caedmon、TC 1478、リリース:1976年)

▲「指輪物語」のサドラ―賞受賞を伝えるチラシ

▲ブルジョワ時代のアメリカ海兵隊バンドのパンフレット(1990年)

1992年8月16日(日)、午後3時から午後6時30分まで、3時間半をぶっちぎりでオンエアされたNHK-FMの特別番組「生放送!ブラスFMオール・リクエスト」は、局の予想をはるかに超える大きな反響を呼んだ!

中でも、メイン・プロとして準備され、番組スタートから1時間10数分を過ぎたあたりからオンエアされたヨハン・デメイ(Johan de Meij)の交響曲第1番『指輪物語(The Lord of the Rings)』日本初演ライヴは、センセーショナルな大成功を収めた。

ヨハン・デメイは、オランダの作曲家。1953年生まれで、当時、まだ38歳。

筆者が彼の名を知ったのは、1989年12月、アメリカのシカゴで催された恒例のミッドウェスト・クリニックで、サドラ―国際ウィンド・バンド作曲コンペティション1989(The 1989 Louis and Virginia Sudler International Wind Band Competition)の受賞曲として、曲名と作曲者名が発表され、翌年の1990年4月11日(水)、ワシントンD.C.のジョン・F・ケネディ・センター(John F. Kennedy Center)で、“授賞セレモニー”とジョン・R・ブルジョワ(Colonel John R. Bourgeois)指揮、アメリカ海兵隊バンド(“The President’s Own” United States Marine Band)による記念演奏が行われることを聞いたときだった。

“サドラ―賞”の審査委員長が、指揮者サー・ゲオルグ・ショルティ(Sir Georg Solti)であり、エントリー143作品、賞金1万ドルというのもインパクトがあった。

とにかく、ウィンド・ミュージックの世界で稀に見るこのニュースは、それを耳にした時、とても印象に強く残ったことをよく覚えている。

もちろん、この時は、それがどんな曲なのか、まったく知らなかった。

しかし、その後、ブリティッシュ・アソシエーション・オブ・シンフォニック・バンズ・アンド・ウィンド・アンサンブルズ(British Association of Symphonic Bands and Wind Ensembles)の季刊誌「ウィンズ(Winds)」の1991年春(SPRING 1991)号に掲載された4ページにわたる譜例附きアナリーゼを読み、すでに2枚のCDがリリースされていることまでわかってしまうと、もういけない。いつもの好奇心というか、これは何か特別なことが起こっているのではないかと、筆者の中に棲みついている“音楽の虫ども”がザワザワと騒ぎだしたのである。

こういうときは、即行動あるのみ!!

ヨハンとの交友は、1991年3月14日に筆者が投函した1通のエアメールから始まった。彼によると、それは、日本人からのはじめてのコンタクトだったという。

後に使われなくなったが、当時は“Opus 1”という作品番号が与えられていたこの交響曲は、小品を除き、ヨハンが本格的に作曲に取り組んだ初の作品だった。

題材は、イギリスのジョン・トールキン(John Ronald Reuel Tolkin、1892~1973)原作の同題の冒険ファンタジーで、全5楽章のシンフォニー。

世界初演は、1988年3月15日(火)、ベルギーの首都ブリュッセルのベルギー国営放送(BRT)のグローテ・コンサートスタジオで催されたコンサートで、ノルベール・ノジ(Norbert Nozy、第55話:ノルベール・ノジとの出会い、参照)指揮、ロワイヤル・デ・ギィデ(Royale des Guides)吹奏楽団のコンサートで行なわれ、そのライヴは同放送からFMステレオでオンエアされた。

ヨハンにとって、この“ロワイヤル・デ・ギィデ”による初演は、たいへん名誉なことだったという。

1993年夏、アムステルダムの彼の自宅を訪れた際、そのコンサートのポスターがまるで宝物のように壁に飾られているのを目のあたりにして、実際そう感じた。

一方、日本では、大阪市音楽団(市音)が、1990年のミッド・ウエスト・クリニックにプログラム委員を派遣し、この交響曲の情報をゲットしていた。

この当時、アメリカでこの作品の楽譜を取扱っていたのは、指揮者フレデリック・フェネル(Frederick Fennell)夫人のエリザベスさんが社長をつとめるLudwig Musicだった。

フェネル自身は、この作品に好意的ではなかったが、市音のプログラム委員は、クリニックで第1楽章を聴いた後、日本のディーラーを通じて直ちに全楽章の楽譜セットを発注。この結果、1991年4月27日(土)、森ノ宮ピロティホール(大阪市中央区)における「大阪市音楽団 吹奏楽フェスタ’91」で、その年の注目曲として紹介され、市音団長、木村吉宏の指揮で、第1楽章のみの本邦初演が行なわれた。

当時、筆者は、東芝EMIの「吹奏楽マスターピース・シリーズ」(第54話 ハインツ・フリーセンとの出会い、参照)の企画が始まった1990年以降、打ち合わせのために大阪城公園内にあった市音の事務所をたびたび訪れていた。

そんな1991年のある日、木村さんから、突然『来年5月の定期でやるプログラムに、なんぞ(何か)エエ(いい)アイデアないか?』と尋ねられた。

反射的に『今このタイミングでやるんだったら、“指輪”全曲の日本初演しかないでしょう。楽譜もあるんだし。』と答える。

当時なぜか“20万円”もした超話題曲の“指輪”の楽譜がせっかく揃っているのに、第1楽章を演奏しただけで楽譜庫に眠らせてしまうのは、正しく宝の持ち腐れ。大阪市民の1人としても、それはあってはならないことと思えた。

木村さんのメガネの奥の目がキラリと光った。

しかし、ここからが大変だった。木村さんが会議で持ちだしたこの提案に対し、“定期で40分を超える曲をやるなんて…”と団員から猛反対の声が巻き起こったのだ。

しかし、独特の嗅覚から、このプランに過去の市音のプログラムにはない何かを嗅ぎ取っていた木村さんは、諦めなかった。団員を説き伏せ、ついにはこの大曲へのアタックを決めてしまったのだ。

決定後すぐに電話があった。もちろん大阪流の言い回しだが、『決まったでー。無理やり決めたった。』と話す木村さんの声は、とても愉快そうだった。

しかし、イザやると決まると、ぜひとも実り多きものにしなければならない。

NHK音楽番組部ディレクターの梶吉洋一郎さんから、『何か面白い話はない?』と電話がかかってきたのは、それから少したった頃だった。

前話(第58話 NHK – 生放送!ブラスFMオール・リクエスト)でお話ししたように、作品の概要を説明すると、彼は『それは、面白い!』とすぐ喰いついてきた。

だが、話をしながらも、一方で、以下のようなハードルの高さも感じていた。

・NHKの音楽制作では、大阪市音楽団がまるで認知されていないこと

・大阪市音楽団が、東京ではなく、一地方都市の楽団であること

・ヨハン・デメイの作品が過去に放送されたことがないこと

・受賞曲とはいえ、『指輪物語』が未知の作品であること

・吹奏楽にシンフォニーがあることが認識されていないこと

などなど、ネガティブな要素だらけだった。

権威主義で鳴るNHKが受け入れることができるのは、唯一、『指輪物語』が受賞した“サドラ―賞”の審査委員長が、世界的指揮者サー・ゲオルグ・ショルティだったことぐらいしか見あたらなかった。

しかし、持ち前のバイタリティーで、梶吉さんは、中継車を東京から大阪まで運んできてしまった。

こうして、1992年5月13日(水)、ザ・シンフォニーホールで開催された「第64回大阪市音楽団定期演奏会」で日本初演された交響曲第1番『指輪物語』の収録は、NHKのスタッフによって行われた。

いいライヴだった!!

だが、実際には、8月16日の放送当日、番組が始まって“指輪”の演奏が流れる寸前まで、NHKの局内では、いきなり市音の演奏を全国放送に出すことについて、まだアレコレ雑音が渦巻いていた。

しかし、坪郷佳英子アナウンサーが曲名などの“ワク”をつけ、盛大な拍手につづいて、冒頭のファンファーレが鳴り響き、ワグナー調の雄大なテーマが流れると、それまで煩かった百戦錬磨の音楽のプロたちも一様に聴き耳をたて始めたのである。

梶吉さんもホッと胸をなでおろしたことだろう。

この日、大阪市音楽団とヨハンの交響曲は、NHKを沈黙させた!

 ▲大阪市音楽団のパンフレット(1995年頃)

▲第64回大阪市音楽団定期演奏会、プログラム

 ▲同、演奏曲目

■大阪ハーモニーブラス・オータムコンサート2018(11月17日)

関西を中心に活動する英国式金管バンド。指揮は音楽監督の伊勢敏之。ブラスバンドを代表する3人の作曲家(Peter GrahamPaul Lovatt-Coope氏Phillip Spare)の作品を取り上げる。バンド全体の音楽だけでなく、ソロやデュオといったそれぞれの楽器をフューチャーした作品もあり、よりブラスバンドの良さを楽しんでいただるプログラムとなっている。

日時 : 2018年11月17日(土) 開場 18:00 、開演 18:30
会場 : 大阪市立男女共同参画センター東部館(クレオ大阪東)
交通手段 : JR・京阪電車「京橋」駅、大阪市営地下鉄「大阪ビジネスパーク」駅から徒歩10分
料金 : 入場無料
曲目 : ・Meditation(Flugel Horn & Baritone Duet)
[Peter Graham]
・Shine as the Light
[Peter Graham]
・An Untold Story(Tenor Horn Solo)
[Paul Lovatt-Cooper]
・Canzona Bravura(Euphonium Solo)
[Paul Lovatt-Cooper]
・Jubiliee Prelude
[Philip Sparke]
・TALLYS VARIATIONS
[Philip Sparke]

問合せ :

担当者 マツノ
TEL 08014549617
E-Mail osakaharmonybrass@gmail.com
HomePage http://www.ohb.jp/

■中央大学音楽研究会吹奏楽部 第61回定期演奏会(12月16日)

第61回定期演奏会を開催いたします。「幻想交響曲」をはじめとする、一年の活動の集大成となる演奏をお楽しみください。

日時 : 2018年12月16日(日) 開場 14:00 、開演 14:30
会場 : オリンパスホール八王子
交通手段 : JR八王子駅南口直結、京王線京王八王子駅徒歩7分
料金 : S席 1000円 / A席 700円 / B席 500円(全席指定)
曲目 :
シンフォニア・ノビリッシマ(R.ジェイガー)
三つのジャポニスム(真島俊夫)
幻想交響曲より第5楽章(L.H.ベルリオーズ)他
問合せ :

担当者 演奏会実行委員長 中川
TEL 090-4436-6463
E-Mail chuo_brass_kouhou@yahoo.co.jp
HomePage http://chuobrass.net/

■慶應義塾大学ウインドアンサンブル 第80回定期演奏会(12月15日)

節目の演奏会に相応しい豪華なプログラムとなっております。
ぜひお越しください!

日時 : 2018年12月15日(土) 開場 18:20 、開演 18:50
会場 : 新宿文化センター 大ホール
交通手段 : JR・京王・小田急線新宿駅下車徒歩15分 東京メトロ副都心線・丸ノ内線、都営新宿線新宿三丁目駅下車 徒歩7分 東京メトロ副都心線・都営新宿線東新宿駅徒歩5分
料金 : 無料
曲目 :
交響曲3番 カラーシンフォニー/ スパーク
彩雲の螺旋/ 中橋愛生
吹奏楽のためのマインドスケープ/高昌帥
祝典のための音楽/ P.スパーク
吹奏楽のためのパッサカリア/ 兼田敏
問合せ :

担当者 山口
E-Mail kwe.concert2018@gmail.com
HomePage http://keiowind.com/

■東海市吹奏楽団 第50回ファミリーコンサート(12月9日)

今年も開催します!東海市吹奏楽団 第50回ファミリーコンサート!
今年を象徴した、小さいお子様からおじいちゃんおばあちゃんまで楽しめるプログラムとなっております。
皆様、ぜひご来場ください!!

日時 : 2018年12月9日(日) 開場 13:15 、開演 14:00
会場 : 東海市芸術劇場 大ホール
交通手段 : 電車でのご来場
名鉄「太田川駅」直結(駅西側)
金山総合駅より中部国際空港・河和・内海方面(約11分)
お車でのご来場
西知多産業道路「加家IC」または「横須賀IC」より約2km(約5分)
知多半島道路「大府東海IC」より国道155号線で約5km(約10分)

料金 : 入場無料
曲目 : ノートルダムの鐘(A.メンケン/C.カスター)
ディスコ・パーティー(星出尚志 編曲)
東京ディズニーランド(R)・メドレー(船山基紀 編曲)

問合せ :

担当者 東海市吹奏楽団 演奏会実行委員会 ヨシバヤシ
TEL 080-9492-8485
E-Mail tb_ej.rf_17@softbank.ne.jp
HomePage http://tb-web.net/

■杉並ウインドハーモニーアンサンブル 第15回定期演奏会(11月4日)

東京都杉並区で活動する吹奏楽団です。
今回は第15回定期演奏会開催を記念して、平田智暁氏作曲による委嘱作品や過去に当団が演奏した曲目を含めた、例年以上に盛り沢山なプログラムでお届けします。
熱い思いのこもった曲たちを杉並公会堂でお楽しみください。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

また、当団では随時団員を募集しております。興味のある方はぜひ見学にお越しください。

日時 : 2018年11月4日(日) 開場 16:00 、開演 16:30
会場 : 杉並公会堂 大ホール
交通手段 : JR中央線・東京メトロ丸の内線 荻窪駅北口から徒歩7分
料金 : 無料
曲目 :
第15回定期演奏会開催記念委嘱作品(本邦初演) 管弦オーケストラのための前奏曲 変ロ調 /作曲:平田智暁
スターウォーズ ~コンサートセレクション~ /作曲:John Williams/編曲:真島俊夫
喜歌劇「メリー・ウィドウ・セレクション」 /作曲:Franz Lehar/編曲:鈴木英史
歌劇「ローエングリン」よりエルザの大聖堂への行列 /作曲:Richard Wagner/編曲:Lucien Caillet
夢のような庭 /作曲:清水大輔
ほか
問合せ :

担当者 杉並ウインドハーモニーアンサンブル
E-Mail toiawase@suginami.sakura.ne.jp
HomePage http://swhe.net/

■洗足学園音楽大学グリーン・タイウインド・アンサンブル グリーン・タイ10周年記念/吹奏楽の古典名曲を名匠ボストックと vol.9 (12月11日)

作曲家の伊藤康英と共に吹奏楽を学ぶグリーン・タイウインド・アンサンブルの演奏会。

日時 : 2018年12月11日(火) 開場 18:00 、開演 18:30
会場 : 洗足学園音楽大学/前田ホール
交通手段 : JR南武線「武蔵溝ノ口」駅
東急田園都市線・大井町線「溝の口」駅南口下車
徒歩8分
料金 : 1000円/全席自由
曲目 : 伊藤康英/吹奏楽のための祝祭曲「集え、祝え、歌え」
O.ヴェスピ/讃歌
J.シュテルト/バッハザイツ
A.ホヴァネス/交響曲第53番「光の燭光」
V.ネリベル/S-S-S(砂粒・静けさ・寂しさ)
真島俊夫/三つのジャポニスム
問合せ :

担当者 松永
E-Mail senzoku.gwe@gmail.com

■京都吹奏楽団 ザ・ミュージックメイカーズ in京都(11月4日)

ザ・ミュージックメイカーズ in京都は毎年私たち京都吹奏楽団と
ゲスト団体をお招きして円山公園野外音楽堂で開催しているコンサートです♪
野外での自由な雰囲気でどなたでも楽しんでいただけます!
お子様連れ大歓迎!お気軽にお越し下さい♪

※入場無料 雨天決行※
【出演】
京都府立園部高等学校・付属中学校吹奏楽部
Sound JACK Orchestra
京都吹奏楽団

日時 : 2018年11月4日(日) 開場 : 、開演 13:00
会場 : 円山公園野外音楽堂
交通手段 : 京都市東山区円山町 円山公園内
※八坂神社奥です。
・京阪「祇園四条駅」阪急「河原町駅」より徒歩約15分
・市バス「祇園」バス停下車、徒歩約5分
https://maruyama-park-bandstand.jimdo.com/
料金 : 無料
曲目 : 第1部 京都吹奏楽団ステージ
ジュラシック・パーク
ディズニー・メドレー
ジャパニーズグラフィティⅩ 『時代劇絵巻』

第2部 京都府立園部高等学校・付属中学校吹奏楽部ステージ
ズッコケ男道
茶色の小びん
シュガーソングとビターステップ
明日はきっといい日になる
PEACH

第3部 Sound JACK Orchestraステージ
PICK UP THE PIECES
JAMES
Spring Can Really Hang You Up The Most
THE JAZZ POLICE

第4部 京都吹奏楽団ステージ
私のお気に入り
秋桜
いい日旅立ち
落夏流穂

合同ステージ(京吹、園部高等学校・付属中学校吹奏楽部)
スピリティッド・アウェイ《千と千尋の神隠し》より
問合せ :

担当者 京都吹奏楽団
E-Mail kyo00sui@gmail.com
HomePage https://kyosui1960.wixsite.com/home

■新千里ウインドアンサンブル第27回定期演奏会(11月18日)

大阪府の豊中市で活動している新千里ウインドアンサンブルと申します。
この度、第27回定期演奏会を開催する運びとなりました。
この場をお借りしてご案内させて頂きます。
皆様のご来場を団員一同心よりお待ちしております。

日時 : 2018年11月18日(日) 開場 14:30 、開演 15:00
会場 : 箕面市民会館グリーンホール
交通手段 : 阪急箕面線「牧落駅」より徒歩7分
料金 : 無料
曲目 : ●指揮
橋本 裕行 他

●曲目
♪オープニング
レスプレンデント・グローリー

♪第1部
交響曲「シネマ・トリロジー」~スタジオジブリ・コレクション~より
ジャパニーズ・グラフィティXVII 美空ひばりメドレー
リバーダンス・ハイライト

♪第2部
セント・アンソニー・ヴァリエーション
交響組曲「ピノキオ」
問合せ :

担当者 新千里ウインドアンサンブル
E-Mail shinsenri_wind@yahoo.co.jp
HomePage http://www.geocities.jp/shinsenriwind/

■東京音楽大学芸術祭実行委員会コンサート部署 DREAM ON BEAT with津堅ブラス!! (11月3日)

1部は東京音大得意の大編成でのクラシック音楽。2部はガラッと変わりミュージカル・レビュー・・・!大人も子供も楽しめちゃう!そんな演奏会を企画しております。

日時 : 2018年11月3日(土) 開場 13:20 、開演 14:00
会場 : 東京音楽大学100周年記念ホール
交通手段 : 池袋駅より徒歩15分/副都心線・雑司ヶ谷駅より徒歩5分
料金 : 無料
曲目 :
ローマの祭/O.レスピーギ
ジュビリー序曲/P.スパーク
巴里のアメリカ人
エビータ
ヘラクレス
オズの魔法使い
ノートルダムの鐘
美女と野獣
ウィキッド
レ・ミゼラブル

問合せ :

担当者 東京音楽大学芸術祭実行委員会コンサート部署
E-Mail tcm.concert@gmail.com
HomePage http://www.tokyo-ondai.ac.jp/

吹奏楽、ブラスバンド、マーチングの情報マガジン