■樋口幸弘のウィンド交友録~バック・ステージのひとり言 第81話 栄光のギャルド

▲LP – 栄光のギャルド/吹奏楽名演集(Angel(東芝)、AA-8302)

▲ Angel(東芝)、AA-8302 – A面レーベル

▲Angel(東芝)、AA-8302 – B面レーベル

第2次世界大戦後、日本の吹奏楽にもっとも大きな影響を与えた来日吹奏楽団は、1961年(昭和36年)11月に初来日したフランスの“ギャルド・レピュブリケーヌ交響吹奏楽団”(公演名)だった。

第22話「ギャルド1961の伝説」でお話したように、そのとき、彼らが演奏したプログラムは、ヨハン・セバスチャン・バッハの『トッカータとフーガ 二短調』」をはじめ、フランツ・リストの『ハンガリー狂詩曲第2番』、フランツ・フォン・スッペの喜歌劇『詩人と農夫』序曲、モーリス・ラヴェルの『ダフニスとクロエ』第2組曲、オットリーノ・レスピーギの交響詩『ローマの松』といったクラシックの名曲のほか、フローラン・シュミットの『ディオニソスの祭り』という高度なオリジナル曲などで組まれ、当時の日本の吹奏楽の水準からみると、まるで別世界のように感じられるものだった!

その後、半世紀以上のときが流れ、それらの曲がまるで日本の吹奏楽の定番レパートリーであるかのように演奏される姿をみると、このとき“ギャルド”からもたらされた音楽的インパクトがどれほど大きいものだったかがとてもよく理解できる。

“ギャルド”は、それまでの“マーチ”一辺倒だった日本の音楽ファンの吹奏楽に対する概念を根本から変えてしまうほどの大きな衝撃をもたらしたわけだ。

レコードは、日本コロムビアと東芝音楽工業から登場した!!

ところが、1960年代に国内発売されたレコードは、1枚を除き、すべて“マーチ・アルバム”だった。

第79話「ギャルドとコロムビア・レーベル」などでお話したように、当時のレコード会社の吹奏楽に対する捉え方(常識)が“吹奏楽=マーチ”にしっかり固定されていたので、それも仕方なかったかもしれない。

唯一例外の1枚は、来日時の楽長フランソワ=ジュリアン・ブラン(Francois-Julien Brun, Chef de la Musique et du Orchestre)から『どうしても残しておきたい曲が3つあるが、録音してくれるかな?』という録音当日の突然のリクエストで東芝がレコーディングした「ギャルド名演集」(Angel(東芝)、5SA-5003)だった。

25センチLPとして発売されたこのアルバムには、日本公演でも好評を博したクロード・ドビュッシーの『牧神の午後への前奏曲』、ジョルジュ・ビゼーの『アルルの女』組曲第2番から“ファランドール”、フローラン・シュミットの『ディオニソスの祭り』が収録されていた。

公演をナマや放送で聴いたリスナーが最も期待したアルバム内容だけに、1962年7月にリリースされるや、爆発的人気を集めてアッという間に完売。ところが、その後は、すぐに再プレスされることもなく、次にこれらの曲目が入ったアルバムがリリースされるのは、7年後の1969年9月まで待たねばならなかった。

レコード会社として、マーチ以外の吹奏楽レコードのリリースに慎重になっていた様子が見え隠れする。

同時に録音された6曲の日本のマーチ入りの17センチEP「ギャルド・レピュブリケーヌ日本マーチ集」(Angel(東芝)、YDA-5001)がレコード番号を変えて何度も発売されたのに比べ、あまりにも扱いが対照的だった。

もっとも、1950年代のフランス盤の収録曲にもマーチは多かった。

戦前から音楽執筆を行われ、“ギャルド”とも親交が深かった赤松文治さんの東京・永田町のご自宅に何度か押しかけた際、不躾にもこのことについて質問したことがある。

すると、苦笑しながらも、氏は『ブランの頃には、月に1度のペースでラジオ放送のための録音が行われていたんで、放送やコンサートで演奏するようなレパートリーまで、敢えてレコード化する必要はなかったんだよ。』と話された。

“なるほど。それなら、レコードなんか必要ないな”と思ったのを記憶している。

その後、他に放送録音があったことについては、氏の労作「栄光のギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団」(自費出版 / 1988 / 制作:音楽之友社 / 第24話「ギャルド1961外伝」参照)の中でも触れられている。

とは言うものの、やっぱりコンサート・レパートリーもレコードで聴いてみたい!

1967年10月、そんな音楽ファンの期待に応えるアルバムがついにフランスで録音され、その後、フランスEMIのパテ・マルコーニ・レーベルからリリースされた。

■KIOSQUE A MUSIQUE
(仏Pathe Marconi(EMI)、CPTPM 130572 / ステレオ / 30cm LP)
(Matrix:YPTX 1246 / YPTX 1247)

“RECITAL CLASSIQUE(リサイタル・クラシック)”というサブ・タイトルがあるこのアルバムには、何度でも聴きたい、つぎの4曲が収録されていた。

トッカータとフーガ 二短調(ヨハン・セバスチャン・バッハ)
Orchestration:フランソワ=ジュリアン・ブラン

ハンガリー狂詩曲 第2番(フランツ・リスト)
Orchestration:フランソワ=ジュリアン・ブラン

歌劇「泥棒かささぎ」序曲(ジョアッキーノ・ロッシーニ)
Transcription:レイモン・リシャール

喜歌劇「詩人と農夫」序曲(フランツ・フォン・スッペ)
Transcription:レイモン・リシャール

すべて日本公演で人気を博した曲で、指揮者も、来日当時の楽長ブラン!!

日本の音楽ファンが待ち浴びたこのアルバムは、録音翌年の1968年5月新譜として、東芝音楽工業のエンジェル・レーベルからもリリースされた。

■栄光のギャルド/吹奏楽名演集
GLORIOS GARDE REPUBLICAINE
(Angel(東芝)、AA-8302) / ステレオ / 30cm LP)
(Matrix:YPTX 1246 / YPTX 1247)

マーチ以外のフランス録音の登場に、日本中のファンが興奮に包まれ、アルバムは大ヒット!

その大成功は、日本のレコード各社に、“ひょっとすると、マーチ以外の吹奏楽レコードも売れる”かも知れないと認識させるきっかけになり、気を良くした東芝も、完売後、文字通りのお蔵入り状態になっていたシュミットの『ディオ二ソスの祭り』ほかの来日時の録音を再登場させることになった。

一方、ブランの定年(1969年6月18日)を間近かに控えたフランスでも、アルバムは、人気を博してロングセラーとなってプレスを重ねた。その後、1972年にも、カップリングを変更して再リリースされている。

調べると、フランス、日本以外でも、アメリカやカナダでもリリースされていたことがわかった。

1枚のレコードがマーケットの空気をガラリと変え、その国のレパートリーにまで大きな影響を及ぼすことになる、ものすごいパワーを秘めたアルバムが、かつて吹奏楽の世界にも存在した!

“栄光のギャルド”は、正しくそんなアルバムだった!!

▲ LP – KIOSQUE A MUSIQUE(仏Pathe Marconi(EMI)、CPTPM 130572)

▲ 仏Pathe Marconi(EMI)、CPTPM 130572 – 初期プレス盤 – A面レーベル

▲仏Pathe Marconi(EMI)、CPTPM 130572 – 初期プレス盤 – B面レーベル

▲仏Pathe Marconi(EMI)、CPTPM 130572 – 中期プレス盤 – A面レーベル

▲仏Pathe Marconi(EMI)、CPTPM 130572 – 中期プレス盤 – B面レーベル

▲仏Pathe Marconi(EMI)、CPTPM 130572 – 後期プレス盤 – A面レーベル

▲仏Pathe Marconi(EMI)、CPTPM 130572 – 後期プレス盤 – B面レーベル

▲LP – KIOSQUE A MUSIQUE(仏LA VOIX DE SON MAITRE(EMI)、C 053-12034)(1972)

▲仏LA VOIX DE SON MAITRE(EMI)、C 053-12034 – A面レーべル

▲仏LA VOIX DE SON MAITRE(EMI)、C 053-12034 – B面レーべル

▲LP – THE BANDSTAND(米Connoiseur Society、40-5664)

▲米Connoiseur Society、40-5664 – A面レーベル

▲米Connoiseur Society、40-5664 – B面レーベル

▲LP – CONCERT PROMENADE(カナダSelect、S-398.136)

▲カナダSelect、S-398.136 – A面レーベル

▲カナダSelect、S-398.136 – B面レーベル

【コラム】富樫鉄火のグル新 第236回 よみがえるサリエリ(中)

(前回よりつづく)
 わたしに、「作曲家」サリエリの魅力を教えてくれたのは、脚本家・作家の山崎巌さん(1929~1997)だった。
 巌(がん)さんは、日活のベテラン脚本家だった。小林旭主演の「渡り鳥」シリーズを筆頭に、『赤いハンカチ』などの裕次郎もの、さらには『こんにちは赤ちゃん』『大巨獣ガッパ』『ハレンチ学園』など、100本以上を書いた。後年はTVに舞台を移し、『プレイガール』『遠山の金さん捕物帳』『大江戸捜査網』など、とにかく娯楽シナリオを書かせたら右に出るものなき職人だった。
 そんな巌さんが、後年、小説を書くようになり、わたしが担当編集者になった。

 1990年代初頭、オーディオ音声ドラマ(カセット)で、ピーター・シェファーの『アマデウス』を制作することになったが、音声ドラマ台本のいい書き手が見つからず、困っていた。音声ドラマとは、耳で聴くものなので、映像台本とはちがった技法を要するのだ。
 あるとき、巌さんと食事しながら、その話をしたら、「それ、ボクに書かせてくれませんか」という。びっくりした。
 たちまち、夜霧にむせぶ横浜港が思い浮かんだ……。

【この続きを読む】

■洗足学園音楽大学ブリティッシュブラス 第49回定期演奏会(6月15日)

私たち洗足学園音楽大学ブリティッシュブラスは、金管楽器と打楽器で構成されたイギリス式の金管バンドを学んでいる金管・打楽器専攻生の団体です!

今回の演奏会では、現在、英国ウェールズ音楽大学ブラスバンドディレクターである「ロバート・チャイルズ」氏と、本学名誉教授であり日本ブラスバンド指導者協会理事長の「山本 武雄」氏を指揮に迎え、魅力溢れるブラスバンドオリジナル作品を演奏いたします!

ブラスバンド独自の豊かな響きと音楽をお楽しみ頂けたら幸いです♪

日時 : 2019年6月15日(土) 開場 18:00 、開演 18:30 
会場 : 洗足学園音楽大学 前田ホール 
交通手段 : JR南武線「武蔵溝ノ口」駅、東急田園都市線・大井町線「溝の口」駅 南口下車 徒歩8分 
料金 : 1000円(全席自由)
※6月13日(木)午後17:00までにお問い合わせ先ホームページにてお申し込み頂ければ、招待券をご用意致します

曲目 :
[第1部]
E.グレグソン // Of Distant Memories
[第2部]
P.グレイアム // サモン・ザ・ドラゴン
P.スパーク // カンティレーナ(陽はまた昇る)
R.V.ウィリアムズ // 序曲「ヘンリー5世」
P.グレイアム // ゲールフォース

[第3部]
M.ジョンストン // マーチ「ペニー・ウェイ」
B.ホリングス // ロストボーイの思い出
L.ボエルマン(E.ボール編曲) // ゴシック組曲 
問合せ :

担当者洗足学園音楽大学 事務局長室
TEL0448562713 (平日10:00~17:00)
E-Mailensou@senzoku.ac.jp
HomePagehttp://www2u.biglobe.ne.jp/~dafee/ticket49.html

■水戸ユースウィンドオーケストラ 第47回定期演奏会(6月16日)

当団は、茨城県水戸市を中心に吹奏楽を愛好する社会人が集まって結成された吹奏楽団です。今回の第47回定期演奏会では、数多くある吹奏楽曲の中から古典と言われる部類の曲を中心に採り上げてみました。吹奏楽のオールドファンの方々にとっては懐かしい曲が並んでおります。皆様のご来場を団員一同、心よりお待ちしております。

また、当団では随時団員を募集しております。
団名から青少年中心の楽団と思われがちですが、「ユース」の由来は「いつまでも青少年のようにエネルギッシュに音楽しよう!」という生涯学習の精神からなるもので、現在も幅広い年齢層のメンバーが楽しく活動しています。
ぜひ私たちと一緒に演奏しましょう。
まずはお気軽にお問合せください。

日時 : 2019年6月16日(日) 開場 13:00 、開演 13:30 
会場 : ひたちなか市文化会館大ホール 
交通手段 : JR常磐線勝田駅下車徒歩15分
ひたちなか海浜鉄道湊線日工前駅下車徒歩5分 
料金 : 入場無料 
曲目 :
第1部
フェスティーヴォ(エドワード・グレッグスン作曲)
組曲「惑星」より「木星」(グスターヴ・ホルスト作曲/ジェイムズ・カーナウ編曲)
イギリス民謡組曲(レイフ・ヴォーン=ウィリアムズ作曲)
第2部
マスク(ウィリアム・フランシス・マクベス作曲)
アレルヤ!ラウダムス・テ(アルフレッド・リード作曲)
歌劇「ローエングリン」より「エルザの大聖堂への行列」(リヒャルト・ワーグナー作曲/ルシアン・カイリエ編曲)
シンフォニア・フェスティーヴァ(アーン・ランニング作曲)
問合せ :

担当者事務局
TEL090-6799-3403
E-Mailmito_youth@yahoo.co.jp
HomePagehttp://mywo.web.fc2.com/

■積志ウィンドアンサンブル 第38回定期演奏会(6月30日)

今年の演奏会では、古代ローマの奴隷戦争であるスパルタクスの反乱を迫力満点に描いたJ.ヴァンデルロースト作曲の「交響詩『スパルタクス』」、スタジオジブリの大ヒット作品もののけ姫の劇中曲をアレンジした「『もののけ姫』Highlights」、W.F.マクベス作曲の緊張感あふれる「マスク」、旧約聖書にあるノアの方舟の物語をストーリー性豊かに表現したB.アッペルモント作曲の「ノアの方舟」などを演奏する予定です。皆様のご来場をお待ちしております。

日時 : 2019年6月30日(日) 開場 13:15 、開演 14:00 
会場 : アクトシティ浜松中ホール 
交通手段 : JR浜松駅より徒歩10分 
料金 : 500円(全席自由席) 
曲目 :
音楽祭のプレリュード(A.リード)
・アーデンの森のロザリンド(A.リード)
・マスク(W.F.マクベス)
狂詩曲ノヴェナ(J.スウェアリンジェン)
「もののけ姫」Highlights(久石譲作曲、天野正道編曲)
アルセナール(J.ヴァンデルロースト)
ノアの方舟(B.アッペルモント)
交響詩「スパルタクス」(J.ヴァンデルロースト) 
問合せ :

担当者積志ウィンドアンサンブル(嶋田)
TEL080-9712-5131
E-Mailinfo@sekishiwind.com
HomePagehttp://www.sekishiwind.com/

■グラールウインドオーケストラ 第39回定期演奏会(6月16日)

本年は横浜みなとみらい大ホールにて「愛」あるグラールサウンドをお届けいたします。

第一部は海の見えるみなとみらいに相応しいR.W.スミス作曲「海の男たちの歌」で幕開けです。
波のさざめきをイメージしたパーカッションの演出、海を舞台としたドラマティックなメロディをお楽しみください。

本年度委嘱作品は、日本の吹奏楽界を代表する作曲家である福島弘和氏の作品をお届けいたします。
軽快なリズム、当団の得意とする『愛あふれるメロディ』が様々な形で盛り込まれた立体感のあるゴージャスな作品となっております。
冒頭の特徴あるメロディを主題とした熱く情熱的な作品にご注目ください。
メインプログラムでは、D.ショスタコーヴィチ作曲の交響曲第5番「革命」を演奏いたします。吹奏楽コンクールをはじめ、数々の演奏会で演奏される終楽章は有名ですが、本演奏会では全楽章を演奏いたします。吹奏楽版で全楽章が取り上げられることの少ない交響曲ですが、当団ならではの大編成によるオーケストラを彷彿させるサウンドにご期待ください。
団員一同、皆様のご来場心よりお待ちしております。

○当演奏会は入場無料ですが、ご入場には「座席指定券」が必要です。次のいずれかの方法でお申し込みください。
5月7日(火)より座席指定券の受付を開始いたします。

【座席指定券のお申込み】
①お電話で
070-2831-6167(平日20:00以降のみ受付)
お名前、連絡先、希望枚数をお伝えください。 
②パソコン、スマートフォン等からインターネットで
当団ホームページ (http://www.gwo.org/concert.html) にアクセスしてください。
※チケットペイサービスを利用することにより、座席指定が可能です。(ファミリーマートでの発券手数料324円が必要です。)
詳しくは当団ホームページをご確認ください。

日時 : 2019年6月16日(日) 開場 12:50 、開演 13:30 
会場 : 横浜みなとみらいホール 
交通手段 : みなとみらい駅(東急東横線直通/みなとみらい線)下車、「クイーンズスクエア横浜連絡口」より徒歩3分 
料金 : 入場無料・全席指定(要座席指定券) 
曲目 :
海の男たちの歌(R.W.スミス)
2019年度全日本吹奏楽コンクール課題曲より
2019年度当団委嘱作品(福島弘和)
交響曲第5番「革命」(D.ショスタコーヴィチ) 
問合せ :

担当者演奏会事務局
TEL070-2831-6167(平日20:00以降)
E-Mailinfo@gwo.org
HomePagehttp://www.gwo.org/

■川口ウィンドアンサンブル(吹奏楽) 創立40周年記念 第33回定期演奏会(6月9日)

メンバーは10代から60代後半までのバラエティに富んだ年齢構成で、多彩なジャンルを吹奏楽でお届けする会場一体となって楽しめるリピーターの多いコンサートです。
メンバーも随時募集中です!
見学も大歓迎!! ⇒ kwe@ex.cx

日時 : 2019年6月9日(日) 開場 13:00 、開演 13:30 
会場 : 川口総合文化センター リリア音楽ホール 
交通手段 : JR京浜東北線「川口駅」西口正面徒歩1分 
料金 : 入場無料【全席自由】※満席時は入場をお断りする場合がございます。 
曲目 :
組曲「展覧会の絵」より(ムソルグスキー)
海の男たちの歌(ロバート・W・スミス)
アンサンブルステージ 他 
問合せ :

担当者E-mail
E-Mailinfo@kwe.jpn.org
HomePagehttp://kwe.jpn.org/

■池田市民文化会館 アゼリアホール 第29回 足立 衛 & アゼリアジャズオーケストラ コンサート ~ 結成15年記念 ザ・ジャズ プレミアムコンサート (6月9日)

2005年に発足したアゼリアジャズオーケストラは、日本で初めて公共ホール「池田市民文化会館 アゼリアホール」をフランチャイズ(本拠地)とするプロビッグバンドです。今年結成15年を迎え、1月には初のCDアルバムをリリースしました。

今回の公演では結成15年の集大成としてアゼリアジャズオーケストラのルーツ「スウィング・ジャズ」の巨匠ベニー・グッドマンやグレン・ミラー楽団珠玉の名曲と、ジョージ・ガーシュインの大曲などを演奏予定。

音楽活動55年のキャリアを誇るバンドリーダー足立衛氏が発足から築き上げた『これぞ!! アゼリアジャズオーケストラのサウンド』を存分に披露します。華麗で多彩・鮮やかで迫力あるビッグバンド・サウンドをお楽しみください。

日時 : 2019年6月9日(日) 開場 14:00 、開演 16:20 
会場 : 池田市民文化会館 アゼリアホール 
交通手段 : 阪急電鉄 宝塚線 石橋駅下車 徒歩約8分 
料金 : 前売り 3,500円 
曲目 :
SING SING SING Part1・Part2
ムーンライト・セレナーデ
ラプソディー・イン・ブルー
10番街の殺人 ~ レス・ブラウン オーケストラ ~
くるみ割り人形-小序曲
Tie A Yellow Ribbon ‘Round The Ole Oak Tree (幸せの黄色いリボン )

問合せ :

担当者池田市民文化会館
TEL072-761-8811
FAX072-761-1987
E-Mailmurata@azaleanet.or.jp
HomePagehttp://www.azaleanet.or.jp/

■石見由美子プロデュース 射水welcome!きときとコンサート~栃尾克樹氏・秋田孝訓氏をお迎えして~(5月12日)

ピアノ・エレクトーンの石見由美子プロデュースによるコラボレーション企画第2弾。東京佼成ウインドオーケストラよりサックス奏者栃尾克樹氏と、パーカッション奏者秋田孝訓氏、テノール歌手辰巳陽彦氏をゲストに迎え、クラシックから童謡・演歌の他、石見由美子オリジナル曲「NewPortしんみなと」などを多彩に披露します。

日時 : 2019年5月12日(日) 開場 14:30 、開演 15:00 
会場 : 高周波文化ホール(新湊中央文化会館) 
交通手段 : JR高岡駅より在来線利用でホール最寄り駅まで15分間 
料金 : 無料 
曲目 :
♪石見由美子オリジナル曲「NewPortしんみなと」
♪華麗なる大円舞曲
♪トロイメライ
♪ワールドミュージック変奏曲
♪クラシックセレクション
♪日本の唱歌
♪ディズニーメドレー
♪ジブリソングコレクション
♪スーパーヒット 歌謡曲特選

他 
問合せ :

担当者マツノ楽器
TEL0766-84-4136
E-Mailmatsunogakki@shore.ocn.ne.jp

【コラム】富樫鉄火のグル新 第235回 よみがえるサリエリ(上)

 昨年、ナショナル・シアター・ライブ(英国立劇場の舞台映像)で『アマデウス』(ピーター・シェファー作、マイケル・ロングハースト演出)を観た。わたしは、それまで、この芝居を、日本版の舞台と、映画版(1984年/ミロス・フォアマン監督)でしか、観たことがなかった。どちらも何回も観ているが、ロンドンのオリジナル版舞台は、初めてだった。

 そのロンドン版で驚いたのは、全編、観客が大笑いしながら観ていることだった。日本版では、笑いが出る個所もあるが、おおむね息を詰めて観ている。全体に深刻な物語だとの印象が強い。特に、ラストで、サリエリが「わたしは、これから、あらゆる凡庸な人々の守り神になる」と宣言する場面では、ジワリと涙を流す観客もいる。

 ところがロンドン版では、ここでドッと最大の笑いが起きるのだ。
 その笑い方には「サリエリって、バカじゃないの」と、あきれ返ったような空気すら感じた。
 むかし、ドリフターズのコントで、クライマックスになると上から巨大なタライが落ちて来て、頭に喰らった加藤茶が目を回してひっくり返るパターンがあり、そのたびに我々は「また出た! バカバカしいなあ」と思いながら笑っていたものだが、あれに近いものを感じた。

 要するにオリジナル版『アマデウス』は、ドタバタお笑いコメディなのだ。

【この続きを読む】

吹奏楽、ブラスバンド、マーチングの情報マガジン