■樋口幸弘のウィンド交友録~バック・ステージのひとり言 第101話 グレナディア・ガーズがやってきた

▲チラシ – 英国近衛軍楽隊コンサート(2019年10月9日、阪急うめだホール、大阪)

▲ チラシ – 裏

▲プログラム表紙 – The Band of Grenadier Guards Japan Tour 2019

▲同、演奏曲目

『えーッ??“グレナディア”、来るんですか??全然知りませんでした!』

2019年(令和元年)10月3日(木)、全日本学生吹奏楽連盟理事長、溝邊典紀さんに、大阪・梅田の阪急うめだホール(阪急百貨店9階)で10月9日に開かれるイギリスのグレナディア・ガーズ・バンド(The Regimental Band of the Grenadier Guards)のコンサートをどうされるのか、電話でおたずねした時、ものすごい勢いで返ってきた驚きの声だ。

招聘元は、東京のベルカントジャパン。だが、何といっても、コンサートの主催者が、阪急うめだ本店であることが、大阪ネイティブにとっては、一際目を引く大事件として映る。チラシにも、高級感のある“Hankyu”のロゴが光っている!

グレナディア・ガーズ・バンドの創立は、1685年。「グレナディア・ガーズ」「コールドストリーム・ガーズ」「スコッツ・ガーズ」「ウェルシュ・ガーズ」「アイリッシュ・ガーズ」と、現在5隊ある“近衛歩兵連隊”の名を冠した5つのバンドの1つとして、バッキンガム宮殿やウィンザー城の衛兵交代など、王室関連の演奏を他のガーズ・バンドとともに担う。また、ミリタリー・バンドとして、イギリスで最も長い歴史を誇っている。(参照:《第13話 英国女王陛下の音楽大使》)

当然、レコードや放送でも大活躍。《第92話 かくて歴史は書き換わる!》でお話した、グスターヴ・ホルスト(Gustav Holst)の『組曲第1番(First Suite in E flat for Military Band, Op.28 No.1)』を、世界でいち早く1920年代の前半、英Columbiaにジョージ・ミラー(Lt.-Col. George Miller、在任:1921~1942)の指揮で全曲録音したバンドだ。

エリザベス女王の戴冠式が行なわれた1953年の奉祝記念盤「Marches of the British Fighting Forces」(英Decca、LK 4058、モノラル)以降は、老舗メジャー・レーベル、英Decca専属のドル箱アーティストとして活躍。フレデリック・J・ハリス(Lt.-Col. Frederick J. Harris、在任:1942~1960)、ロドニー・B・バシュフォード(Lt.-Col. Rodney B. Bashford、在任:1960~1970)、ピーター・W・パークス(Major Peter W. Parkes、在任:1970~1976)の3代の音楽監督の指揮で録音されたレコードは、日本でもDeccaと契約関係にあったキング(Londonレーベル)やユニバーサル(同)からレコードやCDとしてリリースされたから、国内にも相当数のファンをもつ。

また、1990年(平成2年)、大阪・鶴見緑地で開催された「国際花と緑の博覧会 EXPO’90」(期間:4月1日~9月30日)でも、9月25日(火)の“英国ナショナルデー”のために、演奏旅行中のタイから、バンドのほぼ半数を分派して初来日。ナショナルデーのセレモニーや当時このバンドが売り物にしていた“18世紀バンド”(18世紀当時のユニフォームと曲目で人気を博した)の演奏で会場を大いに沸かせた。

グレナディア・ガーズの“日本ツアー2019”の主なスケジュールは、つぎのように組まれた。

・10/9(水)阪急うめだホール(大阪)

・10/10(木) 金沢歌劇座(石川)

・10/12(土) 武蔵野市民文化会館(東京)
(※台風19号のため、公演中止)

・10/13(日) 北上市文化交流センターさくらホール(岩手)

・10/14(月・祝) 神奈川県立音楽堂

・10/15(火) 昭和女子大学人見記念講堂(非公開)(東京)

・10/17(木) 英国大使館(非公開)(東京)

・10/19(土) 皇居前広場(奉祝パレード)(東京)

上記以外にも、公演地によっては、パレードも組まれていたが、それはともかく、2019年のツアーは大阪が起点であり、これはなかなかない千載一遇のチャンスだと思えた。なぜなら、ガーズのコンサートでは、聴衆の反応や地元のニーズを見極めながら、演目が変更されることが多いからだ。しかしながら、初日だけは用意したプロどおりに演奏されるはずで、それを聴けば、このバンドがこのツアーにどれだけの準備をしてきたかがよくわかる。また、密かな愉しみである即販グッズもひととおり全部が並ぶ!

(今回も、グレナディア・ガーズの連隊バッジが刺繍されているポロシャツやガーズ・ネクタイ、装身具、各種ステッカー、絵葉書、書籍、CDなど、盛りだくさん。片っ端から買えば、間違いなく破産の憂き目をみるほどだった!)

そこで、海外バンドのコンサートをご一緒する機会が多い溝邊さんに電話を入れたわけだが、当日は、たいへん珍しい午前11時の開演だったため、あいにく氏は同じ時間帯に先約があり、コンサートにはひとりで出向くことになった。

それにしても、事情通の溝邊さんが地元で開かれるこのコンサートのことをまったくご存知なかったのは、たいへんなレアケースだ!!恐らくは広報不足だろうが、電話では『なんで(なぜ)、そんな時間に…。』とたいへん残念がられていた。

ホールに入り、早速ツアー・プログラム(500円なり!)を購入し、中を開くと、プログラムには、ヤン・ヴァンデルローストの『横浜音祭りファンファーレ』や広瀬勇人の『キャプテン・マルコ』、今井光也の『オリンピック東京大会ファンファーレ』、古関裕而の『オリンピック・マーチ』など、日本を意識した曲名が並ぶ。同行するスコッツ・ガーズとグルカのバグパイプ鼓隊のメンバーを交えた『アメージング・グレース』や『ハイランド・カテドラル』、クィーンのヒット曲『ボヘミアン・ラプソディー』やミュージカル『キャッツ』から“メモリー”、エルガーの行進曲『威風堂々』第1番など、イギリスを感じさせる曲も多い。

日英交歓と誰でも愉しめるエンターテイメント性をミックスさせたプログラムだ!

実際、平日の午前スタートのこのコンサートの聴衆の大半は、百貨店に買い物ついでに誘い合わせて来られたようなご婦人衆が多かったから、肩肘張らずに愉しめるこのプログラムは、この日の聴衆にはぴったりマッチしていたようだ。

やがてステージの明かりが上がり、メンバーが入ってきた。そのとき、あることに気がついた。おなじみの赤いユニフォームの腕に伍長や軍曹の階級章をつけたプレイヤーがかなり多いのだ。ラフに数えても、全体の3/4以上がそのようだった。これはかなり期待できるゾ!

ほとんどベテラン奏者で構成されるバンドであることを示していたからだ。

プログラムが始まると、筆者の予想は的中。この日のホールがそんなに大きな空間をもたないのにもかかわらず、バンドの音が混じりあって美しくソフトに響く。個々のスキルも高い。指揮者は2人制だったが、音楽監督のマイクル・スミス(Major Michael Smith)が指揮をとった『キャプテン・マルコ』がとくに絶品だった!

その一方、公演チラシのオモテ・ウラの両面に、グレナディア・ガーズではない別のバンド(グレナディアとは“永遠のライバル関係”にあるコールドストリーム・ガーズ・バンド)のステージ写真が使われていたり、ツアー・プログラムの曲目解説中、古関裕而の『オリンピック・マーチ』の解説文の中身が全篇“リバーダンス”になっていたり、いったい何と表現したらいいのか分からないほど、パワー全快で“つっこみたい”気分になった。まるで拙速の見本のようなもので、本当に、もう少し注意深く作れないものだろうかと願う。

なによりも、グレナディア・ガーズに対する礼を失している!

しかし、しかしである。そんな残念なこともあったが、この日聴いたグレナディア・ガーズのパフォーマンスには、かなりの満腹感を覚えた。

そして、プログラム終了時、司会者から驚くべき案内が告知された。

なんと、この後、百貨店内の同じフロアにある祝祭広場(階段状に石造りの座席が組まれている)で30分プロの演奏(無償)が何度か行なわれるというのだ。しかも、マーチングもあると!

オッと、これは大ニュースだ!溝邊さんに、すぐにでもお知らせせねば!

この予想外の“緊急事態”に、急いで家までとって返し、奈良の溝邊さんに電話を入れて、これからまだ午後5時からと7時からの2回、30分プロがあることを伝える。

すると、ちょうど大阪から帰宅されたばかりだった氏は、『えッ?それは、聴きにいかんと(行かないと)!』と、ふたたび大阪に向かうことを即断された!

ロケーションが近い筆者は、朝のコンサートとは完全に別プロの午後5時と7時の両回(それぞれの曲目も違った)を堪能し、急遽奈良から来られた溝邊さんも、7時からの演奏には間に合った。

この祝祭広場でのパフォーマンスは、ドラム・メイジャーの号令一下、グレナディア・ガーズの制式速歩行進曲『ブリティッシュ・グレナディアーズ(British Grenadiers)』で下手サイドから入場。広場でコンサート隊形にフォーメーションを変え、立奏のままポップな曲を何曲か演奏した後、再びマーチング・フォーメーションに戻って『ブリティッシュ・グレナディアーズ』で下手へと捌けていくというスタイルのパフォーマンス。

おなじみの熊皮(ベアスキン)の帽子を被った姿で入場してくる彼らに向けられるもの凄い数のスマホと万雷の拍手!

みんな笑顔だ!

『ええ音(いい音)してますなー!』

溝邊さんが思わず口にされたこの言葉が、そのすべてを物語っていた!

▲英国ナショナルデーのファンファーレ隊(1990年9月25日、国際花と緑の博覧会、大阪)

▲グレナディア・ガーズ18世紀バンド(同)

▲ファンファーレ隊と18世紀バンドの合同パフォーマンス(同)

▲LP(30センチ) – Marches of the British Fighting Forces(英Decca、LK 4058、モノラル、1953年)

▲LK 4058 – A面レーベル

▲LK 4058 – B面レーベル

▲LP(25センチ) – Finlandia – Overtura di Ballo(英Decca、LW 5117、モノラル、1954年)

▲LW 5117 – A面レーベル

▲LW 5117 – B面レーベル

【コラム】富樫鉄火のグル新 第253回 「させていただく」

 学生時代、山田稔『スカトロジア 糞尿譚』(講談社文庫、1977/原著は未来社刊、1966)を読んで仰天した。オシッコ、ウンコ、垂れ流し、オナラ、トイレ……について、西洋文学でどう扱われているかを集めて考察した、すさまじい文芸エッセイだった(本書で、わたしは、スウィフトの『ガリヴァー旅行記』が世界最高の“スカトロ文学”であることを知った)。
 知性と品のある文章も忘れられない。著者・山田稔(1930~)は、仏文学者である。バルザック、ゾラ、フローベールなどの翻訳者として知られる。岩波文庫の名著『フランス短篇傑作選』は、このひとの訳編である(実に面白いセレクションなので、一読をお薦めする)。
 だがもうひとつ、山田稔は短篇小説作家、そして名エッセイストでもある。『コーマルタン界隈』(河出書房新社、1981/現・編集工房ノア)で芸術選奨文部大臣賞を、『ああ、そうかね』(京都新聞出版センター、1996)で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞している。

 そんな山田の自選集の刊行が始まった(『山田稔自選集1』編集工房ノア)。
 さすがに何重ものフィルターを通過してきたような名エッセイばかりで、わたしが講師をしているエッセイ教室でもさっそくテキストにしたほどだ。

【この続きを読む】

■大阪芸術大学でヴィルジニー・アケ(Fl)が公開マスタークラス&コンサートを開催(10月24日)

フルートの巨匠マクサンス・ラリューの愛弟子で、フランス屈指の吹奏楽団であるパリ警視庁音楽隊のフルート奏者ヴィルジニー・アケ氏が10月24日(木)に大阪芸術大学3号館ホールにて公開マスタークラス&コンサートを開催する。

マスタークラスでは、フルートの奏法のみならず、音楽の純粋性を体現するための技術・方法論などを幅広い視野から解説。コンサートでは、フルート協奏曲第1番ト長調第1楽章(W.A.モーツァルト)、クスコの月(田中久美子)、他を演奏する予定。

当日のフランス語通訳は、田中久美子が担当する。

■ヴィルジニー・アケ(Fl)公開マスタークラス&コンサート

【日時】2019年10月24日(木)10時50分?13時10分
【場所】大阪芸術大学3号館ホール

公開マスタークラス:10時50分~12時20分
ソロコンサート:12時40分~13時10分
公開グループレッスン:15時~16時30分

対象者:学生、その他 約120名

■ヴィルジニー・アケ Virginie HAQUET
 パリ生まれ。ピアノを8年間学んだ後、ムードン音楽院にてフルートをジャン=ルイ・ボーマディエとイーダ・リベラに師事、最優秀の修了証書を得る。その後、リュエイユ=マルメゾン音楽院でフィリップ・ピエルロに師事し金賞と最優秀1等賞、さらに、リヨン国立高等音楽院にてマクサンス・ラリューに師事、審査員満場一致の賞賛を得て1等賞受賞。レオパード・ベランコンクール第1位、ネリーニコンクール最優秀賞、ジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクールセミファイナリスト。
 コンセール・パドルー(フランス最古のパリのコンサート・オーケストラ)客演奏者を経て、パリ警視庁音楽隊フルート奏者に就任、現在に至る。加えて、エコール・ドゥ・ラ・レジオンドヌール(レジオンドヌール勲章受賞者の子女が入学する学校)教授、及び、イシー・レ・モリノー県立音楽院教授を兼務している。現代作曲家の作品の初演にも精力的に取り組み、巨匠デジレ・ドンデーヌからフルートとハープのための2曲の協奏曲を、フロレンティーヌ・ムルサンからフルートとピアノのための作品をそれぞれ献呈されている。

■大阪音楽大学HP
https://www.osaka-geidai.ac.jp/

■堺市立福泉中学校吹奏楽部 第28回定期演奏会 いぐねぇコンサート(10月22日)

堺市立福泉中学校吹奏楽部、秋の定期演奏会を10月22日(火・祝)に行います。
今年度は吹奏楽コンクールで関西大会に出場することができました。また26日に行われる日本管楽合奏コンテスト全国大会出場も決まっております。
1年間の集大成となる演奏会で、部員一同、精一杯頑張りますので、よろしければご来場ください。

【日時】2019年10月22日(火・祝)16:00開場 16:30開演
【会場】堺市立西文化会館ウェスティホール
(JR阪和線鳳駅より徒歩6分)
【客演指揮】山城雅也(本校吹奏楽部合奏指導講師)
【料金】無料

【プログラム】
【第1部】
たなばた(酒井格 作曲)
ミュージカル「レ・ミゼラブル」より(森田一浩 編曲)

【第2部】
・恒例!福中スペシャルメドレー17
吹奏楽のための交響的ファンタジー「ハウルの動く城」(後藤洋 編曲)

【第3部】
・2019年度吹奏楽コンクール大阪府大会 金賞・府代表/関西大会 出場 課題曲・自由曲
 第25回日本管楽合奏コンテスト全国大会 演奏曲
 〇課題曲4番 行進曲「道標の先に」(岡田康汰 作曲)
 〇パラフレーズ・パァ《スタティック・エ・エクスタティック》アヴェック・アン・プロローグ・エ・レピローグ(天野正道 作曲)

【問い合わせ】堺市立福泉中学校吹奏楽部 顧問(菊一旭大)

■オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ 第128回定期演奏会(1月23日)

現田茂夫×Shionがお贈りする人気曲コンサート!全曲40分を超える大作のためなかなか聴く機会の少ない貴重な機会です。ぜひお聞き逃しなく!

日時 : 2020年1月23日(木) 開場 18:00 、開演 19:00
会場 : ザ・シンフォニーホール
交通手段 : JR環状線「福島」駅より北へ徒歩約7分
料金 : (S席)5000円 (A席)4000円 (B席)3000円 C席1500円 (ペア席)7000円 学生割引(S、A、B席 1000円引き)
曲目 :
■高 昌帥:吹奏楽のための風景詩「陽が昇るとき」
■F.チェザリーニ:交響曲第1番 作品50「アークエンジェルズ」
※曲目は変更になる場合がございます。予めご了承ください。
問合せ :

担当者Shionチケットセンター
TEL0800-919-5508
E-Mailinfo@shion.jp
HomePagehttp://shion.jp

■オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ  いずみホール特別演奏会 SHION meets MEAD(12月19日)

前半はネリベル生誕100年としてオール・ネリベルと世界的ユーフォニアム奏者スティーブン・ミード、ミサ・ミードとのスペシャル・コラボでお楽しみください!

日時 : 2019年12月19日(木) 開場 18:00 、開演 19:00
会場 : いずみホール
交通手段 : JR環状線「大阪城公園駅」より徒歩約3分、Osaka Metro長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク駅」より徒歩約5分、京阪「京橋駅」より徒歩約8分
料金 : (S席)5000円 (A席)4000円 (B席)3000円  学生割引(S、A、B席 1000円引き)
曲目 :
~ネリベル生誕100年~
V.ネリベル:交響的断章
V.ネリベル:プレリュードとフーガ
V.ネリベル:フェスティーヴォ
V.ネリベル:トリティコ

~SHION meets MEAD~
P.スパーク:ジュビリー序曲
T.ダヴォレン:リチュアルズ [Steve solo]
P.スパーク:パントマイム [Misa solo]
P.スパーク:2パート・インベンション [Duet]
T.ウォン:死が二人を分かつまで [Duet]

※やむを得ぬ事情により、出演者、演目等に変更になる場合がございます。予めご了承ください。
問合せ :

担当者Shionチケットセンター
TEL0800-919-5508
E-Mailinfo@shion.jp
HomePagehttp://shion.jp

■オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ 第127回定期演奏会 ー海ー(11月30日)

地球の大部分を占める「海」。この自然が持つ神秘性や創造力は、作曲家にとってもまた様々な想像力の源となります。今回の定期演奏会では「海」が創り上げた様々な物語をお贈りいたします。

日時 : 2019年11月30日(土) 開場 13:00 、開演 14:00
会場 : ザ・シンフォニーホール
交通手段 : JR環状線「福島」駅より北へ徒歩約7分
料金 : (S席)5000円 (A席)4000円 (B席)3000円  (ペア席)7000円   学生割引(S、A、B席1000円引き)
曲目 :
■長生 淳:トリトン
■F.チェザリーニ:「ブルー・ホライズン」 作品23b
■J.イベール(西村 友 編曲):交響組曲「寄港地」
■C.ドビュッシー(西村 友 編曲):交響詩「海」
※やむを得ぬ事情により、出演者、曲目等に変更がある場合があります。予めご了承ください。
問合せ :

担当者Shionチケットセンター
TEL0800-919-5508
E-Mailinfo@shion.jp
HomePagehttp://shion.jp

■オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ 第2回京都定期演奏会(10月24日)

吹奏楽の指揮にも定評のあるイギリス出身のダグラス・ボストック氏を迎え、イギリスをテーマにお贈りいたします。前半はG.ホルストの3曲を、後半にはホルストの出生地コッツウォルズ地方の風景や印象を題材にしたデリク・ブルジョアが書いた「交響曲第6番作品109b「コッツウォルド交響曲」を演奏いたします。

日時 : 2019年10月24日(木) 開場 18:00 、開演 19:00
会場 : 京都コンサートホール
交通手段 : 京都市営地下鉄烏丸線「 北山」駅下車
1番または3番出口 南へ徒歩5分
料金 : (S席)5000円 (A席)4000円 (B席)3000円 (ポディウム席)2500円 学生割引(S、A、B席 1000円引き)
曲目 :
■G.ホルスト(伊藤 康英 校訂):吹奏楽のための第1組曲
■G.ホルスト:「ハマースミス」
■G.ホルスト:ムーアサイド組曲
■D.ブルジョア:交響曲第6番 「コッツウォルド交響曲」
※曲目は変更になる場合がございます。予めご了承ください。
問合せ :

担当者Shionチケットセンター
TEL0800-919-5508
E-Mailinfo@shion.jp
HomePagehttp://shion.jp

■CHOSEI WIND ENSEMBLE 第11回定期演奏会(12月1日)

「ずっとずっと音楽を楽しんでいたい!」
を合言葉に2008年11月に結成した一般吹奏楽団です(旧団体名 長生ウインドアンサンブル)。

演奏会や吹奏楽コンクール、イベントへの参加などを通じ、地域に貢献するとともに団員ひとりひとりがつながりあって親睦を図ることを目的にしており、千葉県の山武・長生・夷隅地区に音楽の輪を広げ、沢山の方々に愛される楽団を目指しています。

昨年、おかげさまで結成10周年を迎えることができ、また新元号となりました本年は8月に開催された第61回千葉県吹奏楽コンクール一般・職場の部A部門におきまして結成以来初の金賞受賞及び千葉県代表として東関東大会へ出場させていただきました。

そんな楽団としても新しい時代を迎えた私たちCHOSEI WIND ENSEMBLEは、11回目となる定期演奏会を開催させて頂きます。

第1部は少し真面目なシンフォニック・ステージを。
そして第2部は毎回「お楽しみポップスステージ」と題して、吹奏楽を良く知らないお客様にも一緒に楽しんで頂けるようなステージを企画しています。

団員一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

日時 : 2019年12月1日(日) 開場 13:30 、開演 14:00
会場 : 東金文化会館 大ホール
交通手段 : 千葉県東金市八坂台1-2107-3
JR東金線「東金駅」より徒歩20分
駐車場500台あり
料金 : 500円(全席自由)
曲目 :
A.リード:オセロ
天野正道:ジュウ・シメリック
お楽しみポップスステージ ほか
問合せ :

担当者当団事務局
E-Mailcwe81108@gmail.com
HomePagehttps://choseiwind.jimdofree.com/

■SBGウインドオーケストラ 第37回定期演奏会(11月24日)

東京の下町、葛飾区・江戸川区・墨田区・江東区を中心に活動している吹奏楽団です。学生から社会人まで幅広い年齢層の団員が所属しています。令和初の定期演奏会、団員一同皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

日時 : 2019年11月24日(日) 開場 13:30 、開演 14:00
会場 : かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
交通手段 : 電車:京成青砥駅下車徒歩5分
バス:京成バス(新小52系・53系)
   JR新小岩駅⇔JR亀有駅
 「文化会館かつしかシンフォニーヒルズ」下車
料金 : 入場無料
曲目 :
ザ・バンドワゴン
「もののけ姫」セレクション
ノーマン・ロックウェル組曲
星に願いを
吹奏楽と語りのための作品「ロスト・ムーン」
~マン・オン・ザ・ムーン・エピソード2~

問合せ :

担当者岩田
E-Mailsbg.teien@sbgwind.com
HomePagehttp://www.sbgwind.com

吹奏楽、ブラスバンド、マーチングの情報マガジン