■樋口幸弘のウィンド交友録~バック・ステージのひとり言 第111話 スパーク「宇宙の音楽」の迷走

▲フィリップ・スパーク(本人提供)

▲スコア – 宇宙の音楽(英Anglo Music Press、出版:2005年)

『ヒグチさん、この前スコアをお預かりしましたスパやんの新曲の件なんですが、早速“プログラム”の方で協議して、話を上げましたら、上が“どうしてもアカン”ってゆうてますねん(どうしてもダメだと言ってるんです)。』

2004年(平成16年)6月下旬、大阪市音楽団(市音 / 現Osaka Shion Wind Orchestra)のプログラム編成委員のリーダー、延原弘明さんから掛かってきた電話だ。

延原さんは、Ebクラリネットの名手で、その後、楽団が民営化されて一般社団法人となったとき、初代代表理事になった人物だ。

会話の中の“スパやん”とは、無論、イギリスの作曲家フィリップ・スパーク(Philip Sparke)のことだ。何度も来阪し、ひとりで地下鉄に乗れるまでに、その空気の中に溶け込んでいたフィリップは、当時、市音内部では、大阪流親愛の念とリスペクトを込めてそう呼ばれていた。

周囲の話を総合すると、そのネーミング・ライツは、どうやら筆者にあるらしいが、今さらそんなことはどうでもいい。自然発生的に生まれた大阪ネイティブによる親称だ。

また、市音に預けていたスコアとは、フィリップのブラスバンドのための新作『宇宙の音楽(Music of the Spheres)』の出版前オリジナル・スコアのプルーフだった。

第107話:スパーク「宇宙の音楽」との出会い》でお話したとおり、これより少し前の6月1日(火)、フィリップと東京で会った際、“もし、それをウィンドオーケストラのために新たにオーケストレーションを施して作り直すとするなら、果たして市音は演奏してくれるだろうか?”という驚くべき相談を受けた作品で、帰阪するとすぐ、市音にスコアを手渡し、彼の提案を投げかけていた。

冒頭の延原さんの電話は、それに対する正式な回答だった。

『本当に申し訳ない。(“プログラム”委員の間では)面白いと思ってるんですが…。』という延原さん。

少し踏み込んでその訳を尋ねると、およそ信じられない理由が返ってきた。

延原さんの説明によると、2004年6月11日(金)、ザ・シンフォニーホールで行なわれた第88回定期演奏会(指揮:秋山和慶)で『四つの真理(The Four Noble Truths)』を日本初演したばかりの市音は、同年11月22日(月)に同ホールで開かれる第89回定期演奏会(指揮:ディルク・ブロッセ)でも、『二つの流れのはざまに(Between the Two Rivers)』を予定していた。もし、その翌年の第90回定期演奏会(日時、指揮者未定)で今度の新作をやるとなると、結果としてスパーク作品を3回連続で取り上げることになる。楽団上層部は、それは“どうしてもアカン”と難色を示したのだという。

まるで世間の目を気にする“お役所”仕事のような反応だ。

同じ作曲家の作品がつづくことがそれほど“まずい”ことなのか!?

確かに、市音は、そこまで、フィリップの作品を定期演奏会だけで7曲取り上げていた。

・シンフォニエッタ第2番《日本初演》
Sinfonietta No.2
第68回大阪市音楽団定期演奏会
1994年(平成6年)6月2日(木)
ザ・シンフォニーホール、指揮:木村吉宏

・オリエント急行
Orient Express
第69回大阪市音楽団定期演奏会
1994年(平成6年)11月2日(水)
フェスティバルホール、指揮:金 洪才

・シンフォニエッタ第1番《日本初演》
(Sinfonietta No.1)
第76回大阪市音楽団定期演奏会
1998年(平成10年)6月10日(水)
ザ・シンフォニーホール、指揮:堤 俊作

・ディヴァージョンズ
Diversions
第80回大阪市音楽団定期演奏会
2000年(平成12年)6月16日(金)
ザ・シンフォニーホール、指揮:堤 俊作

・交響曲第1番「大地・水・太陽・風」《日本初演》
Symphony No.1 – Earth, Water, Sun, Wind
第81回大阪市音楽団定期演奏会
2000年(平成12年)11月9日(木)
フェスティバルホール、指揮:渡邊一正

・エンジェルズ・ゲートの夜明け《日本初演》
Sunrise at Angel’s Gate
第83回大阪市音楽団定期演奏会
2001年(平成13年)11月14日(水)
フェスティバルホール、指揮:渡邊一正

・カレイドスコープ《日本初演》
Kaleidoscope
第86回大阪市音楽団定期演奏会
2003年(平成15年)6月6日(金)
ザ・シンフォニーホール、指揮:秋山和慶

これに、先述の第88回と第89回の2曲を加えると、定期だけで計9曲となる。内、7曲は日本初演で、すでに東京佼成ウインドオーケストラがCD(佼成出版社、KOCD-3902 / 参照:第48話 フィリップ・スパークがやってきた)に録音していた『オリエント急行』も、実は、楽譜出版後、日本初の演奏だった。

話を聞いている内、誰が“アカン”と言っているのか、すぐに想像がついた。しかし、その理由は、残念ながら、およそ音楽をやろうとする人が簡単に口にしていいものだとは思えなかった。

もっと他の理由だったら、“そうですか”と簡単に引き下がっていたかも知れない。

例えば、曲がダメだと判断したとか、演奏時間が長すぎるとか、編成が大きすぎるとか、予算がかかりすぎるとか…..。

電話をかけてこられた延原さんには、何の恨みもないが、ここから筆者の反論が始まった。

『スコアをご覧になったからお分かりだと思いますが、今度の曲は、10年に1曲出るか出ないかというクラスの作品です。個人的には、彼の最高傑作だと思っています。しかも、今回は、市音を名指しで提案してきたわけです。そんな機会を簡単に捨ててしまうということは、私には到底理解できません。』

すでにスコアを読んで作品を理解されているだけに、筆者の主張を黙って聞いているしかない延原さんは、やっとのことで、『それは、じゅうぶん理解しているのですが…。』と言葉を挿まれたが、こちらは、それを遮るように、さらに畳み掛ける。

『いいですか。世界中にフィリップ・スパークに曲を書いてもらいたい、あるいは初演をしたいという演奏団体は山ほどあるわけです。今回、彼は、世界中から市音を選んだ訳です。彼は“演奏してくれるだろうか?”と控えめに言いながらも、実は市音に演奏して欲しいわけです。そんな天から降りてきたような千載一遇の機会を他に持っていけと、そう言われるんですか? 信じられない! もう一度、みなさんでよくスコアを検討していただけないでしょうか? どんな作品にも“旬”というか、取り上げるべきタイミングというものがあります。私がこれほどまで言うことはこれまでなかったでしょう? それだけの作品なんです!』

一度火がついてしまった筆者を押し止めることなど、地球上の誰にもできない。

延原さんは、『よく分かりました。』とついに折れ、『もう一度みんなで話し合い、上層部にも再度掛け合ってみます。』と約束された。

楽団という組織に属さない自由な立場にいる筆者には、その後、市音内部で何があったかについてはうかがい知れない。さぞかし激論が交わされたことだろう。

しかし、7月に入って再び掛かってきた電話の延原さんの声は弾んでいた!

『いろいろ言う者もおりましたが、押し通しました!』

スコアの魅力が、ついに楽団を動かした瞬間だった!

この決定の有る無しで、この作品の運命は大きく変わっていただろう。

その後、世界を席巻する『宇宙の音楽』ウィンドオーケストラ版の誕生秘話である!

▲第68回大阪市音楽団定期演奏会(1994年6月2日、ザ・シンフォニーホール)

▲チラシ – 第88回大阪市音楽団定期演奏会(2004年6月11日、ザ・シンフォニーホール)

▲チラシ – 第89回大阪市音楽団定期演奏会(2004年11月22日、ザ・シンフォニーホール)

【コラム】富樫鉄火のグル新 第264回 書評『劇場建築とイス』

 本書は、日本の劇場建築を、「イス」(客席)の視点を取り入れながら振り返るユニークな写真集で、コンサート・ゴーアーには、たまらない一冊である。

 ところが、カバーにも中トビラにも、一切、著者名も監修者名もない珍しい本で、いったい、誰が書いた(まとめた)本なのかと、奥付を見ると「企画・監修/コトブキシーティング・アーカイブ」とある(著者名なしで、取次を通ったのだろうか?)。
 不勉強ながら初耳の会社だったので、「コトブキシーティング」社のHPを見ると、1914(大正3)年創業の老舗で、「ホール・劇場・学校・スタジアム・映画館など、公共施設のイスやカプセルベットの製造・販売」の会社だという。要するに、日本中の劇場のイスを開発・製作納入している「イス会社」なのだ。創業100年の際に、社内の記録写真をアーカイブ化したので、それらを集めたのが、本書らしい。「その多くは、客席イスの納品時に記録として撮影されたもの」とあるので、ここに紹介された約60の劇場・ホールのイスは、すべて、同社の製品なのだろう。

 収録劇場は、竣工順に4つのグループに分けて構成されている。

【この続きを読む】

■2月2日(日)、福岡・直方市で「ユナイテッド・ブラスウィンズ“ステップ”」10周年記念演奏会! 曲目に『ブリュッセル・レクイエム』に、交響曲第2番『江戸の情景』!!ゲストに鈴木孝佳、精華女子高金管セクションを招いて!

2009年、鈴木徹平を音楽監督兼常任指揮者として結成。九州の音楽シーンにアンビシャスな新風を送り続ける「ユナイテッド・ブラスウィンズ“ステップ”」が、2月2日(日)、福岡県直方市の“ユメニティのおがた”大ホールで10周年記念演奏会を開催する!

プログラムは、ショスタコーヴィチの『祝典序曲』に始まり、アッぺルモントの『ブリュッセル・レクイエム』、チェザリーニの交響曲第2番『江戸の情景』という、話題性満点の超ゴージャスなもの。第2部の『江戸の情景』では、昨年公式日本初演を大成功に導いた鈴木孝佳がゲスト指揮としてステージに上がる。

各セクションのリーダーをより積極的にプロに委ね、アマチュアの吹奏楽への情熱とミックスコラボさせて音楽を作り上げていくという、新時代のコンセプトのウィンドオケを目指す“ステップ”。

今回も、九州一円だけでなく、東京のオーケストラやウィンドオーケストラからも多くのプロ奏者が参加。オリジナルを中心とした夢のあるレパートリーを聴かせてくれる!!

■United BrassWinds “STEP”10周年記念演奏会
(第10回定期演奏会)

【日時】2020年2月2日(日) 【開場】13:30 / 【開演】14:00
【会場】ユメニティのおがた 大ホール (JR「直方」駅下車3分)
【指揮】鈴木徹平
【客演指揮】鈴木孝佳
【演奏】United BrassWinds “STEP”
【料金】一般:3,000円 / 高校生以下:1,500円

<<第1部>>指揮:鈴木徹平
祝典序曲(ドミトリー・ショスタコーヴィチ)
ブリュッセル・レクイエム(ベルト・アッぺルモント)

<<第2部>>客演指揮:鈴木孝佳
交響曲第2番「江戸の情景」(フランコ・チェザリーニ)

【チケット等の問い合わせ】
STEP MUSIC COMPANY事務局
TEL: 0155-66-9318

【“STEP”フェイスブック】www.facebook.com/ubstep

【“STEP”公式ホームページ】http://www.ubw-step.com

■ブリュッセル・レクイエム
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/set-1723/

■交響曲第2番「江戸の情景」
https://item.rakuten.co.jp/bandpower-bp/set-1737/

■気軽にクラシック 住谷美帆サクソフォンリサイタル ~伸びやかに歌うサクソフォンの響~(4月25日)

2018年スロヴェニア国際サクソフォンコンクール初の女性優勝者
住谷美帆がサクソフォンで描く、午後の散歩道(プロムナード)
出演/住谷美帆(サクソフォン)、AKIマツモト(ピアノ)

日時 : 2020年4月25日(土) 開場 14:30 、開演 15:00
会場 : 佐賀市文化会館 中ホール
交通手段 : 佐賀駅北口よりバス(乗車時間約10分)
料金 : 全席指定/ 1000円 ※消費税込
曲目 :
♪R.シューマン:アダージョとアレグロ
♪J.S.バッハ:G線上のアリア
♪メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調「イタリア」作品90より第1楽章(山口泰平編)
♪ガーシュイン:ラプソディ・イン・ブルー(長生淳編) 他

※曲目は予定です。予告なく変更する場合がございます。
問合せ :

担当者佐賀市文化会館
TEL0952-32-3000
E-Mailmagpie@mte.biglobe.ne.jp
HomePagehttp://www.shinpoo.jp

■コンセール・リベルテ・オルケストル・ドゥアルモニー 第17回定期演奏会(4月11日)

入場無料! ミスサイゴン、3つのジャポニスム、私のお気に入りなど沢山のジャンルの曲が盛り沢山

日時 : 2020年4月11日(土) 開場 13:30 、開演 14:00
会場 : 練馬文化センター 大ホール
交通手段 : 西武池袋線・有楽町線・大江戸線「練馬駅北口より徒歩1分」
料金 : 無料
曲目 :
ミスサイゴン
3つのジャポニスム
私のお気に入り
デサフィナード
オリンピック・マーチ
など
問合せ :

担当者武田
TEL080-4017-6279
E-Mailliberte_hp@yahoo.co.jp
HomePagehttp://orchestra.musicinfo.co.jp/%7Eliberte/index.html

■ミレニア吹奏楽団 第18回定期演奏会(2月16日)

第1部は恒例の企画ステージ「夢と魔法の世界」~ミレニアの3つの願い~老若男女が楽しめるステージをお送りします。
第2部は客演指揮に元オオサカシオンウィンドオーケストラ フルート奏者の万谷正伸氏をお迎えして、エル・カミーノ・レアルを中心にお送りします。

日時 : 2020年2月16日(日) 開場 13:30 、開演 14:00
会場 : 河内長野市立文化会館ラブリーホール大ホール
交通手段 : 南海高野線・近鉄長野線 河内長野駅下車徒歩7分
無料駐車場がございますが、台数に限りがございますのでなるべく公共交通機関をご利用ください。
料金 : 無料
曲目 :
第1部 企画ステージ「夢と魔法の世界」~ミレニアの3つの願い~
ハリー・ポッター
アラジン 他
第2部
音楽祭のプレリュード
エル・カミーノ・レアル
(客演指揮 万谷正伸氏(元オオサカシオンウィンドオーケストラ フルート奏者))
マードックからの最後の手紙

問合せ :

担当者ミレニア吹奏楽団 事務局
E-Mailinfo_mirenia@yahoo.co.jp
HomePagehttp://sites.google.com/view/mireniawind/

■パイオニア吹奏楽団 第30回定期演奏会(2月15日)

パイオニアより第30回定期演奏会のお知らせです。プログラムは2部構成となっており、第1部では吹奏楽のオリジナル曲を中心とした曲を第2部では子供から大人まで楽しめる様々なジャンルの曲をお届けします。入場無料となっておりますので、ご家族・ご友人をお誘い合わせの上、是非お越し下さい。団員一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

日時 : 2020年2月15日(土) 開場 13:30 、開演 14:00
会場 : ウェスタ川越 大ホール
交通手段 : 東武東上線、JR川越線「川越駅」下車 徒歩5分
西武新宿線「本川越駅」下車 徒歩15分
西武バス「ウェスタ川越前」下車すぐ

料金 : 入場無料(チケット無しでもご入場いただけます)
曲目 :
クラリネットの為の小協奏曲(C.M.ウェーバー作曲)
祝典の為の音楽(P.スパーク作曲)
ドラゴンクエストⅠ 序曲
交響組曲「シネマ・トリロジー」 第1楽章「スカイ・フライト」
スター・ウォーズ・サガ 他
問合せ :

担当者パイオニア吹奏楽団
E-Mailpwe_pectkr@db.pioneer.co.jp
HomePagehttp://pioneer.jp/pwe/

■博多ウインドオーケストラ 第26回 定期演奏会(2月23日)

 この度、私共は定期演奏会を開催させて頂く運びとなりました。

 本演奏会では「星」をテーマとして掲げ、「星」に因んだ曲を選曲致しました。特に、メインの一つとしてホルスト作曲「惑星」より抜粋で木星を演奏致します。当団ではこの曲の持つ色彩豊かなオーケストラションを再現するだけでなく、原曲と違った、吹奏楽ならではの響きを創出する為、随所に様々な工夫を凝らしております。

 また、他にも聴き馴染みのある曲を演奏しますが、そちらも博多ウインドを追究すべく、日夜研究に励んでおります。毎年好評のお客様参加型企画もご用意させて頂きます。
それでは、当日、多くの皆様とお会い出来ることを心待ちにしております。

日時 : 2020年2月23日(日) 開場 13:00 、開演 13:30
会場 : 東市民センター なみきホール
交通手段 : JR千早駅下車後、徒歩1分(駅構外に出られた時点で建物が見えます)
料金 : 入場無料
曲目 :
樽屋雅徳 星の王子さま
組曲「惑星」より 木星
J・ウィリアムズ スターウォーズ
問合せ :

担当者井藤
TEL090-8225-8455
E-Mailconact@hakata-wind.com
HomePagehttp://www.hakata-wind.com/top.shtml

■ザ ブラスバンディッツ 第25回定期演奏会(3月15日)

25回という節目の演奏会です。今まで演奏してきた思い入れのある曲を中心に感謝の気持ちを込めて演奏いたします。親子室がございます。小さなお子さまもぜひどうぞ。

日時 : 2020年3月15日(日) 開場 13:30 、開演 14:00
会場 : 横浜市瀬谷公会堂
交通手段 : 相鉄線 三ツ境駅より徒歩10分
料金 : 入場無料
曲目 :
祝典のための音楽/P.スパーク
大阪俗謡による幻想曲(原典版)/大栗 裕
となりのトトロ
コンサート・バンドのためのセレクション
リトル・マーメイド・メドレー 他
問合せ :

担当者川嶋
E-Mailthe_brassbandits@yahoo.co.jp
HomePagehttp://the-brassbandits.jimdofree.com

■WISH Wind Orchestra 2020年度吹奏楽コンクール課題曲コンサート(2月2日)

毎年YouTubeで話題沸騰の吹奏楽団、2020年も課題曲を公開収録いたします!作曲者達によるフリートークもお見逃しなく!

日時 : 2020年2月2日(土) 開場 13:30 、開演 14:00
会場 : さいたま市民会館おおみや
交通手段 : JR線・ニューシャトルほか
大宮駅より徒歩15分
料金 : 【全席自由】前売券¥1000/当日券¥1300
曲目 : 2020年度吹奏楽コンクール課題曲 Ⅰ~Ⅴ
伊藤康英氏×各課題曲の作曲者によるフリートーク

[演奏]WISH Wind Orchestra
[指揮]甲斐 誠(音楽監督)
[特別ゲスト解説]
伊藤 康英(作曲家・洗足学園音楽大学教授)
[トークゲスト]
平山 雄一、佐藤 信人、宮下 秀樹、尾方 凜斗
問合せ :

担当者WISHWO事務局
TEL070-6941-8858
FAX048-717-9293
E-Mailwish.wind.orchestra@gmail.com
HomePagehttps://wishwindorchestra.wixsite.com/wishwo/concert

吹奏楽、ブラスバンド、マーチングの情報マガジン